奈良本辰也監修「図説戦国武将おもしろ事典」知的生きかた文庫

公開日: : 最終更新日:2011/09/03 書評(書籍)

内容はコモディティ。9割5分まですでに知っていた情報。戦国時代を通しでお浚いするのに便利。義務教育で学ぶ日本史をこの本で補充できれば日本人として理解は十二分であろう。 そういうコモディティをここまで多くまとめあげるインセンティブについて頭が下がる。大学生が自分の勉強の総集編として作成?。日本の歴史に思いを持つ人が慈善の観点から作成?。 監修者は、歴史学者として昔からよくお名前をお見かけする方。どんな方なのだろうか。 小さな切り口でたくさんの事柄を記載しており、合間の小さな時間で読み進めるのに格好。 200506060657
図説戦国武将おもしろ事典
posted with 簡単リンクくん at 2005. 6.11
奈良本 辰也
三笠書房 (2005.2)
通常2~3日以内に発送します。

google adsense

関連記事

no image

タイラー・コーエン「インセンティブ」日経BP社

期待したほどの面白さではない。洋書に特有なうんざりするほどの寄り道。この半分の量に収まる程度の内容。

記事を読む

no image

小川明「表現の達人・説得の達人」PHP文庫

なぜこの本を読もうと思ったのか思い出せない 10年以上前に文庫になっている。しかし、湾岸戦争後のこ

記事を読む

no image

横石知二「そうだ、葉っぱを売ろう!」ソフトバンククリエイティブ

素材自体が大変に面白い。実話のおもしろさ、地方の農業振興、必然的に年寄りの話ということで熱い物語にな

記事を読む

no image

小林吉弥「田中角栄の人を動かすスピーチ術」講談社+α文庫

20060902015900 書店にあったものをその場で買ったもの。文庫本なのでダメでも損

記事を読む

no image

今尾恵介監修「日本鉄道旅行地図帳」新潮社

20081220202100 地図に廃線を含めた記載がある。昔これほど多くの鉄道があったと

記事を読む

no image

岩見隆夫「陛下の御質問」文春文庫

日本の現代史、昭和史好きには堪らない一冊。タイトルと帯を見た直感で購入して正解。内奏の現実や政治の内

記事を読む

no image

渡辺賢治「日本人が知らない漢方の力」祥伝社新書

20120915111952 これを読むと、大したことのない病気でも漢方の専門医に診てもら

記事を読む

no image

山田修「タフ・ネゴシエーターの人を見抜く技術」講談社

この人の書き方は凄く偉そうで、また文章もそれほどうまくないんだけど、内容的にはうなずくこと多し。掘り

記事を読む

no image

佐藤優「読書の技法」東洋経済新報社

20130428215646 相変わらず、おもしろい 本は外側から攻める。表紙と裏表紙、

記事を読む

no image

司馬遼太郎「功名が辻(4)」文春文庫

20050712231000 文庫本ではこれが最終巻。このようなショッキングな終わり方をす

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑