文鳥「民営化の大義(大機小機)」日経平成17年7月26日朝刊

公開日: : 最終更新日:2011/09/07 書評(新聞)

日経新聞のマーケット面左上にある「大機小機」。それなりの名士が持ち回りで時事に対する評論を行う。匿名というところがミソ。好き勝手に書いているから必ず誰かの溜飲が下がる。表立っては言えない真っ当な意見あり、自らの利益に偏向した独自の見解あり。本日のは、私には後者の方のように思える 本日の執筆者はハンドルネーム「文鳥」氏。30年近く前に国家公務員試験を受けているということは、現在は50歳くらいか。今回のテーマが郵政民営化反対であるところや国家公務員試験を受けているところをみると旧郵政省あたりと利益を共通にする関係者だろうか 文鳥氏は「民間にできることは民間に」という考え方に対して、それなら経済見通しも、首相の警護も、税金や社会保険料の徴収も、戦争までも、民間に委託できるのに、なぜしないのか、という。こういうのを混ぜっ返しと言わないか これまで日本は国鉄、専売公社などを民営化してきた。現在は、郵政事業を民営化しようとしている。将来は文鳥氏の指摘する分野も民営化されるかもしれない。これらを今、郵政とあわせて一気に行わなければ気が済まないのか。郵政から手をつけてはいけないのか。郵政民営化は現総理大臣の小泉氏がこれまで長年に亘り公約に掲げて何度も国政選挙に勝ち、そして与党党首になり、さらには日本の総理大臣にまでなってしまった、多数の付託ある正当性ある項目なのだ 指摘された郵政以外の事業の民営化も、所詮文鳥氏の混ぜっ返しなので、このような事業分野も含めて民営化はしない、が論旨のようだ。しかし、私には文鳥氏の列挙する事業の民営化は行ったほうがいいのではないかと思う。ただ、首相の警護や戦争は民間で行うことは少し無理を伴う場面もあると考えている。たとえば首相周辺には配慮を要する国家機密があるのだろうし、戦争は国を守ることと関わるビジネスであることから傭兵で賄える部分は限定されると考るべきではないか。傭兵はダメと言ったマキアベリがよく読まれ、国民徴兵制を採用する各国の現状も検討してからでなければならない つまり、「民間にできることは民間に」というのは、それだけの意味ではなく、その前提として、「国が行う必要のあるものでなければ」という条件があり、これが明示されていない。そしてこの条件こそが、なかなか決められない難問 混ぜ返しはともかく、文鳥氏の反論の本筋は「利用者の経済力などによって、提供を受けるサービスが異なっていいかどうかが重要な基準になる」にある。その具体論として「へき地の郵便局などはいずれ廃止される」、「利益の見込める投資信託などの販売窓口が増える分、利幅の薄い小口貯金の窓口が徐々に減らされていく」とアラートする 前者については、ヤマト運輸の現状が十分に反論になっているのではないか 後者については、私にも心当たりがある。先日、ある銀行との取引を縮小する手続きのためどうしても直接に銀行に行かなければならないことがあった。そのとき、文鳥氏のおっしゃるとおり、諸手続きの窓口にはたくさんの列ができ、その一方で口座開設や資産運用などの窓口は広く、かつ、それほど混んでいなかった。閉店まで1時間程度あったにもかかわらず、処理は本日中には無理と言われ、出直しせざるを得なかったのには不愉快だった。このとき私はその銀行に引導を渡して別の銀行をメインにしようとしているところだったので、我慢した。その銀行とはサヨナラするつもりだし、ここで不満を言ってもその負担に対する利益がないので黙っている。一方、メインを乗り換えようとしている新しい銀行は、私のような小口預金者にヤサシイのだ。個人だからといって対応が悪くなることはない。24時間いつでも電話で対応してくれるし、銀行に来いと言われることなく如何なる手続きでも電話と郵送で対応できる。それも受取人払いの封筒をくれるのでポストで十分であって郵便局不要。このように、銀行業界をショッピングができることを幸せに思う。何かに不満を覚えればそれをビジネスチャンスとして新たな参入者が発生し、顧客のニーズに応えることを手段として収益を得る者がいるのだ。しかし郵便にはそのような選択の余地はないのが問題なのではないか。たとえば投資信託の窓口を増やしてみたところで実際に客が少なければ、窓口の調整も行われるだろう。顧客は勧められれば買うだけのお人好しではない。人生で結構大事な部類に入る財産のことだもの 20050726175400

google adsense

関連記事

no image

伊藤浩昭「民意束ねる機能衰え(激震「郵政解散」瀬戸際の改革②)」日経平成17年8月11日朝刊

筆者は日経新聞の政治部記者 多数決と全会一致の違いは何か。昔、NHKの「その時歴史が動いた」で、パ

記事を読む

no image

「金融相、信用取引、担保除外を批判―ライブドア株で。」日経平成18年1月19日夕刊

20060120004400 マネックス証券がライブドア関係株の担保価値をゼロにしたことについて、

記事を読む

no image

佐藤洋二郎「金の匂いする所、政治家あり(さらりーまん生態学)」日経平成18年2月23日夕刊

意味を感じられない文章。じゃあ、コメントしなければいいのにとは自分でも思うけど 著者は作家という。

記事を読む

no image

産経新聞「『戦後』終わらせるとき(歴史の自縛 戦後60年)」産経平成17年8月6日

産経新聞は、政治とりわけ外交に関して個人名を挙げて非難することが多いような気がする。最近も、日本が国

記事を読む

no image

渾沌「資産運用産業の時代への備え(大機小機)」日経2012/2/29

20120328000736 「公正な価格形成の阻害など公益を害する行為にプロ向けもアマ向けもない

記事を読む

no image

小堀宗慶「感情抑えきれず慟哭(私の履歴書)」日経平成18年8月30日朝刊

日経朝刊の「私の履歴書」で、これだけ心を揺さぶられたものは、終ぞなかった。肩書きと名前だけ見ると多分

記事を読む

no image

石巻「投資家保護と証券市場(大機小機)」日経2012/3/23

20120331001414 最近、大機小機と経済教室が妙に気になるんだよな。政治はもとよりマーケ

記事を読む

no image

童「フラット税制論に異議(大機小機)」日経平成18年2月25日朝刊

20060313235900 匿名のコラムに目くじらを立てる必要もないのかもしれないが、最近気にな

記事を読む

no image

前田晃伸「銀行『冬の時代』を越えて②(ひとスクランブル)」日経平成18年4月25日夕刊

20060429023600 結局、日経夕刊はいくら梃入れされても読み応えを感じない。それどころか

記事を読む

no image

岩倉正和「村上ファンド問題の真の意味(十字路)」日経平成18年5月31日夕刊

20060603000100 筆者は確か、かの岩倉具視の子孫だと記憶している。まあ、お公家の家柄で

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑