藤原和博「建てどき」情報センター出版局

公開日: : 最終更新日:2012/09/12 書評(書籍), 藤原和博



筆者が自分の家を建てるため、長い年月をかけて得た知識と経験の集大成。その知識を施主の立場において必要なエッセンスを得、また、その経験を追体験できる。家を建てるときには、ぜひ参考にしたい一冊。著者による別の著作で紹介されていたので、読むこととした

書き出しの部分は、著者の頭の良さそうな如何にもな整理があっていい。「衣食住」という大事な3つにおいて、「衣」にも「食」にも一般人でも相当詳しい人は多いが、「住」はそうでない、だから今回はこだわってみた、そのためにあらゆる本を読んだりしたので、この本でだいぶ効率的にその辺の事情を会得できる、そんな大意だった。私が裏書する

もっと内容を取捨選択してオーガナイズしてもらえればよかったように思う。著者本人や家族の事情にもふんだんに触れられている。それらを強引にバインダーしたような感じもする。家が建って一区切りついたんで関係資料を整理し束ねてグルーガンしてみました、みたいな。そんな有機的な、一家族の物語として読むのであればなかなかの読み物である。筆者の他の著作も読んでいる者にとっては、重複した部分も多いので若干の退屈を味わう部分があった。本人のこと、とりわけ本人による物の考え方のこと、そして家庭のこと、彼らのバックグラウンドなど

著者の書き物の特徴としては、相当エゴイスティックなところがあろう。いい意味でも悪い意味でも。本著では建築士と施工業者との間の行き違いを解消するために両者に送った手紙の文面も紹介されている。読んで、だいぶ鼻白む。私の個人的な受け止め方のバイアスはあろうと思う。一方で吹き抜けの有無に関する会話や「バリアフリー」など、イメージ先行の部分に対する反省、自分の頭で考えて再構成するというところには学ぶ。そのために、関係者や専門家の意見に真摯に耳をかたむけ、また海外経験をしてきたなどのインプットがあることが強み

マイホームの建築を逐一記録し、htmlにして公開しているケースがある。そんな劇場型にして、設計、施工、監理などの関係者にプレッシャーがかかり、基礎部分を作り直しさせたりしているものを昔見たことがあったことを思い出した

家などは一生物なので、生活スタイルなども相俟って、施主にとって大変難しい一大事業ということに同意。本によると、建築士がネオ・ジャポニスムの旗手だったり、施工業者が理論派の硬骨漢の若社長だったり。ドリーム・チームが羨ましい

土地を取得するくだりがなかなか興味深い。これだけ手間隙をかける必要があるので、なかなか真似ができないかもしれないことをやっていた

初版が2001年4月といささか古い本になってしまった。建材のデータなどの細かい部分は時代遅れかもしれないが、その本質は色褪せてはいない

20050722014100

google adsense

関連記事

no image

カズオ・イシグロ「日の名残り」ハヤカワepi文庫

外国を舞台に外国人が活躍する小説には、登場人物の名前を覚えることから始まる、一定の負担がある。しかし

記事を読む

no image

野内良三「レトリックのすすめ」大修館書店

豊富な文例が、それぞれ強く読ませる。何度でもじっくりと読み直したくなる。こういう本を早読みするのはも

記事を読む

no image

佐藤優「読書の技法」東洋経済新報社

20130428215646 相変わらず、おもしろい 本は外側から攻める。表紙と裏表紙、

記事を読む

no image

スティーブ・シーボルド「金持ちになる男、貧乏になる男」サンマーク出版

20121015233140 この類の本をちょっとでも読んでいれば、目次で100項目を読ん

記事を読む

no image

水野敬也「夢をかなえるゾウ」飛鳥新社

ビジネス上の成功ための秘訣を各章に持ってきて簡単に説明する。それを架空のストーリーの上で展開する感じ

記事を読む

no image

山根一眞「メタルカラーの時代4」小学館文庫

20111229234733 ずっと読んできてる。このシリーズのパターンが分かってきたっぽい 山

記事を読む

no image

ジョン・バード「ホームレスから社長になった男の逆転法則」徳間書店

20130313003347 タイトルに誤導がある。ホームレスから社長になった経緯は書いて

記事を読む

no image

丸紅経済研究所監修・造事務所編著「コーヒー1杯からわかる経済」大和書房

20090311231000 この本の最大の魅力はイラスト。すごく変で面白い。忘れられない

記事を読む

no image

グリーンズ編「ソーシャルデザイン ―― 社会をつくるグッドアイデア集」朝日出版社

20120912002026 書き殴った感じの文章。本当にアイデアをいただくための本であり、何

記事を読む

no image

松永真理「なぜ仕事するの」角川文庫

軽めの内容で読みやすい。著者が女性であることと仕事人であることの葛藤をテーマとしている。そういう悩み

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑