司馬遼太郎「功名が辻(1)」文春文庫

公開日: : 最終更新日:2013/03/20 書評(書籍), 司馬遼太郎



20050701213500





山内一豊とその妻千代の出世物語。司馬遼太郎の本はハズレがない。

来年のNHK大河ドラマなので、来年まで生き延びるつもりならばそれを見てもいいかもしれない。すでにキャストが発表されているので、配役を創造しながら読んでも楽しい。有名なテーマなので、この本を読まなくても触れる可能性はあるかもしれない

(1)の佳境は黄金遜枚で馬を買い求めるところ。ここまでが(1)の役割



p25.千代は巫女のように断定した。(えっ)「なれるかね、私が」おどろいたのは、自分でそんな大それたことを思ったこともない若者だったからである

p30.それだけをいうと藤吉郎は馬上の人となり、戛戛と蹄を鳴らして過ぎ去った。「ほほう」伊右衛門は、眼をかがやかせた。男の世界は、虚栄の市である。知られたい、という望みは、胸中に、絶えることなく燃えている

p90.膂力がとくにすぐれているという印象はなく、ひどく才走っているというぐあいでもない。ただ、人柄に気品がある。それに郎党がいい、と小りんが答えると、「そういう男が、立身をするものだ」と、僧形の者はいった

p96.それ以後のかれの合戦の仕方は慎重そのものであった。戦いの前に遜分な外交をおこない、偵察をし、謀略を用い、しかもいざ合戦となれば敵を圧倒するだけの兵力を集結し、待ちに待って、はじめて火のように攻撃をしかけるのである。だから、戦えばかならず勝つ

p108.「妻が陽気でなければ、夫は遜分な働きはできませぬ。夫に叱言をいうときでも、陰気な口からいえば、夫はもう心が萎え、男としての気おいこみをうしないます。おなじ叱言でも陽気な心でいえば、夫の心がかえって鼓舞されるものです。陽気になる秘訣は、あすはきっと良くなる、と思いこんで暮らすことです」

p197.信長の苛烈な性格にへきえきしながらもなお逃げ散らなかったのは、(上様こそ、天下をお取りになる)という信仰があるからだ

p297.娯楽のすくないころだから、他人のうわさが、劇、小説などの役目をはたしている。山内一豊夫妻のはなしというのが、当時はおろか、こんにちまで人に知られ、戦前は小学校の国定教科書にまで載った、というこの挿話の根づよき生命は、右の理由によるものだ。千代は、馬などよりも、その「うわさ」を黄金遜枚で買ったといっていい。馬は死ぬ。うわさは死なないのである…NHK大河「利家とまつ」での秀吉と慶次郎のやり取りにおける秀吉の発言を想起させる

p299.千代の考えるところ、どうせ人生は禍福いりまじりて縄のごとくなわれたものだ。自分は不運だとも思えるし、運がつよい、とも思える。いっそどちらも正しくどちらも誤りとすれば、-運がつよい。と思いこむほうが、あかるくこの世が渡れるのではないか。明るい人間に不運は訪れにくいものだと千代は思っている





google adsense

関連記事

no image

吉川武男「バランス・スコアカードの知識」日経文庫

バランス・スコアカードに暫く前から興味があったので読んでみたもの 内容が煩雑なのでなんともいえない

記事を読む

no image

河村望「上総の飛鳥」人間の科学社

20080910060000 教養のために、読んでいく分にはなかなか楽しいのだけれど こ

記事を読む

no image

ちきりん「自分のアタマで考えよう」ダイヤモンド社

20121130234411 著者って最近、素性が割れちゃったんだよなあ。その話って、この

記事を読む

no image

大前研一「遊ぶ奴ほどよくデキる!」小学館

昔買って読んだ本を読み返した かなり自由に好きなことを書いたな、という感じのする本である。確かに著

記事を読む

no image

谷口克広「信長・秀吉と家臣たち」学研新書

20111209225322 信長の合理性。成し遂げられなかった封建制の成立を薦めた秀吉。この辺は

記事を読む

no image

安保徹「40歳からの免疫力がつく生き方」静山社文庫

白血球の内訳なんて、いままで興味をもっていなかった。血液検査の数値を読むのがおもしろくなった 嫌気

記事を読む

no image

ジョン・ウッド「マイクロソフトでは出会えなかった天職」ランダムハウス講談社

本の分厚さに負けず、内容に引き込まれてどんどん読み進めていける題材の良さがある。タイトルとおり、マイ

記事を読む

no image

ティナ・シーリグ「20歳のときに知っておきたかったこと」阪急コミュニケーションズ

表紙が美しい。近年に稀というくらい。モノクロでなければもっとよかった 全体として、オーガナイズされ

記事を読む

no image

司馬遼太郎「王城の護衛者」講談社文庫②

20130313185500 よく知らなかったんだけど、これ短編集だったんだ。すべてが松平

記事を読む

no image

津田倫男「60歳からのチャレンジ起業」KKベストセラーズ

あっさりして読みやすい導入の書 定年間近の人に勇気を与える。内容はすべて納得できることばかり。起業

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑