井沢元彦「古寺歩きのツボ」角川oneテーマ21

公開日: : 最終更新日:2011/09/03 書評(書籍)

おもしろかった。内容は簡単。しかし、半分以上は既に知っている知識だったので、これは話半分というところか。初心者への古寺への観光のガイドという感じ。もう少し掘り下げても、という気もするが、ここから先は他の多くの類書に任せるという著者の立場のほうが正解か 確かに著者が言うとおり、それぞれの仏像が何者であるかについての理解が、日本の人には薄すぎるように思う 京都と奈良は、ここで紹介されたもののほとんどは訪問済みである。一方、小浜、大津、そして国東はまだ行ったことがない。これを読んで行ってみたい気がしてきた p12.今、仏像、建築、庭園が古寺の三大要素だと言いましたが、実はこの三大要素をすべて兼ね備えている寺は、ほとんどないと言ってもいいぐらいです。なぜかというと、たとえば飛鳥・奈良時代のお寺は、仏像や建築には力を入れていますが、庭園を造るという発想がありません。日本で庭園というものが定着したのは禅宗が入ってからですから、少なくとも鎌倉時代以降ということになります p38.実際に計算するとこのように57億6,000万となるのですが、言い伝えられるうちに、どうも7と6が入れ替わってしまったようで、今では56億7,000万年後と言われています p42.今、申し上げたような知識を儀軌と言います。その仏像がどんな意味を持つかということを、経典上の知識などから、解説したものです。この儀軌は、たとえばそれが地蔵菩薩ならば、平安時代に造られたものでも、鎌倉時代に造られたものでも、江戸時代に造られたものでも、全部共通するわけです p47.これは仏教にとっては、極めて悪しき伝統であって、そのために仏教は、かつてもソビエト、あるいは共産圏の商店のように、客はそこで買うしかないわけですから、品ぞろえが悪く、店員は横柄でサービスも悪いということになってしまったのです p56.禅はこの常識を打ち破りました。どんなに身分の高い人間でも、仏道修行をする以上は、全部自分のことは自分でやりなさい。自分の身の回りのことは、自分で片付け、食事も自分で作るのが正しい修行の道だと教えたわけです p57.そもそも禅というのは、中国で起こり、日本に伝わったものなのですが、中国では禅のよき伝統が残りませんでした。韓国でも残りませんでした。いちばんよく残ったのが日本なのです p58.禅宗の世界観では、天地というものが一つの象徴であり、その天地の原理を悟ることを重要視しました。そのため、それを身につけるために、さまざまな庭園が造られるようになりました p97.小浜というのは、住んでいる方には申し訳ないのですが、小さな町です。どうしてこんなところにこれほどたくさんの国宝や重要文化財があるのか、と思うようなところなのですが、実は昔は交通の要衝だったのです 20051226233620
古寺歩きのツボ
posted with 簡単リンクくん at 2005.12.26
井沢 元彦〔著〕
角川書店 (2005.4)
通常2-3日以内に発送します。

google adsense

関連記事

湊かなえ「告白」双葉文庫

20140413111232 告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)著者 : 湊かなえ双葉

記事を読む

no image

藤本壱「これだけは知っておきたい Webアプリケーションの常識」技術評論社

20120525004813 思うところあって、少しずつネットやウェッブやプログラミングの基礎を勉

記事を読む

no image

カーマイン・ガロ「スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン」日経BP社

20110305225307 この本を読んでからスティーブ・ジョブズのプレゼンを見るように

記事を読む

no image

佐々木亨「学べる! 山歩きの地図読み」山と渓谷社

20130427002332 山を歩くための地図の読み方の基礎が分かる。地図の種類や注意点

記事を読む

no image

阿刀田高「アイデアを捜せ」文藝春秋

20120211211338 聖書を知っていますか、の一連は昔読んだ。軽妙洒脱な味わいの文

記事を読む

no image

ケン・ブランチャード「ザ・リーダーシップ」ダイヤモンド社

リーダーシップのいろはが、ストーリー仕立てでわかりやすく説明されている。ストーリーが陳腐になりがちな

記事を読む

no image

ダニエル・ピンク「ハイコンセプト」三笠書房

20121014112137 ちょっと古い本だけど、早く読んでおけばよかった。評価の高い本

記事を読む

no image

大前研一「遊ぶ奴ほどよくデキる!」小学館

昔買って読んだ本を読み返した かなり自由に好きなことを書いたな、という感じのする本である。確かに著

記事を読む

no image

司馬遼太郎「王城の護衛者」講談社文庫②

20130313185500 よく知らなかったんだけど、これ短編集だったんだ。すべてが松平

記事を読む

no image

五十嵐順子「いちばんやさしいネットワークの本」技評SE選書

20120527142708 タイトルに偽りなし。全体の理解のために必要。だだし、やさしすぎるので

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑