友國八郎「求められる人になろう 会社は最高の教室だ(有訓無訓)」日経ビジネス2005年11月21日号

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 日経ビジネス

商船三井最高顧問の談話。大雑把な話で、よくある話だけど、気になった 昔、私が相当高度なレベルの教育機関に関係していたころ、「こんなに勉強して、いつになったら勉強をしなくていいのか」と嘆いている学生がいた。社会人として特定分野で活躍する夢は持っており、いまそのための勉強しているのだが、生来的には勉強が嫌いという。しかし、一般から見たら驚くほどの高学歴を築いてきているのである。それも優秀な成績で。 私は当時すでに社会人としての経験を有していたので、こういう受け答えをしたと思う。教育機関におけるカリキュラムを履修したことで勉強を終えたことにはならず、むしろ実業の世界に入ってからも勉強だし、むしろ濃い。さらに、その知識や経験も常に更新されていく宿命にある。したがって、いつになったらとか、どこを卒業したらとか、どんな資格を取ったらとか、そういうことで勉強が終わりということはない この記事中の発言で面白いのは、「学校を出たら勉強しろ」と言っていることである。学校のときの勉強には触れられていない 最近の学生はよく勉強している。自分の学校生活とは違っていて、英会話もそこそこできるし、ちょっとした資格を取っていたりして、なかなか目端の利く小利口な感じの学生さんが多い。しかし、いくら帰国子女といっても、また大学院卒でも、また難易度の高い資格を有していても所詮は新入社員。2年目、3年目とは格が違う、という気がしたものだ この学生と社会人の明らかで大きな違いのほかに、一見わからないが、少し付き合うとわかってくる社会人の中の格の違いがもっと大きい。前者は所詮、経験していない、というだけで、経験すれば見えてくるだけのことかもしれない 後者は、この記事でも言われていることと同じである。漫然と会社生活を暮らしている人が、どうしようもない人間になっていることがある。特に、バブル入社の周辺と、それより上の世代で気になる。まずは会社従業員は、会社に勤務することが主たる生活資金の稼ぎ口なわけだから、それなりの真剣さがあってもよかろう 知識、経験についても、昨日転んだことで今日は転ばない。できれば、そこからの教訓を派生させて、より成長することというのは、マメに考えて行動することで、凡なる頭脳でも可能なはずだ。それすら行おうとしない人間は、本当に生きていると言えるのだろうか、と思う ・「転職するなら、どういう会社がいいですか」との相談に対しては、「自分の値段を上げる工夫をしろ、そのための手段は、今いる会社の中にある」と答える ・この10年の日本の企業の構造改革の結果、決定的に重要になったのが「人材の市場化」 ・「人材の市場化」に個人が立ち向かうために教訓的に言うと、「ともかく学校を出たら勉強しなさいよ。それはすべて、自分のためなんだよ」 ・昔のような「会社のために働けよ」、「会社のためにちゃんと勉強しろよ」ではいけない ・一番勉強ができるのが会社の中だ。善悪あわせて生の人間の教材がごろごろしている最高の教室 ・プロ野球のように、有能な選手であれば戦力外通告を受けてもぱっと誰かが買いに来るようになるので、油断なく自分を高めておくことが重要 ・同じように大学を卒業して入ってきたのに、心して勉強している人と、そうでない人は、ものすごく差がつく 20051126005000

google adsense

関連記事

no image

塚田紀史「『世界クジラ戦争』を書いた政策研究大学院大学教授小松正之氏に聞く(Books & Trends)」週刊東洋経済2010.3.6

本質と違うところで、すごく気になった。南極大陸の内側にできたという、「湖のようなもの」が、漠然とおそ

記事を読む

no image

山田昌弘「若者の希望を潰す新卒偏重の採用 (The compass)」週刊東洋経済2009.1.24

学者や言論人というのは、自分の言うことを決して変更しない、そしてそれが常に正しいように努力するので、

記事を読む

no image

「トヨタ自動車社長渡辺捷昭(Key person interview)」週刊東洋経済2005.7.23

20050721180200 トヨタの新社長に対するインタビュー記事。掲載された上半身の写真で、渡

記事を読む

no image

野口悠紀雄「われわれは生活防衛策を真剣に考える必要がある(『超』整理日記430)」週刊ダイヤモンド2008/09/20

このコラムにおける日本に対する著者の傾向は前からかなり悲観的であるが、今回は悲観そのもの。本旨とは違

記事を読む

no image

鈴木棟一「日銀総裁空席が決定 福田政権の視界不良(連載 新・永田町の暗闘)」週刊ダイヤモンド2008/03/29

20080328060000 政治家は国家のことを考えている。国家の運営を行うために、すでに力を握

記事を読む

no image

山崎元「『株式投資はバクチだ』と説明してはどうか(マネー経済の歩き方)」週刊ダイヤモンド2005/10/22

いつものことながら、いい題材を取り上げて、絶妙な説明をなさっている。この「バクチです」については、同

記事を読む

no image

冨岡耕「豪空港ファンドが日本上陸 狙われた「羽田」視界不良の攻防戦(スペシャルレポート)」週刊東洋経済2007.10.27

タイトルの羽田になぜカギカッコがつくのかもわからないが、下に引用する文において空港ビル関係者がなぜ「

記事を読む

no image

佐藤優「仕事上で有益な人物とどのように知り合うか(知の技法 出世の作法)」週刊東洋経済2007.9.8

20071021120800 この連載は、内容はあまり信用していない。が、面白いのでかなり細かく読

記事を読む

no image

原田泰「インセンティブが働かない日本社会(The compass)」週刊東洋経済2006.6.10

できないことを「できる」という。現実と建前が違う。こういうのってすごく多くて、すごく気になる 確か

記事を読む

no image

塚越寛「トレンドに翻弄されず「社員の幸せ」を優先(有訓無訓)」日経ビジネス2007年9月3日号

200710130742 人を雇い、人を使うということは何と難しいことかと思う半面、その可能性を強

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑