竹内淳「外国為替投資の基礎常識」実業之日本社

公開日: : 最終更新日:2012/02/11 書評(書籍)



最近、外国為替証袖金取引がツイている。このところ毎週、万から10万の単位で利益を出している。ある金融取引をかなりのリスクを引き受けて行うためには、関連する本を2、3冊程度読んだところで何になるものか。これまでレビューしたものとしては、日経BP企画編著「図解90分でマスター ネットではじめる為替取引」日経BP企画今井雅人「外国為替トレード勝利の方程式 投資を極める!本当は教えたくないプロのノウハウ」日本実業出版社があるが、それ以外にもいろいろと読んだりして、インプットは行った。それでようやく土俵に立てると思っている

この本は、基本はすべて押さえてあるので入門書としては手ごろだ。タイトルのとおり、外国為替に関する一般的な説明が確かにある。為替が関係する多くの商品の説明が一応ある。しかし、この本の本質は、外為どっとコムでの外国為替保証金取引への誘導である。それが悪いとは言っていない。外為どっとコムは手数料が高いけどサービスが豊富でなかなか使える

後ろの方で、為替に影響を与えるものが列挙して整理いるところ、また、いくつかのテクニカル手法がまとめて説明されているところは、面白かった。そういう整理がなされているのに価値が見出される

ただし、ほかの入門書があるならば、または入門者の域を超えた者にとっては、正直、本書は不要。外為どっとコムの取説としても、説明が足りないし、それは同社のサイトに詳しく載っている

20050929231532

google adsense

関連記事

no image

津田倫男「60歳からのチャレンジ起業」KKベストセラーズ

あっさりして読みやすい導入の書 定年間近の人に勇気を与える。内容はすべて納得できることばかり。起業

記事を読む

no image

エルバート・ハバード「ガルシアへの手紙」総合法令

20090108220600 "清水克衛ほか「本調子」総合法令"にも登場するハイブロー武蔵

記事を読む

no image

三谷宏治「一瞬で大切なことを伝える技術」かんき出版

20121121235641 タイトルに惹かれて読んでしまった一冊。こういうノウハウ的なも

記事を読む

no image

竹森俊平「資本主義は嫌いですか」日本経済新聞出版社

この人の予測、というかある人の予測についての分析、の示唆するところは、まあ、あんまりワクワクするよう

記事を読む

no image

阿刀田高「アイデアを捜せ」文藝春秋

20120211211338 聖書を知っていますか、の一連は昔読んだ。軽妙洒脱な味わいの文

記事を読む

no image

ロバート・キヨサキほか「金持ち父さん貧乏父さん」筑摩書房

米国の(そしてそれは日本にもあてはまるが)一般に成功とされた生き方に対して、財産形成、暇作り、という

記事を読む

no image

片岡正人「市町村合併で『地名』を殺すな」洋泉社

主要ビジネス誌で、ここのところ時をおいて紹介される奇書。タイトルのとおり、市町村合併で新たな地名が慎

記事を読む

no image

D・カーネギー「人を動かす」創元社

内容は極めて平易。しかし主に米国におけるエピソードを多く引いてくることにより、文章の面白味を増し、説

記事を読む

no image

山田ズーニー「話すチカラをつくる本」三笠書房知的生きかた文庫

極めて平易に、話すチカラをつける方法を教えてくれる。正攻法であり、しかも必要なことは容易。分量も少な

記事を読む

no image

ハロルド・ウィンター「人でなしの経済理論」バジリコ

その副題のとおり、トレード・オフについて手を変え品を変え論じている。いくつか印象的なケースを紹介しな

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑