田坂広志「深き思索 静かな気づき 『仕事の思想』を高める25の物語」PHP研究所

公開日: : 最終更新日:2011/09/07 書評(書籍)

じっくり読んでも30分くらいで読み終わる本。価格も本体1,100円と安い。しかし、内容はそれらを超えていると思う。30くらいの短いエッセイが収録されている。著者の過去の経験の上澄み液を抽出したような内容。社会を知らない大学生くらいの若い方向けではないかもしれない 実はこれ、著者のウェブサイトのコンテンツを書籍化したものだった。一時期、著者のサイトを見ていた私にとっても、「30センチ幅の道」は過去に読んだ記憶が甦った 多いのは偉い人の発言からのインスピレーションという形。その中でも、将棋の羽生善治とノーベル賞のイリヤ・プリゴジンと宮沢賢治が複数回登場する。羽生については、奇しくも先日読んだ本”羽生善治「簡単に、単純に考える」PHP文庫”における対談が引用されていた 著者のことは、正直よく存じ上げていない。しかし一部で支持者がいるグル的な人物のようだ。興味深くも、あの多摩大学で教授になっているという。著者の本がまだ何冊か私の書棚に積読状態になっている。今後読み進めて行きたい この類の、すなわちインターネットから書籍化も目立つようになってきた。よくあるのが、一般人なんだけどインターネット上で言論していくうちに、それが一つの集合として出版に漕ぎ着くような形。これまでに読んだものでは、”田口元「起業・企画・営業・雑談のネタは日常の諦めている不便利から」英治出版”というのがあったし、有名な”死ぬかと思った”も確か出版されていたのではなかったか もう一つはネットの盛り上がりを見て、それを紙の世界に落とした人。地球が100人の云々、とか、いま流行の電車男とかがそうじゃないかな。”のまネコ”もその分類なんだろうな。うーん、既述の”不便利”も”死ぬかと思った”も、投稿をまとめたものなので、こちらの類になるのかな。でも著者は、発案者で胴元でもあるし p36.いま、サイコロの目が、偶数の「実施決定」を示した瞬間に、/心の深くから、「いや、違う」との声が聞こえた。/自分の直観は、やはりプロジェクトの実施見送りを教えている。/自分は、その直観を信じるよ p29.張本勲選手「理想のバッティング・フォーム?/もし、君がそれを知りたいのならば、/一晩中、素振りをしなさい」 p40.広岡達朗氏「あのファインプレーは、/悪いファインプレーです。/そもそも、あの選手は、/この場面での守備位置が間違っている。/だから、自分のいないところに球が飛んでくる」 p43.君、それでは瓦は割れないよ。/なぜなら、君は瓦の表面を狙って打っているからだ。/もし、瓦を割りたかったら、瓦の表面ではなく、/表面のその先、数センチ奥を狙って打たなければダメだ。/そのとき、瓦の表面での破壊力が最大になるのだよ p69.我々の「こころ」は、/「寒さ」と「痛み」のジレンマの中でしか、/「最適の距離」を見いだすことができないのでしょうか p82.我々の能力は、/ただ「恐れ」を心に抱くだけで、無残なほどに萎縮してしまう p89.パリには、本物の絵がたくさんあるからだよ p94.ああ、それは、/鉄筋とコンクリートの複合構造物ですよ。/いま、世の中には、/この若者のような説明が溢れています p114.我々が、日々の生活や仕事において使っている/「論理」というメス。/それもまた、/「知識」を得るための道具であるとともに、/「生命」を見失ってしまう陥穽なのです p138.亀井勝一郎が、その「読書論」のなかで、述べています。/読書とは、著者の魂との邂逅である。/しかし、いつか本を書く立場となって、思います。/この言葉の逆をこそ、心に刻まなければならない。/そう思います。/執筆とは、読者の魂との邂逅である 20050922013810
深き思索静かな気づき
posted with 簡単リンクくん at 2005. 9.22
田坂 広志著 PHP研究所 (2002.7) 通常2-3日以内に発送します。
 

google adsense

関連記事

no image

井沢元彦「古寺歩きのツボ」角川oneテーマ21

おもしろかった。内容は簡単。しかし、半分以上は既に知っている知識だったので、これは話半分というところ

記事を読む

no image

藤原和博「給料だけじゃわからない!」ちくま文庫

仕事に関する新たな視点をビジネスマンに提示。全体的なトーンは賛同。ルーチンワークに疲れたサラリーマン

記事を読む

no image

立花岳志「サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方法」大和書房

20140919235055 サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方

記事を読む

no image

築山節「脳が冴える15の習慣」NHK出版生活人新書

ベストセラーだし、ハック物でもあるので読まない理由がない。その期待に違わず読んでいて面白いし、かつ、

記事を読む

no image

梅谷薫『「病」になる言葉』講談社

昔から不思議だった。人は似通った境遇にいても、発症する病気は異なるということ。素人ながら勝手に、遺伝

記事を読む

no image

遠藤秀紀「人体失敗の進化史」光文社新書

知的好奇心を擽られる。おそらく、「生物と無生物のあいだ」からの連想でこの本を手に取ったと思う。あちら

記事を読む

no image

松下幸之助「リーダーになる人に知っておいてほしいこと」PHP

ばらばらな語録を集めたものなので、知らない人が読めばかなり微妙だ。それこそ、この中で言われているとお

記事を読む

no image

橋本努「自由に生きるとはどういうことか」ちくま新書

全体としての統一感というか、結局この本の主張が何かがイマイチわかりづらい。著者の博覧強記振りは分かる

記事を読む

no image

アンソニー・ロビンズ「人生を変えた贈り物」成甲書房

忘れていた元気と快活さを思い出させてくれるような本。いいねえ。筆者の紹介において、極めて高名な人に対

記事を読む

no image

近藤藤太「デカい態度で渡り合え! 世界中で通用する人間関係10のルール」フォレスト出版

著者のこれまでの経験を踏まえ、人とのコミュニケーション、特に彼がケトウと呼ぶ欧米人との交渉について教

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑