中川ちえ「おいしいコーヒーをいれるために」メディアファクトリー

公開日: : 最終更新日:2013/02/03 書評(書籍)



20050626055400





多くの写真、平易で簡潔な説明、必要最低限の知識。装丁がいいので購入した。活字部分は10分もあれば読み終わる。これで1,100円を高いと思うかどうか

おいしいコーヒーを、特段のウンチクもなく、もっとも効率的に作りたいというのであれば、この本に黙って従うことで必要十分

コーヒーを淹れることは、とかく凝りやすい。一般人はここまですればいい、という点が私の結論とマッチする。すなわち、焙煎までは職人に任せ、「都度、手挽きしてペーパー・ドリップ」の部分のみ自らが行う。豆の種類も、買うお店のブレンドで構わない

本書ではロースト、グラインド、鮮度の話を一応している。また、アイスコーヒーとカフェオレの作り方も載せている。しかし、基本は、繰り返し「都度、手挽きしてペーパー・ドリップ」



google adsense

関連記事

no image

中島義道「働くことがイヤな人のための本」日経ビジネス人文庫

20121231011301 相変わらず身も蓋もなくずけずけと真理を吐く。どうしようもない

記事を読む

no image

改定・保育士養成講座編纂委員会編「改定・保育士養成講座2006第3巻 発達心理学」全国社会福祉協議会

保育士試験受験シリーズ(4/11) 受験会場はこれまでの試験のなかで最も快適。建物が新しくて清潔な感

記事を読む

no image

畑村洋太郎「みるわかる伝える」講談社

面白い。いくつか具体的な事例の紹介もある。すんなりと読み進められる平易さ。人にものを理解させる、知識

記事を読む

no image

山鳥重『「わかる」とはどういうことか』ちくま新書

アカデミックに書いてあり、いちいち納得がいく。しかし、よく考えてみれば当たり前と思われるようなことだ

記事を読む

no image

サントリー次世代研究所「U35世代 僕と仕事のビミョーな関係」日本経済新聞社

20050926234348 35歳以下の会社員、このカテゴリに典型的な、主にダメな考え方

記事を読む

斉藤賢爾「これでわかったビットコイン」太郎次郎社エディタス

20140615061107 これでわかったビットコイン: 生きのこる通貨の条件著者 : 斉藤賢爾

記事を読む

no image

渡部昇一・林望「知的生活 楽しみのヒント」PHP研究所

先日読んだ”林望「知性の磨きかた」PHP新書”を見つけた際に、あわせて見つけたので読んでみたのがこの

記事を読む

no image

小出義雄「 知識ゼロからのジョギング&マラソン入門」幻冬舎

20071017042800 ランニングを極めてシンプルに教えてくれる本。総じて、難しいこ

記事を読む

no image

坂本桂一「頭のいい人が儲からない理由」講談社

20070717003000 かなり刺激的な本だ。とりわけ、学校の成績や会社での評価の高そ

記事を読む

no image

マーク・ピーターセン「日本人の英語」岩波新書

20090930220827 久しぶりに岩波新書を読んだ。古い本 不定冠詞のaとそれにつ

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑