山崎元「『株式投資はバクチだ』と説明してはどうか(マネー経済の歩き方)」週刊ダイヤモンド2005/10/22

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 週刊ダイヤモンド, 山崎元

いつものことながら、いい題材を取り上げて、絶妙な説明をなさっている。この「バクチです」については、同感。数年前からか、理解してもらおうと変に難しく説明するよりも、こうしたほうが肩の荷が下りるような感じでいいのではないかと考えてきた。その代わりにはよい比喩で説明してあげれれば、無効化する。こういうとき嫌なのは、マスコミによくある、言葉に悪いレッテルを貼って意識的に使い、または関係者に常に同じ言葉を投げかけることで、よろしくないイメージを作り上げることだ。何を言いたいかというと、例えば、衆院選の開票特番で一部のマスコミが落選の可能性が高いライブドアの堀江貴文氏に向かって、「この総選挙の収支はどうでしたか。儲かったのですか」とか「この立候補でライブドアの株価がまた上がったのではないですか」というような感じ ここでは、タイトルに諦念があるかと思いきや、違う。たった1ページの紙面で効果的にバクチと株式投資の違いを説明できている。その返す刀で株式に比較してパッと見アレルゲン性の低い為替について、実は株式よりもバクチ性があり、かつ、有利性の低いものだという指摘をしている。この論点が最後に来ており、実はこれこそが、このエッセーの最重要なポイントではないかとも思わせる 著者によるこのコーナーを過去に2度取り上げている。”山崎元「株式投資と経営者の人物評価について」週刊ダイヤモンド2005/05/28”と”山崎元「一般株主は企業防衛策を歓迎しない」週刊ダイヤモンド2005/06/11”。いつも私の感覚と非常に近いところがあるので 私の言い方では、現在のところこうなる。株式は不思議な動きをし、需給がもっとも多く物を言うような気がしている。しかし、そうは言っても企業に対する所有持分だ。企業の中の人ががんばっているのだから、人間の営為を信じる限りは業績も上がり、株は上がるはずだ、となる ただ、私はストックオプションを好まない ・「はい、確かに株式投資はバクチです!」というところから話をしたほうがいいのではないかと最近考えるようになった ・株式投資の結果は不確実。しかし、期待リターンがあるので、その分は「有利なバクチ」になる。1年の期待リターンが5%でリスクが25%であれば、100のものが1年後には「130か80か」になる ・5%部分は投資先企業が利益を稼ぐこと。この有利性は時間とともにその幅を拡大すると期待される。企業が利益を稼ぐには時間がかかるから当然のこと。だから資金を投じて「持っていること」が株式投資の本来の姿 ・短期間に売買するのは、このプラス部分がない中でのゼロサムゲーム。売買手数料だけ不利なバクチ。 ・外国為替も短期売買と同じ。「リスクに見合うだけのリターンがあるはずだ」と理論上いえる生産活動への資本提供、すなわち「投資」ではない。ここに誤解が多い 20051017013555

google adsense

関連記事

no image

ヘンリー・ジェンキンス「世界とつながる子どもたちの大進化 経験の格差こそ問題(World Voice)」週刊ダイヤモンド2007/12/22

20071219060000 ・インターネットの普及に伴うデジタル世界の膨張によって、子どもも

記事を読む

no image

野口悠紀雄「経済学は金銭に換算できるものだけを対象にしているわけではない(通説粉砕WOW!WOW!経済塾)」週刊東洋経済2006.6.3

野口氏のこのコーナーは非常にオーソドクスな考え方をしっかりと伝えてくれている。こういうことを分かった

記事を読む

no image

「“非常識”なヒコーキ ホンダジェットの勝算(特集/ボーイングvs.三菱vs.HONDA)」週刊東洋経済2008.9.20

20080925060000 この週の東洋経済は飛行機特集できわめて専門的な記載が多く、普通のビジ

記事を読む

no image

野口悠紀雄「貿易大国から脱していない日本人の意識(「超」整理日記)」週刊ダイヤモンド2006/04/29・05/06合併号

週刊ダイヤモンドと週刊東洋経済というイガミ合う2誌に、著者の同じようなコラムがある。どれを読んでも明

記事を読む

no image

塩田潮「政権奪取は可能か 試される小沢代表(Focus政治)」週刊東洋経済2007.9.1

普段、一応目を通すものの大体は特に強い感想も持たないコラムである。今回は、次の件だけが気になった ・

記事を読む

no image

鈴木棟一「金融庁処分連発に潜む主導権奪取の事情(新・永田町の暗闘)」週刊ダイヤモンド2006/06/10

20060605235959 最近、与謝野・中川と竹中の対立が言われている。そのことと、最近の金融

記事を読む

no image

佐藤優「「若いやつを鍛える」で組織は維持できない(知の技法 出世の作法 第249回)」週刊東洋経済2012.06.16

20120904234111 外務省という組織で最終的に失職とはなった。それでもその後にこの人

記事を読む

no image

池田信太朗「オーケー(食品スーパー)(戦略フォーカス 顧客の囲い込み)」日経ビジネス2006年10月2日号

少し前の記事だけど。ほんとにこの兄弟はすごいと思う ・「二十世紀梨 まだ最盛期に比べたら。今ひ

記事を読む

no image

高橋由里ほか「産科・小児科・外科…医療の担い手が消える(特集/日本の医者・病院・診療所)」週刊東洋経済2007.11.3

どういう意味なのか、よく分からないけど、興味深かった記事。近所にいつも携帯電話で話をしているお母

記事を読む

no image

井上裕「永守重信氏 企業買収で人を育てる(編集長インタビュー)」日経ビジネス2006年3月27日号

20060413014000 永守氏のインタビュー記事。ササッと読もうとして、やはり立ち止まってし

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑