改定・保育士養成講座編纂委員会編「改定・保育士養成講座2006第1巻 社会福祉」全国社会福祉協議会

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(書籍), 保育士試験

保育士試験受験シリーズ(1/11) 今日から変わった書籍のまとめを連載していく。初めて保育士資格の試験を受けた。今月の2日と3日の話だ。そのために読んだ本が面白かったので試験そのものについての雑感とともに整理しておく この本は、保育士試験を受験する人たちの間で有名なテキストだ。おそらくこの出版元が保育士試験の対策講座を開くときのテキストにしているからのようだ。確かによく試験問題とよくマッチしてまとめられている。しかし、テキストに書いてない範囲がテストに出ないわけではない 保育士試験科目は10あり、この本はシリーズで11冊ある。この本をテキストとして買う人も、最後の1冊は試験範囲ではないので買わないものらしい この手の本によくあるように、複数の執筆者による個性が文章中に垣間見えて、その統一性のなさが気に障る。ある部分は担当執筆者自らの著作ばかりが引用されていたり、非常に退屈な文章がダラダラつづいていたり。一方では、場所によってはきれいな図表に合理的にまとめられていたり、担当執筆者の執筆部分に関する熱い思いが語られてて目を話せなかったりというよいところもある 索引は比較的しっかりしている。問題を解く練習をする際に、利用するかと思っていたが、ふたを開けてみるとこまごまとした調べ物は実際はインターネットで検索したほうが便利だった。 このテキストは何回か読み直そうかと考えていた。しかし、結局1回ずつ通読しただけで終わってしまった。大体1日2時間ぐらいで、少ないときは1/4冊くらい、多いときは丸1冊を読み進める感じ。例によって、自分の興味あるところに付箋を貼りながら。 試験を受けるつもりのない人はこの本を買わないだろう。そして試験を受ける人も、この10冊を買って通読した人は何人いるのだろうか。巷にはこの10冊でない、A5の大きさのコンパクトな1冊に内容を凝縮した本もあった。しかし、情報量こそすべてと思い、このテキスト10冊読破の修行に臨むこととし、後で買うかもしれないと思っていたこの類のまとめ本は結局は買わずじまいだった。これといった決定版がなかったことにもよる このテキスト、試験対策を抜きにしても、読み物として面白い。特に福祉を食い物にしている人たちだから、福祉の必要性と最近の小泉改革の関係には非常に繊細に書かれているような気がする。福祉に関してはイギリスの歴史を知ることが重要だそうで、このテキストにも多くの紙面を割いてその辺の事情が説明されている。そこでも「ゆりかごから墓場まで」のスローガンからサッチャーの改革まで、なかなか興味深い説明がされており、退屈しなかった
p15.社会福祉サービスは、最近では利用用件を緩和し、また利用者負担を求めることで、利用者の普遍化が図られている。その結果、行政の直営による供給主体は、次第にその割合を低下させつつある p27.劣等処遇の原則は、救済を受ける貧困者の生活水準が、独立自活している最底辺の労働者より「好適さ」の少ないものでなければならないという見解に基づいている。すなわちこれは、低所得労働者の勤労意欲の維持を掲げ、故意に公的救済の適用を制限したものであったが、当時から最底辺の労働者の生活水準は貧困線上に位置し、それより劣るものにするということは、事実上救済の否定を意味するものであった p29.初期のフェビアン協会は、知識を浸透させれば議会制の範囲内で社会主義国家を実現できるという楽観主義の側面を有していたものの、新しいイギリス社会主義の浸透は、マルクス主義を排除して、1889年には労働代表委員会を誕生させ、1906年の労働党結成及び第二次世界大戦後の労働党政策綱領につながっている。その意味からフェビアン協会の主張がイギリスの福祉国家の理念確立に果たした役割はきわめて大きいといえる
20060806014700
保育士養成講座 第1巻
posted with 簡単リンクくん at 2006. 8. 6
改訂・保育士養成講座編纂委員会編
全国社会福祉協議会 (2006.3)
通常1-3週間以内に発送します。

google adsense

関連記事

no image

山根一眞「メタルカラーの時代2」小学館文庫

20111224103333 山根一眞「メタルカラーの時代1」小学館文庫 | hiogの次の巻

記事を読む

no image

中山真敬「たった3秒のパソコン術」三笠書房知的生きかた文庫

20090226215800 ときどき、こういうのを虚心坦懐に眺めてみるのもいい。パソコン

記事を読む

no image

原田泰「なぜ日本経済はうまくいかないのか」新潮選書

20111106224522 ただの批判や混ぜっ返しで終わらず、分かりやすいようにかみ砕い

記事を読む

no image

ロビン・ダンバー「友達の数は何人?」インターシフト

20120426224053 生物学づいている。身も蓋もない分析のオンパレード。ポリティカ

記事を読む

no image

粂和彦「時間の分子生物学」講談社現代新書①

最近読んだ本の参考文献となっていたのがこの本。生物学系の本は好奇心をくすぐられて結構はまる 前半が

記事を読む

no image

吉越浩一郎「革命社長 なぜトリンプは社員が元気で、消費者からも愛されるのか?」日本実業出版社

本書を貫く「成功するまでやり抜く」、「情報の共有が大事」、「ロジカルに物を考える」、「デッドラインを

記事を読む

no image

手嶋龍一・佐藤優「インテリジェンス 武器なき戦争」幻冬舎新書

実は諜報関係の話は好き。こうやって気になるところをメモしていると、佐藤氏の発言のほうが圧倒的に多いな

記事を読む

no image

西村英俊「会社は毎日つぶれている」日経プレミアシリーズ

20090816214933 日商岩井や双日が経営危機だったときに経営者だった人であり、そ

記事を読む

no image

山鳥重『「わかる」とはどういうことか』ちくま新書

アカデミックに書いてあり、いちいち納得がいく。しかし、よく考えてみれば当たり前と思われるようなことだ

記事を読む

no image

日下公人「もっと頭のいい『生き方』をしろ!」三笠書房

20050920025730 また、少し古い本を読んでしまった。2001年に刊行された本

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑