田中陽ほか「藤原秀次郎会長が説く マニュアルこそ優しさの象徴(特集しまむら流)」日経ビジネス2006年5月22日号

公開日: : 最終更新日:2012/09/27 書評(雑誌), 日経ビジネス



20060527004137

浦和で降りられずに大宮とは、なんともリアルでドラマティックな。とても経済誌の中の記事とは思えない

先日のガイアの夜明けでも、一商店だったころのニトリや大塚家具の店舗写真があった。昔にプロジェクトXで見た日本で最初のセブンイレブンの写真も覚えている。こういうのにもドラマを感じる

ここでは、しまむらも当初の名称である島村呉服店となっている。現在シャッターが下りっぱなしになっている歴史ある商店街にもそういう名前の店はたくさんあるだろう。しまむらとの違いは何か。そして、そういうシャッターを閉めた人はどうやって生計を立てているのか。意外と生活には困っていないんじゃないかと想像してみたりする



・流通業界の多くの経営者は強烈なリーダーシップで会社を引っ張り、1代で大企業に育てあげた。しかし藤原にはそんな“太閤記”などない。埼玉の片田舎の呉服店とは縁もゆかりもなかったが、ある出来事が藤原の人生と、しまむらの将来を大きく変えた。それは駆け落ちだった。慶応義塾大学を卒業し、実家の神奈川県横須賀市にある家庭用品・日用雑貨店で家業の手伝いをしていたが、長男が継ぐことになっていた。親に結婚を反対され居場所がなくなった藤原は1970年春、家を出る覚悟をする。「東京では横須賀に近すぎてすぐに見つかってしまう」。誰も知り合いのいない埼玉県の県庁所在地、浦和(現さいたま市浦和区)を目指すことにした。ところが上野駅で飛び乗った高崎線の列車は浦和駅には停車せずに通過してしまい、仕方なく大宮駅で下車し、そのまま大宮で小さなアパートを借りて2人の生活が始まった、藤原が働き口を探そうと新聞の募集広告で目に留まったのが「島村呉服店」。当時、埼玉の北西部の小川町などに3店しかない衣料品店だったが、セルフサービスによる販売手法を57年頃に導入するなど創業者の島村恒俊は近代的な経営を目指す進歩的な人物で、論理的に物事を考える藤原とは馬があった。「小さい会社だから成果がすぐ出る」と思い、しまむらに転がり込んだ





google adsense

関連記事

no image

中島信也「『CMの巨匠』創造の源はコミュニケーション能力(達人に学ぶ)」週刊東洋経済2008.8.16-23

20090103220900 なるほど、かなり使えそうな話 ・私が「周富徳理論」と呼んでいる

記事を読む

no image

鈴木真二「部品点数は自動車の100倍 究極の“すりあわせ”技術(特集/ボーイングvs.三菱vs.HONDA)」週刊東洋経済2008.9.20

20080926060000 執念を感じる一場面。アメリカの巨大企業が日本のラジオ体操をしていた

記事を読む

no image

山崎元「一般株主は企業防衛策を歓迎しない」週刊ダイヤモンド2005/06/11

200506130744 連載「マネー経済の歩き方」から。著者はコンパクトにいいことを言う。冴えて

記事を読む

no image

江田憲司ほか「官僚支配からの脱却と国民の望行政改革の実行こそ急務(日本の政治を問う!)」週刊東洋経済2008.9.27

恐い恐い恐い ・私が橋本総理の政務秘書官のとき、最大のスーパー権力官庁の大蔵省分割がテーマとな

記事を読む

no image

リチャード・カッツ「外資ファンドのように日本の株主も声を出せ(世界の視点)」週刊東洋経済2007.8.11-18

昔読んだ本に、日本の近代産業勃興期の電力会社や鉄道会社の買収などを扱ったものがあった。そういうことは

記事を読む

no image

須賀彩子「不動産市場に忍び寄る地殻変動で生き残り図る新興不動産の”逆バリ戦略”(産業レポート)」週刊ダイヤモンド2007/10/20

これって理屈がおかしいですよね。善解しても、相当端折った書き方か、または文章が推敲されていないという

記事を読む

no image

山崎豪敏「森ビル・森社長に聞く 10年で変わらなければ東京は完全にダメになる」週刊東洋経済2008.4.5

20080428060000 現在の経済雑誌において、先人の業績に対する後続者からの批判として後藤

記事を読む

no image

佐藤優「仕事上で有益な人物とどのように知り合うか(知の技法 出世の作法)」週刊東洋経済2007.9.8

20071021120800 この連載は、内容はあまり信用していない。が、面白いのでかなり細かく読

記事を読む

no image

菅原雅信「ドバイでも日本酒は売れる 4割市場で販売量5倍の秘密――桜井博志氏(特集 売れない時代に私が売る)」日経ビジネス2009年7月13日号

20090912080042 杜氏の存在理由がなくなる事例。誰でも酒造りができる体制。「この人でな

記事を読む

no image

池田光史ほか「偏差値で測定不能な唯一の存在 政財官に深く進出する創価大学(特集 大学全比較)」週刊ダイヤモンド2012/09/29

20120928000456 大学特集なんてのをこんなビジネス誌がやる必要があるのか。って

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑