原田泰「インセンティブが働かない日本社会(The compass)」週刊東洋経済2006.6.10

公開日: : 最終更新日:2012/08/25 書評(雑誌), 週刊東洋経済, 原田泰



できないことを「できる」という。現実と建前が違う。こういうのってすごく多くて、すごく気になる

確かにこのヒューザーの社長は切れ者だと思う。一つの人物であるだろう。彼の立場ならば、このような訴訟を提起することは当然ともいえる。この結末が楽しみだ

この耐震偽装事件により、日本の建物は容易に信用できないという思いがいっそう増した。マンションのチラシを見たり、良さそうなものはモデルルームに言ったりするのはすごく好きなんだけど

また、一般に不動産会社の人ってどうも信用に欠ける気がする。私の思い込みに止まればよいが

その上、不動産取引にはコストが掛かりすぎる。業者手数料や税金など。ただ相続税に関しては安いという説明もなされていると思う。それでも持っているだけで固定資産税を払ったり、各種の規制で思うような利用ができないということが多く、素人が不動産を持つものではないと思う



建前を前提にした日本の制度

・日本の制度の特徴は、できないことをできるということである。耐震偽装問題で明らかになったことは、政府は、建築物が正しく設計され、建設されているかをチェックすることになっているが、実際にはそんな能力はなかったということだ。考えてみれば当たり前である。膨大な数が建てられる建築物を、いちいちチェックすることなどできないだろうし、そうするインセンティブがない。建物は審査しなければならないが、それを審査する能力も時間も人もない。怪しいと思って調べだしたらキリがない。グレーゾーンのものは無数にある。それを止めていたら仕事にならない。止めて喜ぶ人は誰もいない。グレーゾーンなら、いざ大地震が起きれば皆大丈夫か、皆ダメになる。みんなで渡れば怖くないである。耐震偽装が問題になったのは、皆がグレーゾーンの違反しかしないだろうと思っていたのに、ブラックゾーンの違反をする人間が出てきたからだ

・なぜ、できもしないことをできるというのだろうか。事故が起きれば規制しろという世論が高まる。規制すれば仕事は増え、世論に応えてした仕事であるから、仕事は確保できる。規制をどのように実行するかは不完全であるが、形だけはある。うまくいかないときにはさらに規制せよという話になるだけだ

・耐震偽装マンションを建設したヒューザーが、違法建築物を未然に防ぐ注意義務を怠ったとして、東京都など18の自治体に139億円の賠償を求める訴えを起こした。多くの人は盗人だけだけしいと思っただろうが、このような訴訟が多発すれば、規制当局には真剣に制度について考えざるをえないインセンティブが生まれる。必ずしも悪いことではない

・もっともより効率的にインセンティブを確保する制度も考えられる。建物が正しい設計図どおり正しく施工されているかどうかをチェックする保険制度だ



20060624235900

google adsense

関連記事

no image

リチャード・カッツ「外資ファンドのように日本の株主も声を出せ(世界の視点)」週刊東洋経済2007.8.11-18

昔読んだ本に、日本の近代産業勃興期の電力会社や鉄道会社の買収などを扱ったものがあった。そういうことは

記事を読む

no image

井上裕「武藤信一氏 信用力を多面展開(編集長インタビュー)」日経ビジネス2006年5月15日号

確かに新宿伊勢丹は駅から遠い。今後は地下鉄の開業で駅前になるようだが、これまでその事実を必死に捉えて

記事を読む

no image

『激戦区で独り勝ち「ルクア」絶好調のワケ(特集/流通サバイバル)』週刊東洋経済2012.2.11

20120221225741 JR私鉄は人の流れを押さえているから、普通にしていても勝てるはず。そ

記事を読む

no image

佐藤優「日本の組織で育ちにくい高度な専門的能力(知の技法 出世の作法)」週刊東洋経済2008.2.9

英語が話せても話せなくてもやっかいなのが日本人社会人の現状。話せるのに話せない振りをするというズルが

記事を読む

no image

麻生祐司ほか「現場に広がる縄張り意識 問われる日産ウェイの真価(特集ゴーン大反論)」週刊ダイヤモンド2007/06/09

・じつは日産ウェイには別の思いも込められている。社員の評価軸の再構築である。日産の人事評価制度は日本

記事を読む

no image

堀田宗路「長寿の名穴『足の三里』(漢方養生訓)」日経ビジネス2006年5月8日号

これは健康関係で久しぶりに魂消た記事だった。日経ビジネスが言うなら本当なのだろう。灸に俄然興味を持っ

記事を読む

no image

石川潤「アイフル全店処分の必然(時流超流)」日経ビジネス2006年4月24日号

与謝野大臣については前にも気になったことがあった。"「金融相、信用取引、担保除外を批判―ライブドア株

記事を読む

no image

鈴木棟一「日銀総裁空席が決定 福田政権の視界不良(連載 新・永田町の暗闘)」週刊ダイヤモンド2008/03/29

20080328060000 政治家は国家のことを考えている。国家の運営を行うために、すでに力を握

記事を読む

no image

鈴木棟一「靖国参拝を強行する小泉首相の新の狙い(新・永田町の暗闘)」週刊ダイヤモンド2006/07/08

週刊ダイヤモンドは終わりに近づくに連れ、読み応えのある内容となっているのが興味深い雑誌である。最初の

記事を読む

no image

原田泰「なぜ日本経済はうまくいかないのか」新潮選書

20111106224522 ただの批判や混ぜっ返しで終わらず、分かりやすいようにかみ砕い

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑