藤田晋「渋谷ではたらく社長の告白」アメーバブックス

公開日: : 最終更新日:2012/02/03 書評(書籍)



2時間程度で読み終える。一読の価値は十分にある。

オフィスをいつも身の丈以上に広い場所にしてきた。目標の設定として面白い。

オフィスの場所を、若い子が喜んで集まるような、表参道、渋谷にした。別の本で、女性(若い?)が集まる会社には優秀な男性も集まると言っていたことを連想。

関係者が非常に狭いサークルで動いている。USENの宇野、GMOの熊谷、楽天の三木谷、MACの村上、ライブドアの堀江など。

「営業には自信あり+新しい産業としてのインターネット」というだけで起業。パクリから開始。要は起業のための起業。

「ヴェンチャー=いつも会社に泊り込み」というプロトタイプへの信仰。そういうところでがんばってどうなるのか、という気もするが、人心をまとめるには必要なのか。

宇野(だったか?)の前で、会社の譲渡を申し出ようとする場面がクライマックス。心に響く。

成功者に対する嫉妬、特に損を与えたことに対する恨みが印象的。

20050606064200

google adsense

関連記事

no image

山根一眞「メタルカラーの時代4」小学館文庫

20111229234733 ずっと読んできてる。このシリーズのパターンが分かってきたっぽい 山

記事を読む

no image

金出武雄「素人のように考え、玄人として実行する」PHP文庫

ページを繰るたびに新鮮な刺激を受ける。コンピューターと人、発想の仕方、研究の仕方。素朴な分析と深い考

記事を読む

工藤光子/中村桂子「見て分かるDNAのしくみ」BLUE BACKS

20140129011458 DVD&図解 見てわかるDNAのしくみ (ブルーバックス)著者 :

記事を読む

no image

速水敏彦「他人を見下す若者たち」講談社現代新書

取り沙汰されているし、キャッチーなタイトルだし、新書だから読みやすいかと思って手に取ったのがこの本

記事を読む

no image

カーマイン・ガロ「スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン」日経BP社

20110305225307 この本を読んでからスティーブ・ジョブズのプレゼンを見るように

記事を読む

no image

中島義道「働くことがイヤな人のための本」日経ビジネス人文庫

20121231011301 相変わらず身も蓋もなくずけずけと真理を吐く。どうしようもない

記事を読む

no image

林成之「脳に悪い7つの習慣」幻冬舎新書

脳を低温にすることで救急患者の救命の率を上げるという、日大板橋病院で有名だった医師 三歳児神話をサ

記事を読む

no image

外山滋比古「思考の整理学」ちくま文庫

本の帯に魅力的な惹句がある。”もっと若い時に読んでいれば…”。確かにそう思わせる一冊。1986年発売

記事を読む

no image

改定・保育士養成講座編纂委員会編「改定・保育士養成講座2006第7巻 保育原理」全国社会福祉協議会

保育士試験受験シリーズ(8/11) この保育原理という科目は、次につづく2つの科目(教育原理と養護原

記事を読む

no image

金井寿宏「仕事で「一皮むける」」光文社新書

過去に読んだ"金井寿宏・高橋俊介著「キャリアの常識の嘘」朝日新聞社"で紹介されていたことから興味を持

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑