竹内淳「外国為替投資の基礎常識」実業之日本社

公開日: : 最終更新日:2012/02/11 書評(書籍)



最近、外国為替証袖金取引がツイている。このところ毎週、万から10万の単位で利益を出している。ある金融取引をかなりのリスクを引き受けて行うためには、関連する本を2、3冊程度読んだところで何になるものか。これまでレビューしたものとしては、日経BP企画編著「図解90分でマスター ネットではじめる為替取引」日経BP企画今井雅人「外国為替トレード勝利の方程式 投資を極める!本当は教えたくないプロのノウハウ」日本実業出版社があるが、それ以外にもいろいろと読んだりして、インプットは行った。それでようやく土俵に立てると思っている

この本は、基本はすべて押さえてあるので入門書としては手ごろだ。タイトルのとおり、外国為替に関する一般的な説明が確かにある。為替が関係する多くの商品の説明が一応ある。しかし、この本の本質は、外為どっとコムでの外国為替保証金取引への誘導である。それが悪いとは言っていない。外為どっとコムは手数料が高いけどサービスが豊富でなかなか使える

後ろの方で、為替に影響を与えるものが列挙して整理いるところ、また、いくつかのテクニカル手法がまとめて説明されているところは、面白かった。そういう整理がなされているのに価値が見出される

ただし、ほかの入門書があるならば、または入門者の域を超えた者にとっては、正直、本書は不要。外為どっとコムの取説としても、説明が足りないし、それは同社のサイトに詳しく載っている

20050929231532

google adsense

関連記事

no image

藤原和博「味方をふやす技術」ちくま文庫

平易な記載。内容がおもしろく、かつ思索の浅い大衆にとってなかなか示唆に富む。社会人についての絶妙な分

記事を読む

no image

杉本宏之「30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、企業を決意した理由」ダイヤモンド社

20140918002347 30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由著

記事を読む

no image

粂和彦「時間の分子生物学」講談社現代新書①

最近読んだ本の参考文献となっていたのがこの本。生物学系の本は好奇心をくすぐられて結構はまる 前半が

記事を読む

no image

杉本智彦「改訂新版 カシミール3D入門編」実業之日本社

20130428221714 最近、山に登り始めた。大昔の経験を参考にしながらも、久しぶり

記事を読む

no image

サントリー次世代研究所「U35世代 僕と仕事のビミョーな関係」日本経済新聞社

20050926234348 35歳以下の会社員、このカテゴリに典型的な、主にダメな考え方

記事を読む

no image

手嶋龍一・佐藤優「インテリジェンス 武器なき戦争」幻冬舎新書

実は諜報関係の話は好き。こうやって気になるところをメモしていると、佐藤氏の発言のほうが圧倒的に多いな

記事を読む

no image

林望「知性の磨きかた」PHP新書

高校生か、または大学入学したばかりの人が読むべき本。勉強の仕方、大学生活のすごし方、本の読み方につい

記事を読む

no image

普通であること/森博嗣「常識にとらわれない100の講義 」大和書房①

20130217011236 著者の本って、縁がなくて。これが初めての本。本業はフィクショ

記事を読む

no image

田中森一「反転」幻冬舎

登場する人物や機関のものの考え方がわかる。世間を騒がせた刑事事件の内幕がわかる。大きな金の動いている

記事を読む

no image

ピーター・D・シフほか「なぜ政府は信頼できないのか」東洋経済新報社

序章で、すべてが語られている。父親の恨み。父親の寓話を現在まで引き延ばし、少し先まで物語を進めて終わ

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑