倉田真由美・山崎元「ダメだ!この会社」小学館

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(書籍), 山崎元



第2章以降は会社をいろいろな切り口からダメ出ししてくれる。特に、山崎さんの経験に基づく話が面白い。その説明における考え方にも十分に共感できる。一読の価値ある

第1章は著者2人の対談となっている。細切れなエッセンスのような暴露話が実名で紹介されるのが刺激的



p54.社長は今も昔も普通の人だ。西武の堤、ダイエーの中内、ソニーの出井…確かに、松下の中村、みずほの前田などは、一時はひどい言われようだったが、最近の露出は好ましい取り上げられ方ばかり。使われている写真もいい顔のものになっている。出井は逆だ。当初はすごいカリスマ的なイメージが作られていたが、いま彼を褒める人はあまりいない。単に後先が逆なだけの気もする

p60.IR訪問するくらいなら社長なんだからちゃんと経営していろよ。そうしなければ株価が維持できない?。乗せられやすい?

p123.コンサルタントの値段のつけ方。副社長のコストか、人件費の積み上げ方式か

p139.就職はくじ引きと同じ

p163.外資は転職先がなくなると生保の歩合制営業マンへ

p193.世間の常識からのズレは都市銀行が最も大きかった

p208.証券マンが儲かるのは、お客様を勘違いさせるから。証券マンも仕事に好都合に勘違いできる人が向いている



20050617063020

google adsense

関連記事

no image

梨木香歩「家守綺譚」新潮文庫

ここ10年くらい、フィクションはあまり読まなかったりする。年に数冊くらいか こういうものを先を争っ

記事を読む

no image

ロバート・キヨサキほか「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」筑摩書房

豊富な事例を滝のように出してくれる。同じ主張を、手を換え品を換え、これでもかこれでもかと説得される

記事を読む

no image

安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版②

20071210060000 ”安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版①”の続き

記事を読む

no image

土井英司「「伝説の社員」になれ! 成功する5%になる秘密とセオリー」草思社

最近、よく目につくので購入したのがこの本。なんか本当に最近、こういう本ばかり読んでいるなあ、とかなり

記事を読む

no image

畑村洋太郎「みるわかる伝える」講談社

面白い。いくつか具体的な事例の紹介もある。すんなりと読み進められる平易さ。人にものを理解させる、知識

記事を読む

no image

マイケル・ルボーフ「自宅にいながらお金持ちになる方法」ダイヤモンド社①

20071119060000 大昔に買っていたのだが、最近まで読まなかったこの本。そろそろ

記事を読む

no image

片岡正人「市町村合併で『地名』を殺すな」洋泉社

主要ビジネス誌で、ここのところ時をおいて紹介される奇書。タイトルのとおり、市町村合併で新たな地名が慎

記事を読む

no image

杉山勝行ほか「自分ブランドの創り方」全日出版

12人の先駆者からのヒアリングを紹介しながら自分ブランドを作るために必要なノウハウを教えてくれる本

記事を読む

no image

加登豊「インサイト管理会計」中央経済社

前書きに「知識と洞察力が必要なビジネスパーソン向けの本は、不思議なことにこれまで存在しなかった。この

記事を読む

no image

水沢潤「日本一の大投資家が語る大貧民ゲームの勝ち抜け方」自由国民社

この本の初版は2003年11月5日である。この日のTOPIXは1,063.31。日経平均は10,83

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑