司馬遼太郎「功名が辻(4)」文春文庫

公開日: : 最終更新日:2013/03/20 書評(書籍), 司馬遼太郎



20050712231000





文庫本ではこれが最終巻。このようなショッキングな終わり方をするとは想定外。「峠」の河井継之助ほどでないものの、相当に後味が悪い。夫婦円満な成功物語として「新史太閤記」のエンディングの先入観を持っていたら、最後で裏切られた

どうしても時節柄、来年のNHK大河ドラマを想定しながら読んでしまう。この結末をどのように描くのか、それとも描かないのか

(4)の守備範囲は、小山軍議~関ヶ原~領国経営~一豊の死

(1)についてはリンク先を参照

(2)についてはリンク先を参照

(3)についてはリンク先を参照



p95.「ほう、城番を山内対馬守がさせられておると?律義者の損じゃな」

p140.関が原に出陣した東軍諸将のなかで、織田、豊臣、徳川の三代を生きのび得た者は、家康その人のほかに、伊右衛門しかいない

p141.(この亭主殿だけが、はればれしくも生きのこっている)それが千代にはおかしかった。可もなく不可もない人間で律儀一方の男だけが人の世の勝利者になるものなのだろうか

p144.千代が走りよると、伊右衛門はしくしく泣きはじめている。「千代も泣け」ごろりとあおむけざまになった。「泣かぬか。敵にまわった石田三成をはじめ関ヶ原の死者と敗者のために泣いてやれ」

p146.「しかしそちらは、武功と申せば槍先の功名のみと思っているのであろう。槍働きなどやろうと思えばたれにでも出来る」

p172.男に、出世とはこわい。分不相応の位置につくと、つい思いあがって人変りのする例が多い

p192.「もっと、ぼんやりあそばして、あの仁はすこしうすのろか、といわれるぐらいのほうが大国の国主に似つかわしうございます」

p221.「そなたは、わしをばかにしすぎている」「そりゃ、太閤様でも北政所様にとってはただの夫でございましたもの。妻の目からみれば、夫はさほどお強いともおえらいとも思えるものではありませぬ」

p227.「50万石ではなかったか」ととぼけることで、ひとりの無邪気な大名を歓喜させてしまっているのである。あの老人にとっては、片言隻句が、徳川家永遠の基盤をつくる土台石の打ちこみになっているのであろう

p238.「まだ山坂がある、ということほど、人の世にめでたきことはございませぬ。気根を揮いたたせねばならぬ相手があってはじめて、人はいきいきと生きられるのですから」

p250.「元親ならできまい。利口者はえてして気がはやいものだ。おれは英雄ではないから、この工事はできる」

p288.(これが、すごろくでいえばアガリだったのか)と千代は、胸中、くりかえしくりかえしそのことをおもった

p308.千代は遺骸を抱いた。ゆり動かそうとした。まるで卑賤の農婦のような、身も世もない慟哭のしかたであった。(わたくしどもの長い一生が終わった)と、千代は哭きながら、思った





google adsense

関連記事

no image

藤川太「サラリーマンは2度破産する」朝日選書

良書。内容はオーソドクスであり、平均的だ。家計のプランニングにおいて必要最低限のことは網羅されている

記事を読む

no image

谷口克広「信長・秀吉と家臣たち」学研新書

20111209225322 信長の合理性。成し遂げられなかった封建制の成立を薦めた秀吉。この辺は

記事を読む

no image

森岡孝二「働きすぎの時代」岩波新書

岩波新書を読んだのは久しぶりな気がする。この本は、タイトルのような問題意識を持つ者にとっての勉強の取

記事を読む

no image

小山政彦「図解へえ、儲かる会社はこんなことをやっているんだ! ここに気づくかどうか!?」三笠書房

小売業に強いコンサルタントとして、収益アップのためのアイデアを出している。素材集として面白い タイト

記事を読む

no image

マイケル・フランゼーゼ「最強マフィアの仕事術」ディスカヴァー・トゥエンティワン

20120311114632 おどろおどろしくイタリアン・マフィアなどと名乗る。そのくせバフェット

記事を読む

no image

野村正樹「上に立つ人の24時間管理術」すばる舎

自分でも、よくもこの類の本ばかり読んでいるという気がする 上司の立場から、時間管理という切り口でハッ

記事を読む

no image

蔵研也「リバタリアン宣言」朝日新書

軽く読むことができる。タイトルから想像するとおりの内容。リバタリアンの考え方を理解する入門書としてよ

記事を読む

no image

山田真哉「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」光文社新書

万人に薦められる 流行り本系の香りがするので、速やかに売り飛ばすつもりで読み始めた。軽やかに読むこ

記事を読む

no image

宮脇修一「造形集団海洋堂の発想」光文社新書

20130319225803 なにかの書評で見て面白そうなので読んだ。実は10年以上前の古

記事を読む

no image

八代尚宏「新自由主義の復権-日本経済はなぜ停滞しているのか-」中公新書

20120310184644 最近iTunes Uで法学の学際をテーマとした一連の講義を聴いた。そ

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑