片岡正人「市町村合併で『地名』を殺すな」洋泉社

公開日: : 最終更新日:2011/09/03 書評(書籍)

主要ビジネス誌で、ここのところ時をおいて紹介される奇書。タイトルのとおり、市町村合併で新たな地名が慎重さを欠きつつ誕生していることに対する批判。よく調査している力作 類似例のない、一風変わった面白さ。物議を醸す。筆者の考えがなかなか説得力あるが、いまいち筋を通しきれていないような気もする。ただ、ダメな現実よりは筆者の試案はまともである 確かに筆者と同じ思いをしている知識人は多くいるだろう。彼らを代弁して一生懸命に意見を言ってくれているのがありがたい。少し距離を置いて考えると、ここまで強く反論しなければならない現状に笑ってしまう。笑うといえば、筆者の意見が硬すぎるというのも笑ってしまう。これは、しっかり対案とともに批判しているのは素晴らしいのだ ポイントは、命名者がバカだからいけない、ということ 西東京市、確かにご尤も。湯陶里市、確かに変だ。しかし、この本でも触れられているように、昔から地名は極めて恣意的に決められてきた。司馬遼太郎の小説を読んでいるとよく出てくるのが、九州の福岡の由来。戦国大名の黒田家が任地に故郷の地名をつけたという。また北海道をはじめとして、東日本には西日本からの移住者が故郷の名前をつけるというのがある。もう一つは、木更津や三重などの神話に淵源を有するものってのはいいよね。これも皇室の正統性を担保するために付けたものなのだろうけど。同様に各界の偉人に因んで付けられた地名も多く存在する。戦国大名の岐阜や長浜、関東だと日本武尊とか平将門とか源頼朝とか。本書でも紹介された二宮尊徳や平田靱負。どっちも「その時歴史は動いた」で取り上げられて心を揺す振られた。これで行くと、平成における松井秀喜の松井市やゴジラ市のどこが悪いのか、人に法人も含んで何が悪いといういことで、豊田市やスバル町だって偉いのでいいじゃないかということになってしまう そうすると、基本的には、大昔に一旦決めたことは保持していくことが歴史があって、また混乱もなくていい、ということに落ち着くことになる。いま、都会派だからといって、いま平等が、民主主義がいいからといって、ちょっと前までは封建社会で、そちらの年月の方が長かったり。それを時間的にも超えてから今の命名をやって頂戴、という感じ 命名に希望が入り混じっているのがおかしい。CIとの類似性についてもおかしい。なるほど。西東京などの、都会らしさへの礼賛への疑問も確かに頷ける。むつ市などの僭称はよくない、そのとおり。世界遺産、景勝地などの有名な地名の取り合いがおかしい、その通り。やわらかさがいいなどのイメージ先行は、そのイメージ自体が一時代の評価に過ぎずおかしい。そのとおり 悪平等についても触れている。合併する市町村の名前は新地名の名称とはしない。これぞ戦後生まれの負け取った民主主義の賜物ではないか。公募によるとんでもない地名候補も同じ。この問題の本質は、団塊の世代と呼ばれる終戦直後に出生したバカ者どもに命名の実権があるという点にあるのではないか。皆で決めたのだからどのような名前になってもいいではないか、という理屈に対して現在の戦後の義務教育を受けている人はなかなか有効な反論ができない。ここは保守主義の精神を利用するしかないよね。先祖代々が皆、使ってきた地名を覆すほどの重大で喫緊の理由ってあったんだっけ?、多数決なら先祖代々が違和感なく使ってきたことを含め、時間軸での多数決を行うべきであるし、その場合には旧来の地名が圧倒的に有利にならざるを得ないということだと思うんだけど 「喜連川」という風情ある地名が「さくら」という味気ないものになるかと思えば、最近のニュースでは金沢市内に古い地名が復活していい感じになっているとも聞く。どちらがいいのか、その辺の議論というのは、人を説得するのが難しい部類のものじゃないかなと思う ただ、平仮名であるだけでダメというのはちょっとと思う。昔の名前は、本でも紹介されているとおり、奈良時代にそれまでの呼称を縁起のいい漢字2文字で表記するようにしてからの名前が多く残っており、いまでは読み方からなかなか分からない。平仮名でも「漢字では実はこう当てます」というのが連想としていつもついて回るし あと、合成地名もよかろうというのが個人的な感覚。結構多いし、歴史がその限りにおいて維持されているでしょう。鉄道などでもよく使われている。合成がだめで連称ならマシというのも、少し硬すぎやしないか もう10年以上も前だが、タイのバンコクに行ったとき、通りにタイの地方都市の名前が付けられているのが気になった。その後、アメリカに行ったときにも、主要な都市の主要な通りにアメリカ等の別の地名が付けられていたという記憶がある。これはどういうことなのだろうか。この本では諸外国においても、地名は慎重に選定されており、国連の勧告もあったりするそうだ。しかし悪しき民主主義の国である戦後日本では、いま生きている人が皆で決めたらそれでいいということだ 最後の日本全国の地名の個別評価については圧巻。どこで愚か者が地方自治を行っているかがわかる。愚劣な地名には住みたくないという気を起こさせる。快哉 本書で紹介される古い地名を見ていると、なかなか趣を感じる。地方公共団体が団塊の世代により情けない地名にさせられてしまっても、この本が残るということは古い地名も無縁仏には決してならない 個人的に気になっているのは市町村合併で年賀状ソフトを買い換えなければならないということかな、郵便番号7桁のときに買ったソフトでもう当分は買い換えることはないと思っていたが 20051002230947
市町村合併で「地名」を殺すな
posted with 簡単リンクくん at 2005.10. 2
片岡 正人著
洋泉社 (2005.6)
通常24時間以内に発送します。

google adsense

関連記事

no image

司馬遼太郎「関ヶ原(上)」新潮文庫

20081220505200 昔読んだものを読み返すことがあってもいい。司馬遼太郎の有名な

記事を読む

no image

井上靖「風林火山」新潮文庫

井上靖は有名であるものの、自分には縁遠い。昔、「敦煌」が映画化されたとき、原作は読んだ。「額田女王」

記事を読む

no image

アーノルド・ベネット「自分の時間」三笠書房

活字の量自体はそれほど多くない。夕食後寝るまでの間に読み終えてしまう、というのはそのとおりだろう。し

記事を読む

no image

柴田明夫『日本は世界一の「水資源・水技術」大国』講談社+α新書

20120312000020 著者は商社の名のついたシンクタンクの所長の肩書き。だから、おそらくは

記事を読む

no image

和田清華「その夢はいつやるんですか?」ゴマブックス

タイトルが素晴らしい。内容も前向きで多くのティップスに富む。10代後半から30代前半くらいの方に強く

記事を読む

no image

藤田晋「渋谷ではたらく社長の告白」アメーバブックス

2時間程度で読み終える。一読の価値は十分にある。 オフィスをいつも身の丈以上に広い場所にしてきた。

記事を読む

no image

早坂隆「世界の日本人ジョーク集」中公新書ラクレ

20060912235500 面白い、所収のジョークが。ただ人によっては、半分以上は聞いた

記事を読む

no image

田坂広志「知的プロフェッショナルへの戦略」講談社

この本は表面的には読みやすいのだが、実は読みにくい。話し言葉で書かれており、おそらく本人が語ったこと

記事を読む

no image

井沢元彦「古寺歩きのツボ」角川oneテーマ21

おもしろかった。内容は簡単。しかし、半分以上は既に知っている知識だったので、これは話半分というところ

記事を読む

no image

沓沢江美「女性コンサルタントが教える新サラリーマン処世術」半蔵門出版

女性だから書けた。男性が書くと問題が起きる気がする 評価に悩む内容。注意して読むべき本。そうは言って

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑