井上裕「金川千尋氏 最後は経営力で勝つ(編集長インタビュー)」日経ビジネス2006年3月6日号

公開日: : 最終更新日:2012/08/05 書評(雑誌), 日経ビジネス



昨日の“宮東治彦・小笠原啓「成長の限界に挑んだ信越化学 金川千尋怒りの経営」日経ビジネス2006年3月6日号”の続き

井上氏は日経ビジネスの編集長で、このインタビューの聞き手



問 当たり前の話ですが、会社は成長を追わなければならない。それは何のためでしょうか。

答 株主のためですよ。資本主義社会では、会社の所有者は株主でしょう。私は株主の「召使い」に過ぎません。株主を満足させるために、社長が一番働かなければならない。

最近では社会のためとか、変なことを言っている人も多いけど、それはもう大前提ですよ。コミュニティーとの関係とか安全、公害防止や法令順守なんていうのは、もう当たり前のお話。言うに値しないことですよ。

問 ホリエモンは大前提を無視してしまった。

答 その通り。会社は株主のもので、利益を追求するものです。その点に限れば、ホリエモンは間違っていない。利益を追求するからこそ、税金も納められます。この10年間で信越化学は数千億円納税しました。これは大変な寄付ですよ。政府がうまく使いさえすれば、あんな膨大な負債は生まれないはずですよ



ホリエモン事件後の反動をどう評価するか。ここで引用したような、是々非々の理解が確りとなされているだろうか。いや、深層心理では皆が重々承知しているかもしれない。が、立場上このような揺り戻しを心地よく思う考えは、それが嫉妬によるだけでなくて、相当数存在するのではないだろうか。マネーゲームは間違っているとか、汗水たらして人に認められて云々、だから若いうちは単純労働でも黙って云々とか、そういう説得方法しか知らない人間は、所詮その程度の頭なのだ。だから、金川氏から「大前提」や「当たり前」や「言うに値しない」と切って捨てられてしまうべき、そういう人が細い蜘蛛の糸をまだ維持できているということではないか

ホリエモンの件で企業家精神が挫かれるとすれば、そのなかで耐えている人にとっては優秀な挫折者を被用者とすることができるチャンスだろう

私も昔は、結婚しているだけで、子供がいるだけで、年功があるだけで、受け取る給与が違うということに強い憤りを感じていたが、自分がその受益者になるに連れ、居心地の良さから何も言いたくなくなってきた経験がある

“ロバート・キヨサキほか「金持ち父さん貧乏父さん」筑摩書房”“ロバート・キヨサキほか「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」筑摩書房”でのアイデアを思い出した。確か、こんなことを言っていたような…。お金に関する教育は家庭で行われるが、それを知らない家庭は学校で一生懸命勉強するよう教育する。しかし、学校ではお金儲けのことを教えてくれず、既存の職業につき、人に使われることを教えてくれるだけであり、それでは貧乏なままである。なぜなら、学校にいる教師がそもそもお金儲けができない者だからだ

20060404004100

google adsense

関連記事

no image

「サンリオ ハローキティ(特集 世界に誇る日本の商品100)」日経ビジネス2012/10/15

20130407233806 最近、キティが仕事を選ばずに働いていると聞く。株主として株価上昇が嬉

記事を読む

no image

鈴木棟一「靖国参拝を強行する小泉首相の新の狙い(新・永田町の暗闘)」週刊ダイヤモンド2006/07/08

週刊ダイヤモンドは終わりに近づくに連れ、読み応えのある内容となっているのが興味深い雑誌である。最初の

記事を読む

no image

後田亨「現役セールスマンが教える保険販売の”ウラ側”と対処法」週刊ダイヤモンド2008/02/02

20080207060000 数年前に保険を全面的に見直した。悪い商品を解約して、良い保険商品に乗

記事を読む

no image

野口悠紀雄「都知事選での大差と『宇宙戦争』の火星人(「超」整理日記)」週刊ダイヤモンド2007/04/28・05/05合併号

なるほどねえ。マラソンを開催したとか、オリンピックを開くとか、そういう争点についてもっとも正鵠を射て

記事を読む

no image

予期せぬ国債暴落が招く日本経済「没落」のシナリオ(特集/検証!大増税) 週刊東洋経済2012.2.4

20120220012254 先日に読んだ本ではアメリカのケースが触れられていたので、ここ

記事を読む

no image

武田隆「企業のSNSとのつき合い方(本 著者に聞く)」日経ビジネス2011.9.26

20111001144414 笑った ・実生活における「自分」と強く関わり、実名で登録するこ

記事を読む

no image

宮東治彦「新春特別対談 歴史に探る国と企業の盛衰の理」日経ビジネス2006年12月25日・2007年1月1日号

記事は少し古くなる。年初の日経ビジネスにおけるカルロス・ゴーン氏と塩野七生氏の対談より 年末年始に活

記事を読む

no image

佐藤優「日本を危機から救う国際エリートの育成(第225回知の技法出世の作法)」週刊東洋経済2011.12.17

20111215001135 ほんと、この人の多作と教養には感服する。いつも目を見開きながら楽しみ

記事を読む

no image

大宅映子「本来あるべきゴルフの姿に」週刊東洋経済2005.7.23

20050722001100 ゴルフが接待用に調整されている日本の現状に対して憂いを表明する。現在

記事を読む

no image

草刈隆郎「“全員参加型社会”構築は急務 だが職種別同一賃金には反対」週刊ダイヤモンド2008/03/08

20080324060000 多様な人材の活用を考えるとき、フルタイムの長期雇用は引き続きコア

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑