BS朝日・矢動丸プロジェクト編「賢者の選択」ソフトバンクパブリッシング

公開日: : 最終更新日:2012/09/05 書評(書籍)



国内旅行で温泉旅館に泊まったとき、夕食に謎の食前酒が出てきて思い切って飲み干すことがある。この本はそんな感じ。これってオモチャみたいな酒だなあ。確かにアルコールは入っているけど、最初にそんな軽すぎる味わいがあって、騙されたような後味が残る

新しい目の経営者10人がそれぞれの自分の決断の場面について語る内容。見事に統一性が取れておらず、本全体を通る背骨が見つけられない。表紙にある10人の顔写真を見て、それが誰だか半分以上わかるようであれば、この本は読む必要がない。アペラシオンでも純米大吟醸でももっと手ごたえのあるものが世の中にはたくさんある。

エッセンスのエッセンスを、それも極めて短時間のうちに知りたい、それで人にミニ知識をひけらかすくらいはできる。また、人名録くらいにはなるかな。10人じゃ少ないけど

1時間くらいで読み終わりたい



p31.(南部靖之)でも私の母親はそうじゃない。私の絵を10円で買ってくれるんです。その10円で、私は新しい画用紙が買える。それに、そうしていると算数で負けても絵では負けないという自信に変わるのです

p41.(南部靖之)「みんながどう言うかは関係なく、やるべきことはやらなあかん」という親父から学生時代に言われた言葉がいつも私にある。だから私はやろうと決めているんです。迷ったらやらないという選択肢もありますが、私はやって損をしたことはないのです。人からは失敗だったと言われますが、人生は長い。私は70歳になったときに自分の人生を振り返ってみて、地位やお金でなく「生き方」という意味で自分のやりたいことを全部やりきって、それでよかったら、”ワハハ!”と自分の人生を笑いながら振り返ろうと思います

p71.(松井道夫)よく、虚業は世のため人のためにならない仕事、実業は世のため人のためになる仕事などと言われます。でも私は、虚業とはお客様が認めないコストで成り立っている業であり、実業とはお客様が認めるコストで成り立っている業だと考えます

p95.(折口雅博)僕はいろいろなところに行くときに、いつも当事者意識を持ってその場所を見ていました。お客様の立場で行くのではなくて、自分が経営者の立場だと思って見るということです

p99.(折口雅博)起業するときに、全部がうまくいくからやる、うまくいかないならやらないと、単純な選択をする人もいますが、すぐにうまくいかなくても、経験や実績を踏まえて肥やしにすれば、さらに上に行けるということもあります

p120.(高原慶一朗)女性の商品を男性が売ることに関しては、抵抗があったかもしれません。しかし、私はそれを逆手に取りました。私自身がお客様や販売店の方の前で生理用品を股間に挟み、商品の説明を行ったのです。みなさんはおかしがる一方で、それだけ熱心なのだと納得されました

p137.(宇野康秀)そこから1年半くらいの間、社員たちと本気の活動が始まりました。有線放送のサービスは稚内から石垣島までいきわたっていたため、全国で750万本もの電柱を使用していました。電柱使用を正規申請するためには、すべての電柱を写真に撮り、図面に落とし、電力会社やNTTなどの各電柱所有者に提出していくという膨大な作業がありました。当然、本業も継続していますので、その合間に毎日毎日、社員たちが電柱の写真を撮るという大変な作業を行っていたのです

p157.(野尻佳孝)いまでも寝る前に、3年先の未来日記を書きます。未来から逆算して書くんです。「3年で上場。そのためには2年でこれだけになっていなければいけない。だったらいま何をしなければいけない」という日記のつけ方です

p199.(渡邉美樹)「和民」を取ったのは、夢もありますし、一回ファイティングポーズを下ろしてしまったら、僕は経営者としてダメになると思ったからです。勝つか負けるかわからないけれど、ここは闘わなければいけないところってあります。もし僕が安全な道を選んでいたとしたら、当時の社員は僕を見切るでしょう。「あいつは10年で店頭公開するって言って、根性はここまでか」と。だから僕は、ここは引けないと思いました



20051208221136

google adsense

関連記事

no image

ロバート・キヨサキほか「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」筑摩書房

豊富な事例を滝のように出してくれる。同じ主張を、手を換え品を換え、これでもかこれでもかと説得される

記事を読む

no image

本田直之「レバレッジ・シンキング」東洋経済新報社

いつも思っていたこと、自分がすでにやっていることが、すべきこととして書いてあることはうれしい。しかし

記事を読む

no image

渡部昇一・林望「知的生活 楽しみのヒント」PHP研究所

先日読んだ”林望「知性の磨きかた」PHP新書”を見つけた際に、あわせて見つけたので読んでみたのがこの

記事を読む

no image

箱田忠昭「いつも忙しい人、なぜか余裕のある人 最後に笑う人の時間管理術」PHP研究所

主張のトーンがハードで気に入ったな。おもしろくて休憩を入れずにあっという間に読み終わってしまった で

記事を読む

no image

デイジー・ウェイドマン「ハーバードからの贈り物」ランダムハウス講談社

お得な読み物。学者が精魂を込めて語る話。それぞれが短くて完結しているのが良い。 読後直ちに感じた、

記事を読む

no image

梅原猛 町田宗鳳『仏教入門 法然の「ゆるし」』新潮社とんぼの本

20111120154722 法然が気になる。正確にいうと、昔から気になっている。子供向けの、日本

記事を読む

no image

マーク・ルイス「悪いヤツほど成功する7つの法則」ベストセラーズ

なぜいま5年前の本を読んでいるのか分からないけど そしてどうでもいいことに気づいたんだけど、KKベス

記事を読む

no image

倉田真由美・山崎元「ダメだ!この会社」小学館

第2章以降は会社をいろいろな切り口からダメ出ししてくれる。特に、山崎さんの経験に基づく話が面白い。そ

記事を読む

no image

中山真敬「たった3秒のパソコン術」三笠書房知的生きかた文庫

20090226215800 ときどき、こういうのを虚心坦懐に眺めてみるのもいい。パソコン

記事を読む

no image

団藤重光「法学の基礎 第2版」有斐閣

20120211212529 久しぶりにこんな硬い本読んじゃったなあ。基礎というものの、難しくて最

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑