「離乳食にベビーフード、多用で偏食の傾向」日経平成18年6月30日朝刊

公開日: : 最終更新日:2011/09/20 書評(新聞)



これって、すごい問題ある記事じゃないかという気がする。日経というか、厚生労働省の問題だろうか

母乳を人口乳で代用することと離乳食でベビーフードを使うことでは、基本的に、前者は気になるが、後者は気にならない

家庭で作るよりも衛生的だし、便利だし、よく考えられているというのはどちらも同じ。しかし、前者は材料が違うが、後者は材料がほとんど同じという点が明らかに異なる。母乳には母乳でない代替的な材料を組み合わせてどうにか母乳に近づけようとしている。母乳絶対とは言わないが、人口乳が母乳に遜色ないはずがない。一方で、家庭の台所でも企業のセントラルキッチンでも、えびも白身魚もにんじんもほうれんそうも、離乳食の材料は同じものだ

それをベビーフードを多く使うと子供が偏食になると言わんばかりの書き方。これは因果関係ではなく、あくまで相関関係に過ぎないだろう。そのせいか、本文は見出しよりもいくぶんマイルドな言い方で、省も「ベビーフードの使用自体は問題ない」と言っている

これが、いま注目されている悪名高き「食育」というヤツか。声を大にして言いたい、「離乳食を作るのは苦痛であり、面倒だ」と。自分の子、通常は1人のために家族がわざわざ離乳食を作るのはトータルな経済的にも問題がある

ベビーフードのメーカーはどう思っているのだろうか。政治的に正しい物言いというものが求められるということだろうか。頑張ってほしいなあ。こんな調査のせいで離乳食を自作することで、高額な日本の農産物を消費し、母親の貴重な時間を浪費する必要はない



・離乳食でベビーフードをよく使用した親の方が、ほとんど使用しなかった親よりも、子供が1歳以上になった時に「遊び食い」や「偏食」などに悩む割合が1割以上高いことが29日、厚生労働省の2005年度乳幼児栄養調査でわかった。同省は「ベビーフードの使用自体は問題ないが、食事が偏らないよう使い方に配慮する必要がある」と指摘している

・離乳食でベビーフードを「よく使用した」と回答した親は28%で、20年前の3倍増、10年前の倍増になった。「時々使用した」と合わせると75%に上った。

・よく使用した親の間では、味や健康栄養、安全衛生の面で「ベビーフードの方が手作りよりも優れている」との回答が多く、3人に1人が「離乳食を作るのが苦痛、面倒」と答えた

・1歳以上の子供の「現在食事で困っていること」では、遊び食い52%、偏食40%、むら食い34%が多く、いずれの割合もベビーフードをほとんど使用しなかった親が回答した割合よりも1割以上高かった



20060703235900

google adsense

関連記事

no image

財政取材班「民間流、事業は縮まない(財政 経済が問う)」日経平成18年6月14日朝刊

日経新聞って、こういう”官の無駄遣い”的な記事はよく見るが、今回のは圧巻 こういう土建バラマキなもの

記事を読む

no image

堺屋太一「世界を創った男 チンギス・ハン」日経平成18年2月27日朝刊

20060308231000 なかなか快調に読み進められている。モンゴルはほとんどはじめての題材な

記事を読む

no image

幸田真音「改革が残した「忘れ物」(さらりーまん生態学)」日経平成17年12月1日夕刊

ちょっと古い記事だが、気になっていたので 言ってることが逆だろう。いままでが単純すぎてこうした側面を

記事を読む

no image

岡田真知子「株主総会、意外にお得?」日経平成18年5月28日朝刊

今日はライブドアの株主総会だったという。ライブドアは株式分割を繰り返し、最終的には数百円で一単元を取

記事を読む

no image

春原剛「フィールズオブドリームズ(3)駐日米大使トーマス・シーファー氏(人間発見)」日経平成17年8月3日夕刊

20050804010200 日付は変わってしまって、昨日の夕刊の記事。著者は日経の編集委員でこの

記事を読む

no image

岩倉正和「村上ファンド問題の真の意味(十字路)」日経平成18年5月31日夕刊

20060603000100 筆者は確か、かの岩倉具視の子孫だと記憶している。まあ、お公家の家柄で

記事を読む

no image

渡辺淳一「愛の流刑地」日経新聞文化面

全国紙の一番最後のページは、ふつうテレビ番組表である。私は大学生くらいまで、新聞は後ろから見るほうだ

記事を読む

no image

前田晃伸「銀行『冬の時代』を越えて②(ひとスクランブル)」日経平成18年4月25日夕刊

20060429023600 結局、日経夕刊はいくら梃入れされても読み応えを感じない。それどころか

記事を読む

no image

小堀宗慶「感情抑えきれず慟哭(私の履歴書)」日経平成18年8月30日朝刊

日経朝刊の「私の履歴書」で、これだけ心を揺さぶられたものは、終ぞなかった。肩書きと名前だけ見ると多分

記事を読む

no image

西田睦美「民意に応え改革徹底を 2/3の衝撃(1)再出発の小泉政権」日経平成17年9月13日朝刊

筆者は編集委員。マスコミの低レベルな論説の中、これは比較的よい記事だった 日曜日から報道を気にして

記事を読む

google adsense

Comment

  1. 白ゆり姫 より:

    基本的にベビーフードでかまわないと思います。ただやはりそれだけというのは、問題かも。手作りと組み合わせたり、一手間かけたりと、お母さんの生活状況に合わせて使えば問題ないと思いますよ。でも母乳は別です。日本人の母親の母乳はアメリカ人、その他諸外国の母親に比べて、DHAが3倍含まれているといわれています。これが日本人の優秀さの一因だともいわれています。そしてなにより免疫力があり、子供が病気をせずにすみます。おかあさん達、もっと勉強して欲しいし、楽なことだけ、求めないで欲しい。もう一点、女性が結婚しない理由、親元にいて、上げ膳据え膳生活をしていれば、楽だし生活水準も維持できる。結婚したら苦労ばかりだというのが、若い女性に浸透している。ここでも楽な生活を求めすぎ。そういう娘達をそだてた今の団塊世代の親達も一因だとと思います。

  2. Max より:

    そうですね。手作りで対応することは上策であって、それがいけないわけでは決してないですよね。離乳食作りが好きだという人もいるはずですし
    団塊の世代については、同じような問題意識を持っています。あの世代の軽薄な感じが気になって、同旨の記載を本や雑誌の中に見つけると喜んで引用したりしています。経済成長以外の、例えば国防とか、文化とか、そういう部分には何も考えてこなかった、そういうツケがいま問題になっていて、次世代育成(これも文化が影響しますよね)にも軽薄になっているのではないか、と思ったりして、なんだか偉そう

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑