前田昌孝「なぜか人気の『毎月分配』―合理的経済人はどこに(迷解迷答現代けいざい学)」日経平成17年8月17日夕刊

公開日: : 最終更新日:2011/09/07 書評(新聞)

先日に読んだ本は為替に関する効率的な投資を行うためのものだった。ここで、銀行の提供する外貨預金がいかに不合理なものであるかの説明があった。この手の、手数料の法外な高さや商品設計に不合理な金融商品は多い。先日も、商品オプションの電話勧誘があって話を聞いたところ、数十万円のオプションをアメリカで買うのに、往復でその10%程度の3万円強の手数料がかかるということだった。オプションに対する懐疑、原油に関する土地勘のなさ、手数料の高さ、から取引はお断りした この記事で紹介されているのは、いま大人気の毎月のように頻繁に分配金が支払われるタイプの投資信託の不合理さである。これはこの記事の主題でなくあくまで導入部の話題であるものの、気になって仕方がない。これだけで大きなイッシューだ。大方、「毎月配当が振り込まれますのでお小遣いのようにお楽しみいただけますね」みたいな合意があるのだろう。これって、大の大人がアホかと思う 昔読んだ、週刊ダイヤモンドの山崎元さんのコラムでも、この事実を指摘して、「金融商品は、純粋に利益を得るためのものだから、他の商品のような情緒的な”金銭的価値以外の部分で高くても買いたい”というような価値がない(か極めて小さいはずだ)。だからそのような観点から明らかにおかしい金融商品を販売するのは問題があるのではないか」という話があったように記憶している。ちょっと記憶が曖昧なので論旨は若干違ってるかも 連想としては、「10年間事故(病気)がなければボーナスが支払われます」みたいな、掛捨てでないタイプの保険商品も気になる。基本的には保険商品には保険機能しか求めないほうがよさそう ・この投資信託は分配の頻度によって信託報酬に差を付けていないので、本来は投資家の受取額に大差はないはず。しかし、同時期に同金額を買ったとして投資家の立場でシミュレーションをしてみると、やはり分配の頻度が多いほど最終的な受取額は少なくなる ・分配金を受け取るたびに税金を天引きされ、運用原資が減るし、振込手数料なども負担が必要な場合があるからだ。他の金融商品も一般に「利払いや分配の回数が多い方が手取りは目減りする」(大手銀行) ・人間の実際の行動は「合理的経済人」とはかけ離れていて、多種多様で矛盾に満ちているから、さまざまな商品やサービスが成り立つともいえる。金融商品だけは今まで顧客に合わせる工夫が少なすぎた。もちろん個人の錯覚を利用しておかしな商品を販売するのはご法度だ 20050819001911

google adsense

関連記事

no image

財政取材班「民間流、事業は縮まない(財政 経済が問う)」日経平成18年6月14日朝刊

日経新聞って、こういう”官の無駄遣い”的な記事はよく見るが、今回のは圧巻 こういう土建バラマキなもの

記事を読む

no image

田勢康弘「言葉だけがうつろに響く―しっかりせよ民主党(核心)」日経平成18年2月27日朝刊

20060228021800 著者は本社コラムニスト。なんということもないコラムだが、次の言葉がよ

記事を読む

no image

春原剛「フィールズオブドリームズ(3)駐日米大使トーマス・シーファー氏(人間発見)」日経平成17年8月3日夕刊

20050804010200 日付は変わってしまって、昨日の夕刊の記事。著者は日経の編集委員でこの

記事を読む

no image

渡辺淳一「愛の流刑地」日経新聞文化面

全国紙の一番最後のページは、ふつうテレビ番組表である。私は大学生くらいまで、新聞は後ろから見るほうだ

記事を読む

no image

盤側「村上ファンドと民主主義(大機小機)」日経平成17年11月11日朝刊

そもそも大機小機が匿名を前提なので、そう目くじらを立てる必要もないのかもしれないんだけど。影響力もあ

記事を読む

no image

城下賢吾「短期取引の弊害(十字路)」日経平成17年11月4日夕刊

筆者は山口大学経済学部教授という。個人投資家の株式投資のしかたについてのコラム。端的に言って意味不明

記事を読む

no image

「女性がよく飲むチルドコーヒー(何でもランキング)」日経平成18年1月14日NIKKEIプラス1

20060114205700 女性はチルドコーヒーを好み、缶コーヒーはあまり好まない、というのが面

記事を読む

no image

「日本電産社長永守重信(5)我流の書(こころの玉手箱)」日経平成18年2月17日夕刊

日経夕刊の紙面が新しくなったという。が、あんまりパッとしない。デザインな改善はある。でも、内容は大し

記事を読む

no image

国定浩一「マネードラマの結末を懸念(十字路)」日経平成18年5月23日夕刊

著者は大阪学院大学教授。このコーナーのこの人の書き物を何度か気になってメモしてきた "国定浩一「『

記事を読む

no image

岩倉正和「村上ファンド問題の真の意味(十字路)」日経平成18年5月31日夕刊

20060603000100 筆者は確か、かの岩倉具視の子孫だと記憶している。まあ、お公家の家柄で

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑