戸田顕司「企業再生を新たに担う 『ユニクロ』前社長、玉塚元一のプロ経営者への挑戦(企業再生最前線)」日経ビジネス2006年3月6日号

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 日経ビジネス

玉塚氏の更迭と新たなコンサルティング会社の立ち上げの件は結構なニュースになった。一つには、オーナーによる経営者への明確な否定とその結果としての更迭が珍しかっただろう。また、それを受けて、氏が内部降格でなく会社を去るという進路を選んだのも珍しかった。さらに氏がその後に始めたことも耳慣れしない仕事であり、注目を集めたのだろう。不思議と、この件をテレビ、新聞、雑誌等でよく見かけたような気がする。こういうふうにマスコミにいつも出さしてもらえるとは、広告費が節約できてうらやましい そこでロッテリアなどの支援の話を窺い知ることができるのが、この記事である。今後、果たして氏等がしっかりと結果を出すことができるか。流通業界で評判の人物が百貨店を辞めて衣料品メーカーの経営者になったと思ったら、明確な成果を見ないままに別の会社へ行ってしまったのが無責任に見えたり、鳴り物入りで破綻企業の再生に乗り出した職業的経営者が、前後に経営論の自伝を出して有名にはなったり、再生計画で笑顔を見せたものの、現在において成果が出ずに悪い内容の業績発表の際には顔を出さないということも最近あったような気がする 氏の動きについては、どうなるかな、と当初は考えていたが、この記事を読んで好感を持った。ここでは引用していないが、あるパネルディスカッションにおける再生のプロと目される人たちの中での氏の発言につき、「何か、僕、違いましたよね」と言ったシーンがある。このギャップがすごく面白い
「『衣』しか知らないのに、『食』ができるのか」。飲食業界には、こうした見方もある。これに対して、玉塚は「業界の常識にとらわれない異分子が大切だ」と主張する。停滞した会社を成長させるには従来のやり方をいったんリセットして、顧客起点で新たな仕組みを作り上げることが必要だ。「こうあるべき」という思い込みや、「過去にこうやってきた」という経験は、時として邪魔になることもある。 自らもそうだった。フリースブームでファーストリテイリングの年間売上高は1000億円から2000億円、そして4000億円と倍々で急成長した。最盛期には1年間でフリース2600万点と、ケタ外れのヒットを飛ばした。これを実現する製造や営業、採用などの仕組み作りの刷新を支えたのは、商社出身の澤田であり、メーカー出身の玉塚であり、コンサルティング出身の堂前宣夫(ユニクロUSA代表)ら、必ずしも衣料の専門家ではなかった。与えられた役割を全うできる人材が揃えば、問題を解決できる。 財務出身の篠崎が社長という人事には当人も驚きを隠さないが、玉塚は「人として明るいし、みんなの信頼を得ている。適任だよね」と話す.社長に就任して1ヶ月、篠崎の意識も変わり始めている。「自分は社長を支える番頭タイプだと思っていた。確かに玉塚さんのようなリーダーシップは持っていない。でも、社員の背中を押して目標に向かわせるタイプのリーダーにはなれるかもしれない」。
20060407223700

google adsense

関連記事

no image

山川龍雄ほか「日系人という架け橋(特集ブラジル)」日経ビジネス2006年12月18日号

今回のブラジル特集は、日経ビジネスにしては久しぶりにじっくりと読ませる内容だった 引用はその中の一節

記事を読む

no image

『激戦区で独り勝ち「ルクア」絶好調のワケ(特集/流通サバイバル)』週刊東洋経済2012.2.11

20120221225741 JR私鉄は人の流れを押さえているから、普通にしていても勝てるはず。そ

記事を読む

no image

梅咲恵司「新型軽自動車『アイ』が好発進 三菱自動車『復調』はホンモノか」週刊東洋経済2006.3.4

またまた、専門家がどの程度のものかに関する事例。外部コンサルタントよりの言うことは間違っていた

記事を読む

no image

松崎隆司「三澤千代治氏[ミサワインターナショナル社長]『200年住宅』で夢よ再び」日経ビジネス2008年2月11日号

20080219060000 ・大学4年生の時、駅のホームを歩いていて突然大量の血を吐き、救急

記事を読む

no image

辻広雅文「法人税減税というエゴ(プリズム)」週刊ダイヤモンド2006/11/11

筆者は本誌の前編集長のようだ このエッセイは何なんだろうと思った。凄い独自の見解な気がする。これが

記事を読む

no image

佐藤嘉彦「江南特殊産業(自動車用樹脂部品向け金型の製造・販売)「失敗でできた穴」で世界一(小さなトップランナー)」日経ビジネス2007年3月19日号

20070417221700 このコーナーは週により、すごくおもしろいときと、読まずに飛ばしたくな

記事を読む

no image

山口圭介「三菱東京UFJ銀行(人事天命)」週刊ダイヤモンド2012/1/21

20120211215253 3代先まで誰が頭取になるか読める、ってスゴいことだと思うんで

記事を読む

no image

「平野幸久氏 空港も顧客満足追求(編集長インタビュー)」日経ビジネス2005年5月30日号

日経ビジネスは常に良質の記事を掲載しており外せない。デキる社会人は結構読んでいるとの実感。定期購読し

記事を読む

no image

野口悠紀雄「われわれは生活防衛策を真剣に考える必要がある(『超』整理日記430)」週刊ダイヤモンド2008/09/20

このコラムにおける日本に対する著者の傾向は前からかなり悲観的であるが、今回は悲観そのもの。本旨とは違

記事を読む

no image

山崎元「株式投資と経営者の人物評価について」週刊ダイヤモンド2005/05/28

この方の言葉は、語り口が軽く、内容が平易かつ合理的で、若干の皮肉も効いていて、腹にストンと落ちてくる

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑