デイジー・ウェイドマン「ハーバードからの贈り物」ランダムハウス講談社

公開日: : 最終更新日:2012/02/03 書評(書籍)



お得な読み物。学者が精魂を込めて語る話。それぞれが短くて完結しているのが良い。

読後直ちに感じた、良いものは、「転落から高みへ」、「ラシュモア山での問い」、「剥製の鳥」、「まずい食事と真実」、「同窓会」、「サラの物語」、「今という瞬間を生きよ」、「レース」

数日経って、まだ良いと思うのは、「まずい食事と真実」、「同窓会」、「今という瞬間を生きよ」、「レース」の4つ

20050610

google adsense

関連記事

no image

朝日新聞社編「『育休父さん』の成長日誌 育児休業を取った6人の男たち」朝日新聞社

育児休業した6人の男性の文章をまとめ、最後に弁護士による男性の育児休業の解説と実際の取得者に対して行

記事を読む

no image

大山泰弘「働く幸せ」WAVE出版

会社経営の理想。自分の信じた道を進んで、その夢を実現する。ヤマト運輸の後の小倉昌男のよう。政府など時

記事を読む

no image

山根一眞「メタルカラーの時代1」小学館文庫

20111223080312 福島の原子力発電所が事故になったせい、関東で電力供給が悪くなり、さら

記事を読む

no image

齋藤孝「頭がよくなる必殺!読書術」PHP研究所

20050910212900 非常に簡単ではあるが、本を読むことの大切さ、本の読み方、感想

記事を読む

no image

山名宏和「アイデアを盗む技術」幻冬舎新書

20111210235255 正直、序盤は退屈だったが、尻上がりに面白くなってきた新書。この著作な

記事を読む

no image

吉田たかよし「不可能を可能にする最強の勉強法」PHP研究所

期間を区切って勉強する必要に迫られ、それでいて方法論に逃げたくて、手に取ったのが本書 なるほど

記事を読む

no image

安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版①

20071206060000 当時かなり評判の本。早期に買ったが、なぜか今まで読まずにおい

記事を読む

no image

原秀史『「規制」を変えれば電気も足りる』小学館新書

20111112231826 ここのところ、こういう悪い規制のことばかり読んでいると思う。が、たま

記事を読む

佐藤優「サバイバル宗教論」文春新書

20140712165447 サバイバル宗教論 (文春新書)著者 : 佐藤優文藝春秋発売日 : 2

記事を読む

no image

パトリシア・ライアン・マドソン「スタンフォード・インプロバイザー」東洋経済新報社

20120417001532 内容は平易なんだけど、全体を考えると難しい本だな。スキミングのせいか

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑