西田文郎「面白いほど成功するツキの大原則 ツイてツイてツキまくる頭の使い方教えます」現代書林

公開日: : 最終更新日:2011/09/03 書評(書籍)

こういう本、好きなんです ツキが大事だということと、それをどのように自分のものにするか、ということが書いてある。読んでいると、思わず頷いてしまう記述が多い。それもいくぶん不謹慎な香りがしている。言っていることが正しいと説得されてしまう 表紙がすごくキワモノなので、書店での購入は少し恥ずかしいかもしれない。でも赤や黄色は私も好きなんです 同じ著者の「No.1理論」はずいぶん昔に購入しているが、まだ読めていない。ついでなのでいま読んでおこうか、と考えている p78.人間の場合、知的な脳が異常に大きくなりすぎた結果、赤ん坊は脳が未発達のまま生まれるようになったと考えられている。他の動物のように胎内で充分に成長してからでは、大きな頭が引っかかって産道を出られない。一種の未熟児状態で生まれるので、動物の子は生まれてすぐ歩き出すのに、人間の赤ん坊は1年近く親の世話にならなければ、立ち上がることすらできない。そこに人間だけが、「感謝」という感情を持つようになった理由がある p125.人が成功するには、努力と言う苦しみが絶対に必要だ。多くの人がそう考えている。私にいわせれば、高度経済成長期の古い考え方である。「努力は苦しいもの」という、間違ったイメージを私たちが抱いてしまったのは、強要的なマネージメントのもとで認められるには、自分の長所や特徴を押し殺し、画一的な会社人間になる必要があったからだ p127.優秀なビジネスマン、プロのビジネスマンによって、一番大切なものは何か。私はこう答える。「人にどう思われるか、これが一番大切です」。中身が同じなら、ときには中身が同じでなくても、ラップのきれいなほうが売れる p132.成功した人間が共通して大好きなものが2つある。才能でもないし、頭のよさでもない。ツイている人間に、「こいつだ!」と思わせるのは「熱意」と「感動」である。 p133.幸いなことに、熱意も感動もタダで手に入る。あなたが気づいているかどうかわからないが、世の中で一番大切なものは、みんなタダで手に入るものだ p133.強気/情熱/No.1のイメージ/リスクにチャレンジ/一貫性を持つことで継続的能力を示す/自分のすべてをさらけ出さない/長所だけを相手に見せる/夢を見続け、語り続ける/不満やいいわけを口にしない/人の噂話をしない/100%自信のない話はしない/謝るようなことはしない/親密すぎる交際は避ける p145.ツキは他人が運んできてくれる。となれば、目立つのでなければダメだ。例えばサッカーの小野伸二君 p148.弱点や短所に自信を持つ。ハゲに、頭の悪さに、容姿の悪さに。自慢してしまえ p152.なぜ人間はこんなに反省が好きなのか。「反省すれば能力が向上する」と誤解されているからだ。職場でも何かあると、ミーティングなどと称して、すぐみんなを招集し、「あれはまずい」「これがいけない」と、まずい話ばかりするような管理職がいる。私にいわせれば、明らかにツキのない職場である p160.朝の脳に生まれるイメージによって、その日のツキや運が決まるといっても大げさではない。つまり朝の扁桃核が、1日中影響してしまうのだ。それで、昔は毎朝神棚を拝んだり、仏壇に手を合わせる習慣がどこの家にもあった。一種のクリアリングであり、自己暗示であったと思う p162.寝る直前の感情を最高の状態にし、今日1日とても「運」があったと感じられるように自己暗示する。1)「今日も1日無事に終わり、運があった」と自分に語りかけること数回、2)次に、「今日は運があった」と断定的に語りかけること5回以上、3)最後に、「運がある」だけを何回でも反復する p170.できる男は、ウソをついてでも女性を幸せな気持ちにしてしまう p175.アメリカ人がなぜあれほど家庭を大切にするかといえば、厳しい競争社会で戦う人間には、戦えば戦うほど深くなる分離不安を癒す場が必要となるからだ。3~5年後、日本も確実にそうなる p177.男も女も分離不安を癒してくれるものには抵抗できない。悪い男にだまされるときも、必ずといっていいほど優しさにだまされるのである。夫婦も同様だ。いい関係を何十年も続けたければ、男はサギ師にならなければならない。というのも、恋愛感情は3年しか持たないからである p183.子育て中の親御さんを相手に講演するときは、必ずそういう。「ワクワクしながら勉強する子にしてください」。アメリカでは、「仕事はつらい」などという人間は明らかに負け組と見なされる。また実際、社会的な負け組に属している p192.人が自分の存在意義や価値を感じるのは、他人に認められたときである。「私」の成功を自分のことのように喜んでくれる人や、「私」の失敗を自分のことのように悲しんでくれる人がいない。そう感じるとき、人は自分の存在意義を見失う。自分を認めてくれる最初の他人。子供にとっては、まず母親である p196.2対6対2 p197.「俺は、レースに出たら絶対に負けない。なぜなら勝つまでやり通すからだ」と本田宗一郎はいったが、このタイプはどの分野でも成功者になる p200.人は、いかに意識改革だけでは変われない存在であるか。能力開発に取り組み出した最初の8年間で、私は完璧に気づいてしまった p204.自分のことだけを考えていると、夢が持てなくなる。 p207.とたんに、本田宗一郎の目がつり上がった。「バカやロー、なぜ飛行機をチャーターして、落下傘で飛び降りないんだ!」。彼は、その場面をこう述べている。「皆は一瞬度肝を抜かれて返事もできなかった。おやじの顔は真剣で本気でそう考えており、決して冗談でいっていない事が判った」 p218.今の「自分」を突き崩さなければ、夢(目標)は実現できない。成功者とは、今の自分に満足することなく、自分に揺さぶりをかけ続けた人間のことである。「現状を超えるにはどうしたらいいか」と考え続ける人間だけが成功する 20050824220820
面白いほど成功するツキの大原則
posted with 簡単リンクくん at 2005. 8.24
西田 文郎著
現代書林 (2001.11)
通常2??3日以内に発送します。

google adsense

関連記事

no image

齋藤孝「頭がよくなる必殺!読書術」PHP研究所

20050910212900 非常に簡単ではあるが、本を読むことの大切さ、本の読み方、感想

記事を読む

no image

須田慎一郎「下流喰い」ちくま新書

個別の事例集としては面白い。ここだけを読むのは有益だと思う。ただ、主張に関する部分には薄さが見られ、

記事を読む

no image

山口正洋ほか「ヤバい日本経済」東洋経済新報社

20141019105250 ヤバい日本経済著者 : 山口正洋東洋経済新報社発売日 : 2014-

記事を読む

no image

江藤淳「閉された言語空間」文春文庫

ずっと、名前が残る作家と、同世代の支持のみで終わる作家がいる。江藤淳という作家は後者で終わるのかもし

記事を読む

no image

小林吉弥「田中角栄の人を動かすスピーチ術」講談社+α文庫

20060902015900 書店にあったものをその場で買ったもの。文庫本なのでダメでも損

記事を読む

no image

石川知裕「雑巾がけ 小沢一郎という試練」新潮新書

20121205232517 面白い。政治が好きだから。小沢一郎が好きだから。有罪判決を受

記事を読む

no image

速水敏彦「他人を見下す若者たち」講談社現代新書

取り沙汰されているし、キャッチーなタイトルだし、新書だから読みやすいかと思って手に取ったのがこの本

記事を読む

no image

真壁昭夫「若者、バカ者、よそ者」PHP新書

20120927225306 なんかタイトルと内容が違う。思ったほどメモがなかった

記事を読む

no image

渡辺健介「世界一やさしい問題解決の授業」ダイヤモンド社

20090223014100 この本のもっとも大事な注意点は、中高生と読者と設定しているよ

記事を読む

no image

中島義道「うるさい日本の私」新潮文庫

日本に住む人には一読をお勧めしたい 先日読んだ本"中島義道「私の嫌いな10の人びと」新潮社"が面白

記事を読む

google adsense

Comment

  1. karito より:

    著書とお付き合いをさせていただいて、ツキのネットワークとすごさを実感しているものです。西田さんの本はどれも心に響く内容ですね。
    多くはないですがいくつかのところでセミナーもやっています。また、人数限定のすごい塾もあります。
    http://www.chusanren.or.jp/seminar/data/seminar1000.html
    ご参照。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑