網干勝弘「奮闘 子育て主夫(生活ファミリー)」日経平成18年5月31日夕刊

公開日: : 最終更新日:2011/09/19 書評(新聞)



日経夕刊は家庭、家族や女性にまつわる記事が多い。日経によれば、そういうのは経済新聞は夕刊でとりあげるべきものなのだ。新聞の宅配制度がある日本ならではの仕組みということだろうか

夕刊だけ購読を止めても金銭的には大した節約にはならない。だからせっかくなので注文する。でもやっぱり大して読むものもないので、紙面を繰る右手の運動だけで終わることが多い。株価そのものを新聞で得る時代じゃないのに前場引けの株価なんか一生懸命掲載されても見ないし、海外のと言わずスポーツは興味ないし、テレビは見ないし

著者は主夫生活7年、3人の娘を育てているという



・小学校のPTAの役員選びでは、クラス委員になろうと考えていたが、女性陣は慣れた様子で話を進め、教師も「お母さん同士で決めてください」。おいおい、ここにお父さんもいるんだけど。主夫という役割を果たすには、たくさんのハードルがある



この程度でハードルですか。僕も仲間に入れてください、って率直に言うだけ

こういうのはもう食傷なので、お願いだから心の中で都合よく読み替えていただきたい、と切にお願いしたい。本人は自分の感動を人にも共有してもらおうと、また文章に面白さのエッセンスを加えたつもりなのかもしれないが、こんな小さいことでゴタゴタと興ざめだ。「お母さんといっしょ」の件(“山田正人「経産省の山田課長補佐、ただいま育休中」日本経済新聞社”)など、いちいち煩い。言っているほうだって悪気はないんだし、これまで母親が多かった事実に基づくクセだからしょうがないではないか。最近、病院でも男性の看護師がいて同性として非常に頼もしく思っている。だからといって、つい看護婦と言ってしまって責められたとしたら、病院や学校のようなところが、そんなに包容力がない社会だったんですかってんだ



・突然、娘が「お父さんも授業のお手伝いをするんだって」と報告する。理由がわからず、あわてて学校に出向くと教師は「校外での総合学習に付き添ってください」と一言。既に当番の日も決まっていた。母親たちはあらかじめ口コミで情報伝達していらしく、そこに男性が加わるには努力がいる



母親たちが、この類の主夫に対して距離を置き、または表面的に敵対的だとしても、なんとなく理解できる気がする。

まず、この人はどうも変だ

そして、一般論としては、育児云々を別にして成人の男と女だ。健康寿命の長くなった現在、育児の時代もあれば、別の配偶者を探す時代もすぐそこにあったりするかもしれない

主夫を初めとして、男性が育児の世界を実地に経験して、その実際を解明していくにつれ、専業主婦に都合の悪い真実も白日の下に晒されることになるかもしれない。実は現在、ほとんどの家事は機械化・自動化されているとか、案外育児は楽なもので精神満足度も高いとか。この主夫さんのようにわざわざ児童教育の中心に分け入っていこうとする不協和音に対しては、敵意もヒトシオだよね

また、以上のような悪意ある想像を抜きにしても、主夫さんが現に極めて希少な生き物で以上、たとえ真実は健全な人格であっても「一見して環境に溶け込めていない不自然な人物」として、この世知辛い世の中では要注意人物の推定を受けられても仕方ない部分があることを自覚しなければならない。危険な内容の本を図書館で借りること、変わったタイトルをレンタルビデオ屋で借りること、幼児趣味の文物を蒐集すること、すべてそうだ。ブラッド・ピットとモーガン・フリーマンの映画「セブン」を想起するよね。ましてや、子供の大事な時期に神経質になっている親御さんなんだ

しかし、以上のようないくつかの想定も、まったく事実と証明されていない。ちょっと妄想の域に入ってしまったかもしれないので反省

ここではむしろ、そのような非公式な伝達手段を使っている学校が強く非難されるべきである。これでおしまい。ちょっと譲るとしたら、本当にそのような阿吽の呼吸で連絡をつけなければならない社会ならば、そこに入ろうとした主夫のほうで相当の努力をするというのが、これまでそれでうまく回っていた社会の仕組みに対する畏敬の態度だよね。いや待てよ、ここでは娘さんが学校と家庭の連絡をうまくできなかったという単純な事故の可能性もある

結局のところ、この程度の作文で紙面を埋めようとするから日経の夕刊は詰まらないのであり、じゃあ日経自体読むの止めちゃおうか、ニュースはインターネットでわかるし、ということになってしまうのだ

20060621065230

google adsense

関連記事

no image

童「フラット税制論に異議(大機小機)」日経平成18年2月25日朝刊

20060313235900 匿名のコラムに目くじらを立てる必要もないのかもしれないが、最近気にな

記事を読む

no image

春原剛「フィールズオブドリームズ(3)駐日米大使トーマス・シーファー氏(人間発見)」日経平成17年8月3日夕刊

20050804010200 日付は変わってしまって、昨日の夕刊の記事。著者は日経の編集委員でこの

記事を読む

no image

盤側「外国法に学ばなくなった日本(大機小機)」日経2012/03/08

20120309013254 大機小機ほどいい加減なコラムはないと思っているが、昨日のはひどいにも

記事を読む

no image

渡辺淳一「愛の流刑地」日経新聞文化面

全国紙の一番最後のページは、ふつうテレビ番組表である。私は大学生くらいまで、新聞は後ろから見るほうだ

記事を読む

no image

財政取材班「民間流、事業は縮まない(財政 経済が問う)」日経平成18年6月14日朝刊

日経新聞って、こういう”官の無駄遣い”的な記事はよく見るが、今回のは圧巻 こういう土建バラマキなもの

記事を読む

no image

渾沌「資産運用産業の時代への備え(大機小機)」日経2012/2/29

20120328000736 「公正な価格形成の阻害など公益を害する行為にプロ向けもアマ向けもない

記事を読む

no image

「女性がよく飲むチルドコーヒー(何でもランキング)」日経平成18年1月14日NIKKEIプラス1

20060114205700 女性はチルドコーヒーを好み、缶コーヒーはあまり好まない、というのが面

記事を読む

no image

豊田泰光「名前だけで勝負する勇気(チェンジアップ)」日経平成18年2月16日朝刊

20060227023600 スポーツにあまり興味なく、通常、日経のスポーツ欄は読み飛ばしている。

記事を読む

no image

文鳥「民営化の大義(大機小機)」日経平成17年7月26日朝刊

日経新聞のマーケット面左上にある「大機小機」。それなりの名士が持ち回りで時事に対する評論を行う。匿名

記事を読む

no image

記者名無し「ハイウェイカード、来月15日に販売終了―利用も3月末停止」日経平成17年8月12日朝刊

この記事を見て、一消費者として、どう動くか。ある消費者の事例の紹介 私は車を持たず、必要に応じてタ

記事を読む

google adsense

Comment

  1. 網干勝弘 より:

    はじめまして。記事の感想、ご意見ありがとうございます。この取り上げた記事に書かれている本人です。
    なかなか読み手に、あの字数で実情の詳しいところまで伝えるのは難しいですね。『この程度の作文・・・』で大変申し訳ありませんでした。
    掲載されている原稿の3倍書いて、何回も修正入って・・・。書くほうも大変です。毎日におわれる記者の辛さ、読んでいただいて、伝わらぬ著者の立場はなかなか辛いものだと言う事が分かりました。

  2. Max より:

    網干様、こちらは匿名で批判を書いているのに、しっかりと顕名でコメントをつけていただいて恐縮です。基本的にトーンがきついことは、すみません。でも、他人の目を気にしたり馴れ合いだったりで、良いことしか言わない世界は厭ですので、あくまで主観的にやっています。おっしゃるとおり既存のメディアであれば、それも経済に軸を置く大新聞ともなればなおさら、制約も大きいだろうと思います。思い出したのは、付き合いのあるフィナンシャル・プランナーが先日、大手テレビ放送局の2時間特別番組に出演したので視聴したところ、結局その知人がカメラを向けられて話している場面はたった数秒に過ぎなかったことです。字数や表現方法など、そういったところから目先は考えなくて済むのがblogを含むネットの良いところですね。それにしても最近の日経夕刊は育児ネタが多いです

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑