野口悠紀雄「経済学は金銭に換算できるものだけを対象にしているわけではない(通説粉砕WOW!WOW!経済塾)」週刊東洋経済2006.6.3

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 週刊東洋経済, 野口悠紀雄



野口氏のこのコーナーは非常にオーソドクスな考え方をしっかりと伝えてくれている。こういうことを分かった上で物を言っているのか、とマスコミや言論人には問い質したい



Q企業経営の目的が企業価値の最大化であるとされると、企業は金儲け主義に走ることになります。企業は、金銭で換算できない社会的責任を重視すべきではないでしょうか?

・「企業価値」とは、企業の将来にわたる利益の割引現在値である。公開されている企業の場合には、株式の時価総額と負債の和が企業価値に等しくなる。

・ところで、企業価値の最大化は、拝金主義や、(通常言われる)「金儲け主義」を意味するものではない。ある程度の期間を考えれば、拝金主義のみによって企業が企業価値を最大化することはできないだろう。

・例えば、従楽員を低賃金でこき使う企業には良質の人材が集まらなくなるから、好業績を継続することはできないだろう。また、粗悪品を販売したり法令違反をする企業は、ごく短期的には莫大な利益を得ることができるかもしれないが、やがては消費者が離反することになり、やはり利益を継続することはできないだろう。地城社会に受け入れられない企業も同様だ。

・だから、企業価値で表わされる長期的な利益を最大化しようとする企業は、従業員を人事にし、顧客や地域社会を大事にする。それが賢明な企業の行動だ。それらをわざわざ「企業の社会的責任」と呼んで強調する必要はない。

・そして、低い企業価値(あるいは負の価値)しか実現できない企業は、市場から撤退せざるをえなくなる。つまり、市場経済が適切に機能するなら、通常「企業の社会的責任」として要求されている事柄は、自動的に達成されることになるのである。

・ところが、現実の経済においては、さまざまの(不必要な)規制などのために、企業価値を最大化しない企業が生き延びられる結果になっている。参入規制が行なわれている産業では、それが顕著だ。こうした現実があるために、「社会的責任論」が叫ばれるのだろう。しかし、重要なのは、不必要な規制を撤廃して市揚本来の働きを実現させることである。

・なお、市場経済において企業などの経済主体は、いかなる行動も許されているわけではない。その行動は、まず法的な規則に服さなければならない。さらに、環境基準などの社会的な規制にも制約される。市場経済は決して「何でも許される経済」ではなく、きわめて厳しい行動ルールを前提として初めて機能しうる経済体制なのである。

・こうした行動ルールは、公的な仕組みで設定されるべきものである。それらを私的な企業の自己判断にゆだねてはならない。つまり、これらの設定は、企業の社会的責任の問題ではない。それを行なうのは、基本的には政府の役割だ。

・「企業が社会的責任を追求すべきだ」とするのは、企業の傲慢である。参入規制によって存立が保障されている企業がそうした主張をするのであれば、とくにそうだ。



20060625235500

google adsense

関連記事

no image

山田昌弘「若者に厳しい民主党政権 若者を犠牲にした財政再建の意味とは?(THE COMPASS)」週刊東洋経済2012/03/31

20120911011303 若者に厳しく、高齢者に優しい。これをひっくり返すために、若者は、

記事を読む

no image

中島信也「『CMの巨匠』創造の源はコミュニケーション能力(達人に学ぶ)」週刊東洋経済2008.8.16-23

20090103220900 なるほど、かなり使えそうな話 ・私が「周富徳理論」と呼んでいる

記事を読む

no image

梅咲恵司「新型軽自動車『アイ』が好発進 三菱自動車『復調』はホンモノか」週刊東洋経済2006.3.4

またまた、専門家がどの程度のものかに関する事例。外部コンサルタントよりの言うことは間違っていた

記事を読む

no image

兵頭誠「自主独立、みずほに溶け込まない」日経ビジネス2009年6月22日号

20090622213826 経営統合するというのに、関係が保たれる理由が、その下の事業会社が別だ

記事を読む

no image

宮原啓彰「業界初“比較広告”当局も知らず オリックス生命の仁義なき戦い」週刊ダイヤモンド2012/07/14

20120809060802 この記事のスタンス ・オリックス生命が先月25日、同社ウェブサ

記事を読む

no image

山田昌弘「若者の希望を潰す新卒偏重の採用 (The compass)」週刊東洋経済2009.1.24

学者や言論人というのは、自分の言うことを決して変更しない、そしてそれが常に正しいように努力するので、

記事を読む

no image

野口悠紀雄「英語力が国力を決める時代(「超」整理日記)」週刊ダイヤモンド2006/10/07

週刊ダイヤモンドの最新号は、「外国が日本のことをどのように見ているか」という、日本人好みといわれるテ

記事を読む

no image

佐藤優「仕事上で有益な人物とどのように知り合うか(知の技法 出世の作法)」週刊東洋経済2007.9.8

20071021120800 この連載は、内容はあまり信用していない。が、面白いのでかなり細かく読

記事を読む

no image

塚田紀史「『思想する住宅』を書いた作家・書誌学者林望氏に聞く(Books&Trends)」週刊東洋経済2011.10.15

確かにすべて正論だ。要は、お仕着せに任せきりにして、自分で考えてないのではないか、ということ ただ

記事を読む

no image

塚田紀史「『マルクスは生きている』を書いた不破哲三氏に聞く(Books & Trends)」週刊東洋経済2009.6.13

週刊東洋経済の懐の深さ。この号は、リクルートやYahoo!などの広告業の特集もおもしろいし、佐藤優の

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑