中村彰彦「知恵伊豆に聞け」実業之日本社

公開日: : 最終更新日:2011/09/03 書評(書籍)

「知恵伊豆」という言葉をときどき耳にするのだが、どのような人で、そのように呼ばれるようになった実績というものが知りたかったのが、この本をとった第一の理由。著者の後書きを読んで少し驚いたのは、同じ理由で著者がこの本を書くことになったという よく読み継がれる日本史中のテーマの有名どころは大概、本、ドラマなどで押さえて来た中、そうでない部分にも興味が出てきたことが、この本をとった第二の理由。NHK大河の「葵三代」や先般のテレビドラマ「大奥」で、2代から3代にかけての徳川将軍周辺のことが面白くなってきたのが第三の理由 主人公は松平伊豆守信綱。実家から松平姓を名乗る親戚に養子入りし、秀忠、家光に仕えて頭角を現していく。最終的には家綱の代まで老中の地位にあり、最終的には川越藩主として10万石を越える所領を有することとなる。伊豆橋、伊豆殿掘と複数の地名に名を残す。ちなみにその養親も、現代まで残る有名な景勝地を残すこととなった 子供の頃の知恵は、本質を見極めて目的を達成する能力。小姓時代の知恵は、博覧強記。若年寄になってからの知恵は、社会の仕組みと人間の機知の理解と応用。老中以降は自分の知名度を生かした他の幕府の有力者との調整能力が際立つ。それらを貫いているのが、徳川幕府に対する揺らぎない忠義 全体のトーンが、松平信綱が如何に安定して素晴らしい実績を築いてきたか、ということにあるため、正直、物語としては退屈な感じもする。しかし、徳川幕府の初期を知るための物語としては、面白い一冊であった 20050827211000
知恵伊豆に聞け
posted with 簡単リンクくん at 2005. 8.27
中村 彰彦著
実業之日本社 (2003.7)
通常1??3週間以内に発送します。

google adsense

関連記事

no image

普通であること/森博嗣「常識にとらわれない100の講義 」大和書房①

20130217011236 著者の本って、縁がなくて。これが初めての本。本業はフィクショ

記事を読む

no image

林田正光「リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと」あさ出版

ホテル勤務経験の長い著者による接客サービス術に関する知見の集大成。頷ける記述が多く、買って正解。

記事を読む

no image

司馬遼太郎「関ヶ原(上)」新潮文庫

20081220505200 昔読んだものを読み返すことがあってもいい。司馬遼太郎の有名な

記事を読む

no image

木下是雄「レポートの組み立て方」ちくま学芸文庫

この本を読んで、特に目新しい感じは持たなかった。同様の本ばかり読んでいるからだ。だか自分の得たものと

記事を読む

no image

池谷裕二ほか「ゆらぐ脳」文藝春秋

あっという間に読み終えたほどの平易な内容。期待に反して内容は薄かったものの、なかなか示唆に富む記載も

記事を読む

no image

デブラ・E・メイヤーソン「静かなる改革者」ダイヤモンド社

タイトルやその考え方には唸らせるものがあったが、実際に内容を読んでみると、アメリカの本の邦訳によくあ

記事を読む

no image

山根一眞「メタルカラーの時代4」小学館文庫

20111229234733 ずっと読んできてる。このシリーズのパターンが分かってきたっぽい 山

記事を読む

no image

中島隆信「これも経済学だ!」ちくま新書

前評判どおりに面白かった。角界の話や、江戸時代の固定的な社会システムに関する説明は新鮮だった。茶、絵

記事を読む

no image

佐々木俊尚「3時間で「専門家」になる私の方法」PHP

20080818060000 インターネットで情報を仕入れることを全肯定しないところが立ち

記事を読む

no image

山田真哉「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」光文社新書

万人に薦められる 流行り本系の香りがするので、速やかに売り飛ばすつもりで読み始めた。軽やかに読むこ

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑