ダン・ブラウン「ダ・ヴィンチ・コード」角川書店

公開日: : 最終更新日:2013/03/13 書評(書籍)



200506120133







面白い。

自分で年をとったと感じる。文字の並べ替えなどの言葉遊びや暗号については、小さい頃にいくつかの本を読んで一通り知っていたので、謎解きの面白さが半減してしまった。

昔、帝都物語が流行った。そのころの私の知識レヴェルでは、この類の知識の洪水のような話はハマった。しかし、今回は知識がつていた分だけ冷静に読めた。期せずして、この本の解説が荒俣宏氏。先日本屋で見かけた彼の著作のレックス・ムンディの帯に「ダ・ヴィンチ・コードより面白い」と書いてあったのはこのことか、と思った次第。

ただ、マグダラのマリアはその存在を知っていたが故に、その登場のところでは面白さが増した。聖書に関する本を読んでも、彼女についての説明はいつも意味不明だったので。

結末もそれなりに確りと書かれていて、最後に家族が再会するところでは涙腺が緩んだ。

ただ、こういう「主演男優が出会う助演女優が、妙齢で、男がおらず、最後に主人公と恋に落ちる」というのは、どうにかならないものか。世の中はそう都合よくは行かないと思う。



google adsense

関連記事

no image

小阪裕司「招客招福の法則2」日本経済新聞出版社

新聞の連載コラムの単行本化。内容的に日経の堅いイメージとは違うようにも感じるが、日経MJのほうのよう

記事を読む

no image

小川洋子「博士の愛した数式」新潮社

帯に惹かれて購入。私の読後感は、その推薦に違わなかった。内容は気が利いているものの、静かであり、特に

記事を読む

no image

野口悠紀雄『超「超」整理法』講談社

これは読むべき本 「クローバー橋」でGoogle Mapで検索してしまった。昔ニューヨークはマンハ

記事を読む

no image

本田直之「面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則」大和書房

後行する大きな面倒くさいことを避けるために、先行して小さな面倒くささを積極的に引き受ける。それがメイ

記事を読む

no image

山口正洋ほか「ヤバい日本経済」東洋経済新報社

20141019105250 ヤバい日本経済著者 : 山口正洋東洋経済新報社発売日 : 2014-

記事を読む

no image

ドミニック・ローホー「シンプルに生きる」幻冬舎

20111225203801 ちょっと難しい本。内容は至って簡単で参考にもなるが、完全に同意しがた

記事を読む

no image

小山龍介「TIME HACKS!」東洋経済新報社

この本"原尻淳一・小山龍介「IDEA HACKS!」東洋経済新報社"の第2弾的な存在。前回同様に結構

記事を読む

no image

粂和彦「時間の分子生物学」講談社現代新書②

”粂和彦「時間の分子生物学」講談社現代新書①” の続き この本の主目的は睡眠について知ることであ

記事を読む

no image

鈴木理生「東京の地理がわかる事典」日本実業出版社

じっくりと1ページ1ページ読み込んでしまう良書。本当かどうか分からないが、かなりマニアックな内容で、

記事を読む

no image

エルバート・ハバード「ガルシアへの手紙」総合法令

20090108220600 "清水克衛ほか「本調子」総合法令"にも登場するハイブロー武蔵

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑