司馬遼太郎「功名が辻(2)」文春文庫

公開日: : 最終更新日:2013/03/20 書評(書籍), 司馬遼太郎



20050708090000





(2)は、山崎の戦いから始まって、秀吉の天下取りの時代を描く。その挿話としての秀次一族の殺害が佳境となって(2)が締めくくられる。その中で一豊は少しずつ出世をしていく

来年のNHK大河も、秀吉の方がおもしろく、どうしても主人公のようになってしまうのではないか。「利家とまつ」でもそうだった。まつや千代がいくら才女であっても、夫は秀吉の家来でそれなりなんだし、秀吉の話のほうが、なんど聞いても面白い

(1)についてはリンク先を参照



p28.とにかく伊右衛門の隊は、秀吉麾下の他の将士よりもふんだんにニンニクを食い、鳥獣の肉を食った

p36.が、この男のことだ。陽気なのである。古来、妙なことだが陰気な大将が勝った例はまれである

p46.信長の家来であったころ、あれほど信長に対してはむろんのこと、同僚に対しても腰がひくく、動作の軽々しすぎる男が、この日から人変りがした。参謀の黒田官兵衛が、「そうしなされ」と知恵をつけたのだともいう

p56.-秀吉は人を殺さぬ。殺さずに、外交をもって降参させる。降参してきた敵には、命を保証するばかりか、旧領を与える場合が多い。天下はそう見た

P66.「やよ、よいか。築州大よろこび、踊りあがり踊りあがり踊りあがり、とうとう尻餅をつき候ぞ」

p140.あっ、とおもったのは、北政所が十歳になるよね姫の存在を知ってくれていたことである

p172.「京都のお屋敷は分不相応なものを建てましょう。関白殿下は、大気なことがお好きでございます。山内対馬守はまだまだ望みが大きいとみえる、ときっとお思いあそばすにちがいありませぬ。さればつぎはもっと大きな役目を頂戴できましょう」

p187.承雲の口から、千代の噂はぱっと市中にひろまった。それが、九州征伐中の秀吉の耳にさえ入ったというから、うわさというものはおそろしい

p210.難攻不落といわれた箱根と大坂城は2度の戦歴をもち、2度とも破れている。防衛戦の勝ち目のなさが、これでわかるであろう

p229.観戦している秀吉でさえ、眼をそむけた。(男なのだ)真下にいる伊右衛門はおもった。(男は所詮、功名の化物のようなものだ。その執念が、堀にぶらさがっている)

p250.日本列島は長い。長すぎるために、1つの政権が日本を完全に統治しえた例はなく、つねに西部政権と東部政権とがあった

p293.おそらく豊臣滅亡後ほどもないころであろう、付近のひとが何を思ったのか、紅桃3万本を植えた。-あの桃山に城のあった時代はよかった。と、都の者はおもったであろう

p306.「いつもの一豊様で律儀でおすごしあそばしているだけでよく、ゆめゆめそういう才覚者同士の政争に巻きこまれてはなりませぬ。一誠足らずの才覚者は人望がなく、たとえ才智を闘わせてどちらが勝とうと、いずれは憎まれて勝ったほうもほろびます。一豊様は一豊様なりにご自分の場所におすわりあそばしていればいいのでございます」





google adsense

関連記事

no image

ポール グレアム Paul Graham「ハッカーと画家」オーム社

20130128225245 コンピュータ関係の仕事に関係するならば読んでおかなければと思

記事を読む

no image

荒井千暁「勝手に絶望する若者たち」幻冬舎新書

世代を切り取るものなので、スノビッシュな興味からスムーズにページが繰られる。ときどき的確な指摘があり

記事を読む

no image

毛受敏浩「人口激減 移民は日本に必要である」新潮新書

20111123203247 図書館で新着として並んでいたのをたまたま入手。人のダイナミックな動き

記事を読む

no image

中西輝政「日本人として知っておきたい近代史(明治編)」PHP新書

誤植の目立つ、雑な作り。内容との関係では十分に買いの一冊。新書だし 大学受験のときに、近現代史はか

記事を読む

no image

山田ズーニー「伝わる・揺さぶる!文章を書く」PHP新書

文章を7つの要件に分けて丁寧に解説してくれる。意見、望む結果、論点、読み手、自分の立場、論拠、根本思

記事を読む

no image

山田正人「経産省の山田課長補佐、ただいま育休中」日本経済新聞社

内容はその主旨として賛同できる 文章は軽い。2、3時間程度で読み終えられる。内容は一見軽いが、実は

記事を読む

no image

デイジー・ウェイドマン「ハーバードからの贈り物」ランダムハウス講談社

お得な読み物。学者が精魂を込めて語る話。それぞれが短くて完結しているのが良い。 読後直ちに感じた、

記事を読む

no image

内藤誼人「悪魔の対話術」ダイヤモンド社

著者の本はたくさん読んでいる。メモをとったのは、これだけだけど hiog: 内藤誼人「勝つための「

記事を読む

no image

佐藤富雄「コロリ力」経済界

面白い内容でスラスラと読み進められる。たまたま温泉に行っていたときに読んでいた本。そういう読んだとき

記事を読む

no image

吉越浩一郎「革命社長 なぜトリンプは社員が元気で、消費者からも愛されるのか?」日本実業出版社

本書を貫く「成功するまでやり抜く」、「情報の共有が大事」、「ロジカルに物を考える」、「デッドラインを

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑