日下公人「男性的日本へ」PHPソフトウェア・グループ

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(書籍), 日下公人

また著者の新刊を買ってしまった 著者の良さ、売れる秘訣はこの辺か。固定観念への挑戦、新しい見方の提示、前向きで明るいビジョン、豊富な事例紹介、民間への信頼、官僚に対する不信、日本に対する愛情 細かいところでは、かなり柔らかい記述も目立つ。それぞれの専門家から言わせれば不正確な例証もあるんだろう。ただ、基本がしっかりしていると考えるし、大筋での方向性について違和感がない エッセイ集なので、簡単に読み進められる。そもそも著者の文章は極めて平易で読みやすい。体に優しいご飯みたいな感じ p26.たとえば、”日本は油田を支配する”と言ってみてはどうか。世界はきっと安心する。日本は公正で公平な国で、必ずや人類共通の資産である地下資源を有効に分配するシステムをつくるだろうと喜ぶ p43.何でも現場へ行ってさわらないとダメらしい。ユニークでオリジナリティがある発想と説得力のある発言は触覚から―である。手は頭のうち p51.麻雀を学校で必須科目にせよ。麻雀を公務員試験とせよ。リズムが良い人に政策立案をさせよ p70.イギリス貴族の子供教育は、”Be optimistic”と、”Be brave”の2本立てだと言う。決して、決して、知識教養を身につけろとは言わないらしいが、大いに同感である p95.日本人からこう理詰めで反論されるとはまったく予想してなかったらしい。たいへん驚くので、こちらも驚いてしまった。フリーダンさんは調査もせず、思慮もつくさず、思い込みで日本の女性の地位は低いと主張していることがわかったからである(彼女を持ち上げた当時の新聞や識者にも”本人に質問してみたのか”と聞きたい) p100.役人は欲に囚われて正しい計算ができないのだから、役人に制度設計をさせるな、予算を持たせるな p108.「ベルギーに限らず、ヨーロッパ中の女性は誰でも専業主婦になりたい。しかし男の給料が安いから共働きをしているのであって、日本の男性が食べさせてくれるのなら、そのほうが理想だ。それを遅れているとは何事ですか」と言ったので日本側は口をあんぐりだった p110.子供を生み育てるのは最高のレジャーである。家族手当はお金だけ、育児休暇は時間だけ。人間サービスがいる。人間サービスは市役所の人ではダメで、やはり、おじいさん、おばあさん。実際、おしいさん、おばあさんが一緒になることが増えてきた。その世代は金持ちだから、家を買うのに援助をするが、そこで一緒に住んだほうがちょっとしたときに便利だと、お互いの意識が変わってきた。これからは子育ての苦労はずいぶん減って、むしろ楽しみが増える。 p111.男の気持ちも変わってくる。扶養義務が達成されれば気持ちは経済的向上から家族愛のほうへ移るというのは動物的本能である。「銀がねも金がねも玉もなにせむに まされるたから子にしかめやも」中流中産階級的消費の喜びを日本は卒業したから、今度は子だくさんの幸せに価値の重点が移るはずである p117.海外生活が長い商社や銀行の駐在員のなかには、定年後もそのまま現地に残る人が多い。そういった人びとはメイドを雇った経験があるので、出稼ぎ学校を設立し教育者として第2の人生を歩んでもらうのも悪くない p124.ただ走るだけの車は20万円でもつくれるが、それを200万円、2,000万円にするのは日本市場が求める「文化と芸術」を盛り込むのに成功したからである。すなわち製造業と言うよりは、先端産業と言ったほうが実態に合っている p137.21世紀において、日本は経済の最先端分野を担当することなると思うが、その基盤となるべき政治、社会の姿は日本がいちばん良いものをもっている。それはまだ崩壊していない。崩壊しているように思うのは、たぶん新聞、テレビ、週刊誌の読みすぎである。もっと日本の現実を見てほしい p170.日本人は略奪を嫌い、勤勉を好む。島国でお互いに気心が知れた仲なので、相手の気持ちや事情を察するという高級な心情と技術が成立している。内部摩擦が無くて内部コストが低い。気持ちよく働けるから、略奪するより自分で働くほうが楽しい。欧米は原始的蓄積を略奪で行ったが、日本は二宮尊徳の教えの通り自らの勤勉によって原始的蓄積を成し遂げた。日本はいくら奪われても高度な勤勉主義で困難を克服し、やがて復興してしまう。再起不能になるかと思ったら、また別の手で金持ちになる。これが日本の底力である p178.ワシントンにいるとき、メイドさんを使った。そのメイドの話がなかなか面白いので、もう仕事はいい、給料は払うから雑談しよう。何か聞かせてくれと言うと、こんな話がでてきた。ワシントンには新聞社でも放送局でも特派員が山ほどいるが、彼らよりメイドさんのほうがすごい情報を持っているとは発見だった p182.日本は「アメリカには道義がある」と思っていた。少なくとも「不道徳な振る舞いがあまりない国だ」と思っていた。不道徳があるとすれば中南米や中東においてで、こちらには来ないからいいと思っていた。しかし、理屈で考えれば、他にすることは日本にだってする。なぜ日本にしないのかといえば、右のような特殊状況があったからである p204.まず「経済制裁」以外の言葉を考えるべきである。「注意喚起的指導」とか「忠告的経済手段」とか「平和維持の非常措置」など、言葉はいくらでも思い浮かぶ。「友好親善的抱擁政策」を行いますと言って、徐々に締めつける手段もある 20051104000245
男性的日本へ
posted with 簡単リンクくん at 2005.11. 4
日下 公人著
PHPソフトウェア・グループ (2005.10)
通常24時間以内に発送します。

google adsense

関連記事

no image

藤原和博「お金じゃ買えない。」ちくま文庫

こういう本や、こういう本を読んだので、せっかくなので、あわせて読むことを勧められていたものを読んでみ

記事を読む

no image

山田真哉「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」光文社新書

万人に薦められる 流行り本系の香りがするので、速やかに売り飛ばすつもりで読み始めた。軽やかに読むこ

記事を読む

no image

横田好太郎「キヤノンとカネボウ」新潮新書

何かの雑誌で紹介されていた本。1時間程度で読み終わる内容 非常に対照的な職場に在籍した著者の貴

記事を読む

no image

池上奈生美外著「インプロであなたも「本番に強い人」になれる」フォレスト出版

この程度の本であれば、30分程度で読むべきだろう 一読すると面白くないようにも思える。内容として特に

記事を読む

no image

マイケル・ルボーフ「自宅にいながらお金持ちになる方法」ダイヤモンド社①

20071119060000 大昔に買っていたのだが、最近まで読まなかったこの本。そろそろ

記事を読む

no image

金井寿宏・高橋俊介著「キャリアの常識の嘘」朝日新聞社

構成が面白い。2人がキャリアに関する20の質問にそれぞれの考えで答えを出していく。読者はそれを比較し

記事を読む

no image

荒濱一、高橋学「 結局「仕組み」を作った人が勝っている」光文社

タイトルに惹かれて購入した本。簡単に読み進められるし、内容的にも事例の紹介の部分と、その纏めと主張の

記事を読む

橘玲「日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル」ダイヤモンド社

20130821001756 日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル著者 : 橘玲ダイヤモンド社

記事を読む

no image

西川善文「ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録」講談社

20120514002041 コンフリクトが面白かった。SMFGの増資の際、GSとの合作で実現した

記事を読む

no image

野村正樹「上に立つ人の24時間管理術」すばる舎

自分でも、よくもこの類の本ばかり読んでいるという気がする 上司の立場から、時間管理という切り口でハッ

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑