アミール・D・アクゼル「偶然の確率」アーティストハウスパブリッシャーズ

公開日: : 最終更新日:2012/02/20 書評(書籍)



思っていたより簡単。思っていたほど内容が薄い。文章も薄い。超速で読み終わってしまった。しかし面白かった。帯が面白いではないか。「なぜ、自分は不運なのか?/この投資は儲かるのか?/最良の結婚相手を見つけるには?」と。特に最良の結婚相手の見つけ方が気になる人も多いのではないか

客観的な確率と主観的な印象のギャップに驚かされる。誕生日が同じ人を探す話。私も小学校や中学校のころ、自分の誕生日と同じ人が多かった記憶がある。それが凄いとも凄くないとも思わずに、ただ多いんだなとしか思わなかった。人によってはそこから論理的な思考に発展する人もいるのではないかな、とは同時に読んでいる別の本からの示唆。私は残念ながら単にその事実に気がついただけで終わった。要は凡庸な幼少時代を過ごしたということだ

こういう、理屈で説明する本はスッキリしていて面白い。平均寿命の話も面白かった。アメリカ合衆国の寿命が意外と長いなと以前より感じていたが、これも移民が多いことによるのだろうか。それなりに寿命が長いと安心して、あのような食生活をしているアメリカ合衆国の人の真似をすると痛い目に遭うのではないか、という戒めになった気がする。この仮説が正しいかどうかは、すぐに調べる気はないが、これが分かっただけでも大きな進歩だ

ギャンブルの話も面白かった。昔、人から聞いた、ルーレットへの「勝つまで2倍で賭け続ける」という話も出ていて、筆者は実際にそれをやっていたというのも興味深かった

いくら可能性が低くても独立試行で継続すればいつかは実現する、という話も興味深い。直ちに想起されるのは、KFCのカーネル・サンダースが自分のフライドチキンのレシピの事業化のために投資家を探して、1,009回断られ、1,010件目でようやくパトロンを見つけることができたという話。起業における熱い努力というのが本旨だが、なるほど確率としても客観的に説明がされるだけの話か、とトーンダウン。本著ではサルがタイプライターでハムレットをタイプするという印象的な喩えで説明している



p6.古代の神々への信仰や占星術や迷信はみな、説明のつかないものを説明しようとする試みだった。とにかく、それを考え出した人々の努力は認めなければならない。彼らは彼らなりに考えをめぐらせ、この世の出来事が偶発的に起こりうることを信じまいとしたのである

p40.デ・フィネッティのゲーム。テストの成績が100%満点だと主観的に考える友人に対して、98個の赤いボールと2個の黒いボールを入れた袋から赤いボールを取り出すことと、試験結果で満点を取ることのいずれかにより100万ドル得ることを選択させる

p58.一社に就職できる確率が0.5%でも、2,000社に求職して最低でも一社に就職できる確率は99.9956%である

p60.独立事象の和集合の法則を極限まで推し進めると、確率がゼロでないことは十分な機会を与えられればなんでも起こるということになる。しまいには、サルが「ハムレット」をタイプすることもできる

p77.大胆な賭けこそが最善の策なのだ。それは直感的な論拠もある。カジノ側の不当な優位に影響される機会をできるだけ減らす戦法が最適ということになる。要するに、賭ける回数が少ないほど安全

p93.パスカルの三角形。コイン投げの回数が増えるにつれ、結果が五分五分になる確率は減っていく

p97.インスペクション・パラドックス。今日生存している人は予測寿命よりも平均して長く生きる。すでに生存を開始している人や物の予測寿命が、まだ生存していず、あなたがすでに切り抜けてきた原因によって尽きたり縮んだりしうる可能性がある何かの予測寿命よりも長いからだ。たとえば今日生存している人は乳児期に死ぬことはできないし、いま90歳の人は75歳で死ぬことはできない

p101.人口の大部分を移民が占めている国では、平均寿命がいちじるしく長くなってしまう

p124.一生のうちに出会う花嫁・花婿候補の約37%とつきあったあと、過去のどの相手にもまさる次の候補者と結婚することに決めれば、自分に最もふさわしい伴侶を得る確率が最も高くなる。37%という数字は1/eの近似値―この場合のeは自然対数の底、すなわち2.71828―である



20051001135136

google adsense

関連記事

no image

大前研一「遊ぶ奴ほどよくデキる!」小学館

昔買って読んだ本を読み返した かなり自由に好きなことを書いたな、という感じのする本である。確かに著

記事を読む

no image

原田泰「なぜ日本経済はうまくいかないのか」新潮選書

20111106224522 ただの批判や混ぜっ返しで終わらず、分かりやすいようにかみ砕い

記事を読む

no image

ピーター・セージ「自分を超える法」ダイヤモンド社

20120707111440 また自己啓発的な本を読んでしまった。ダイヤモンド社らしい本だ

記事を読む

no image

阿刀田高「アイデアを捜せ」文藝春秋

20120211211338 聖書を知っていますか、の一連は昔読んだ。軽妙洒脱な味わいの文

記事を読む

no image

中崎タツヤ「もたない男」飛鳥新社

もう、大昔になるが、当時、出入りしていたスペースに置かれていた、誰かの読み終えたビッグコミックスピリ

記事を読む

no image

松田公太「すべては一杯のコーヒーから」新潮社

20051023000608 起業の話は好き。この本は起業を題材とした極めて典型的な内容。

記事を読む

no image

西岡常一「木に学べ」小学館

学者をやり込めた話。具体的な名前も出てくる。学者に対する不信 経験からくる確信。祖父から教わったこ

記事を読む

no image

J・A・バーンズ「アミスタッド」ポプラ社

映画「アミスタッド」を忠実に小説化したもの。未成年向けのようだ。しかしだからこそエッセンスがしっかり

記事を読む

no image

山根一眞「メタルカラーの時代4」小学館文庫

20111229234733 ずっと読んできてる。このシリーズのパターンが分かってきたっぽい 山

記事を読む

no image

佐々木紀彦「米国製エリートは本当にすごいのか?」東洋経済新報社

20120501004816 著者のスタンフォード大学への留学記。に近い。留学にかこつけて

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑