林望「知性の磨きかた」PHP新書

公開日: : 最終更新日:2011/09/23 書評(書籍)



高校生か、または大学入学したばかりの人が読むべき本。勉強の仕方、大学生活のすごし方、本の読み方について著者の見解が披瀝されている。半分以上は納得できる。本の買い方、読み方についてはまったく賛成

最後に引用した部分、立川談志さんだったかの言葉が思い出される。確か、女子高校生が売春とはけしからんというコンテクストの中で、売春婦が高校に通って勉強していると思えば見上げたものじゃないか、というのがあった。どちらも真理ではないか



p22.とんでもない、私にいわせれば、私はただ一つ、学問の方法というものを身につけているにつぎない、まったく一芸の主なんです

p31.大切なことはね、学生が勉強していることを聞いて、ほんとうにこの学生がね、正しい方法で進んでいるかどうか、何か独善的な方法に陥ってはいないか、そういうことをチェックし修正することなんです。教師の最大の任務はそれです

p39.大学で遊ぶか遊ばないかは、本人の自由なんだ。大学というところはモラトリアム=人生の執行猶予期間であって、絶対これをしなきゃいかんというものがない。自由裁量でどう使ってもいい時間というものを4年間、何百万円という金で売ってあげましょうという、そういう機関なんですね。そういうふうにもう、はっきり割り切っていい

p45.「知性」とは何かということについていえば、まさに「方法」を身につけることである、ということです。それは何の学問の方法でもいいんです。ただし、身勝手な方法を身につけちゃだめなわけで、そこで大切なことは善智識を得ること、つまりいい先生につくということです

p49.たとえば日本の職人の世界なんかでは弟子には一切教えないというのが原則ですね。それは非常に正しいやり方なんだと思います、私は。物事は、教えられるというと、その教えられたところが一つの範囲を形成してしまって、そこから出ることがむずかしくなってしまう。反対に教えられないことについてだったら、どこまででも先に行くことができる

p115.「古今の名著」などというものも畢竟、その時代その時代の「流行」である。ということは、「古今の」名著という言い方自体が形容矛盾だともいえると思うんです

p133.3時間、4時間とかいうような時間しか寝ないで勉強している人間が、みだりにスポーツなんかやったら死んじまう。「退屈して遊んでる人はスポーツでも何でもおやりください」と私は思う。でもね、ほんとうに根を詰めて一生懸命、神経症的な仕事をしている人に対しては、無責任に「スポーツをやれ」なんていうべきではないんです

p135.自分が読んで面白かったなあという本が書棚にたまっていくということは、その人の人生の軌跡なんですね。だから、私はどうしても本は買って読むべきだという立場であって、あるいは読んで面白かったら買うべきだという立場をとります

p138.本を読もうと思ったら、わざわざ図書館まで出かけていかなきゃならないってのは、まず億劫な話です。そして、図書館というところは、人がいっぱいいる。それから、声を出しちゃいけない。閲覧室でちょっとおしゃべりなんかすると、「シーッ」なんていわれたりなんかする。あんな状態のなかで、私は落ち着いて本なんか読めないと思う。だからどうしても館外貸出ということになる。すると、1週間なら1週間で読まなきゃいけない。でも本はそういう強迫観念的時間枠のなかでよむべきものじゃないんです

p140.誰か他人に、「この本面白いから読んでごらん」と薦められて読んだ本で面白いと思ったことは、ほとんどありません

p144.図書館というものは、基本的には、辞典とか参考文献とか、調べものをする場所だと思います。だから本来は、ああいうところで娯楽のための読書なんていうものをサポートする必要はないと思うんです

p147.本は寝ころがって読むことを皆さんにお勧めします。昔から「馬上、厠上、枕上」といって「三上の読書」というんですね。我が家の便所には必ず雑誌とか、何か活字が置いてあります

p150.リーダーカンパニーとしての本屋は、志ある品揃えを目指して、もうちょっと努力してもらいたいと思わずにはいられません。池袋のリブロなんかは行くと「おお、こんな本をよく置いてあるなぁ」と思うような本があって、志が感じられますけどね

p162.多くの人は大学という枠だけ見て、「いまの大学生は本を読まなくなった」というようなことをいうけれど、そうじゃないんです、事実は。私がいいたいのは「本を読まないような人たちでも大学へ行くようになったということを喜ばなきゃいかん」ということなんです。これは皮肉でも何でもなく



20051004201640

google adsense

関連記事

no image

山田修「あなたの会社が買われる日」PHP研究所

なんか、実際に読んでみて、タイトルとは全然違う内容に驚いた。M&Aのことが書いてあるわけではない。会

記事を読む

no image

野村雅道「働かずに毎年1000万円稼げる私の『FX』超活用術」講談社+α新書

スワップをメインに利益を取ろうというタイプの、外国為替保証金取引の入門書。極めて読みやすい上に、この

記事を読む

no image

松永真理「なぜ仕事するの」角川文庫

軽めの内容で読みやすい。著者が女性であることと仕事人であることの葛藤をテーマとしている。そういう悩み

記事を読む

no image

宮城谷昌光「新三河物語 中巻」新潮社

hiog: 宮城谷昌光「新三河物語 上巻」新潮社 のつづき 中巻における主な目線は、割合の順とし

記事を読む

no image

竹中平蔵「経済古典は役に立つ」光文社新書

20120408235751 経済学の歴史を手早く追いかけられる。紹介の仕方が中庸、影響を受ける心

記事を読む

no image

林田正光「リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと」あさ出版

ホテル勤務経験の長い著者による接客サービス術に関する知見の集大成。頷ける記述が多く、買って正解。

記事を読む

no image

柴田英寿ほか「オフィスからパソコンがなくなる日」東洋経済新報社

おもしろい。一言で言い表せない多くの内容を含む本。これで1,400円は極めて廉価 パソコン業界と主

記事を読む

no image

佐藤優「自壊する帝国」新潮文庫

筆者の単行本として読んだのは2冊目 佐藤優「国家の罠-外務省のラスプーチンと呼ばれて-」新潮文

記事を読む

no image

渡部昇一・林望「知的生活 楽しみのヒント」PHP研究所

先日読んだ”林望「知性の磨きかた」PHP新書”を見つけた際に、あわせて見つけたので読んでみたのがこの

記事を読む

no image

普通であること/森博嗣「常識にとらわれない100の講義 」大和書房①

20130217011236 著者の本って、縁がなくて。これが初めての本。本業はフィクショ

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑