井上裕「金川千尋氏 最後は経営力で勝つ(編集長インタビュー)」日経ビジネス2006年3月6日号

公開日: : 最終更新日:2012/08/05 書評(雑誌), 日経ビジネス



昨日の“宮東治彦・小笠原啓「成長の限界に挑んだ信越化学 金川千尋怒りの経営」日経ビジネス2006年3月6日号”の続き

井上氏は日経ビジネスの編集長で、このインタビューの聞き手



問 当たり前の話ですが、会社は成長を追わなければならない。それは何のためでしょうか。

答 株主のためですよ。資本主義社会では、会社の所有者は株主でしょう。私は株主の「召使い」に過ぎません。株主を満足させるために、社長が一番働かなければならない。

最近では社会のためとか、変なことを言っている人も多いけど、それはもう大前提ですよ。コミュニティーとの関係とか安全、公害防止や法令順守なんていうのは、もう当たり前のお話。言うに値しないことですよ。

問 ホリエモンは大前提を無視してしまった。

答 その通り。会社は株主のもので、利益を追求するものです。その点に限れば、ホリエモンは間違っていない。利益を追求するからこそ、税金も納められます。この10年間で信越化学は数千億円納税しました。これは大変な寄付ですよ。政府がうまく使いさえすれば、あんな膨大な負債は生まれないはずですよ



ホリエモン事件後の反動をどう評価するか。ここで引用したような、是々非々の理解が確りとなされているだろうか。いや、深層心理では皆が重々承知しているかもしれない。が、立場上このような揺り戻しを心地よく思う考えは、それが嫉妬によるだけでなくて、相当数存在するのではないだろうか。マネーゲームは間違っているとか、汗水たらして人に認められて云々、だから若いうちは単純労働でも黙って云々とか、そういう説得方法しか知らない人間は、所詮その程度の頭なのだ。だから、金川氏から「大前提」や「当たり前」や「言うに値しない」と切って捨てられてしまうべき、そういう人が細い蜘蛛の糸をまだ維持できているということではないか

ホリエモンの件で企業家精神が挫かれるとすれば、そのなかで耐えている人にとっては優秀な挫折者を被用者とすることができるチャンスだろう

私も昔は、結婚しているだけで、子供がいるだけで、年功があるだけで、受け取る給与が違うということに強い憤りを感じていたが、自分がその受益者になるに連れ、居心地の良さから何も言いたくなくなってきた経験がある

“ロバート・キヨサキほか「金持ち父さん貧乏父さん」筑摩書房”“ロバート・キヨサキほか「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」筑摩書房”でのアイデアを思い出した。確か、こんなことを言っていたような…。お金に関する教育は家庭で行われるが、それを知らない家庭は学校で一生懸命勉強するよう教育する。しかし、学校ではお金儲けのことを教えてくれず、既存の職業につき、人に使われることを教えてくれるだけであり、それでは貧乏なままである。なぜなら、学校にいる教師がそもそもお金儲けができない者だからだ

20060404004100

google adsense

関連記事

no image

山村武彦「過去の大災害が揃って周年を迎える不気味な年に(特集総予測2007)」週刊ダイヤモンド2006/12/30・2007/01/06新年合併号

代表性というか、たまたま周年の一致するものを集めた気がする。統計のマジックという部分で割り引いて読む

記事を読む

no image

岩井聡「日本人が面白いと思うものは世界で見ても「面白い」! 特集/日本をぶち壊せ!」週刊東洋経済2009.4.25

人事を尽くして天命を待つ、といういい方がある 岩井社長の話は、常に気づきを与えてくれる、ような気が

記事を読む

no image

佐々木常夫『「捨てる仕事」を決める――出ない、会わない、読まない(ワークライフバランスを実現する仕事術)』週刊東洋経済2009.6.13

今日はone by oneで ・出なくて済む会議はできるだけ出ないようにしてきた。組織横断的会

記事を読む

no image

齋藤孝「勝つか破産かモノポリーで知る資本主義の本質」週刊ダイヤモンド2005/06/11

先日、この連載の前回分において五芒星と六芒星を間違えているのではないかという指摘をした。その後、知人

記事を読む

no image

井上裕「武藤信一氏 信用力を多面展開(編集長インタビュー)」日経ビジネス2006年5月15日号

確かに新宿伊勢丹は駅から遠い。今後は地下鉄の開業で駅前になるようだが、これまでその事実を必死に捉えて

記事を読む

no image

佐藤優「日本の組織で育ちにくい高度な専門的能力(知の技法 出世の作法)」週刊東洋経済2008.2.9

英語が話せても話せなくてもやっかいなのが日本人社会人の現状。話せるのに話せない振りをするというズルが

記事を読む

no image

吉川洋「低すぎるサービス業の生産性(経済を見る眼)」週刊東洋経済2007.5.19

最近、週刊東洋経済がおもしろい。今週号の「未来時給」という特集も興味深かった。いつもは読まない人も今

記事を読む

no image

池田信太朗「オーケー(食品スーパー)(戦略フォーカス 顧客の囲い込み)」日経ビジネス2006年10月2日号

少し前の記事だけど。ほんとにこの兄弟はすごいと思う ・「二十世紀梨 まだ最盛期に比べたら。今ひ

記事を読む

no image

林南八「カイゼン寓話『お婆ちゃんの七面鳥』当たり前のことに疑問を持て」週刊東洋経済2006.3.11

筆者の肩書きは「トヨタ自動車技監」。”トヨタ自動車の誇る生産管理の「神様」”とのサブタイトルもある

記事を読む

no image

楠木建「証券界の反逆児 松井証券社長 松井道夫(戦略ストーリーの達人たち)」週刊東洋経済2012.1.14

20120215233715 慣行に囚われない。本質を見る。自分の考えに素直になる。歴史から学ぶ。

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑