本城武則「なぜ私たちは3カ月で英語が話せるようになったのか」実業之日本社

公開日: : 最終更新日:2011/11/13 書評(書籍)



IQよりもEQを重視。対人恐怖という切り口から日本人と外国人の違いを主張。日本語と英語の違いを言語として沿革から説き起こす。あとはポイントとなる語学上の注意点だけを述べたもの

ドラゴン桜、といってもテレビドラマしか見たことないが、そこに出てくる英語の特別講師に似てる。なぜ、外国人は一言でも日本語を知っていると「日本語が出来る」と軽く自慢するのに、日本人が「英語が出来る」と言うためにはストイックなまでに完璧を目指すのか、と。そういう内容なので期待と違う人には不満を覚えるかもしれない

英語が上達する本としては内容は薄いかもしれない。しかし本の値段も安い。むしろ、本の作り方には共感を覚える。無駄な記述もなく、言いたいことが絞り込まれている。そしてそれが最後にまとめの形で出てくる。これぞ、まさに筆者のいいたいことが実践されている感じ。“ロバート・キヨサキほか「金持ち父さん貧乏父さん」筑摩書房”でも“近藤藤太「デカい態度で渡り合え! 世界中で通用する人間関係10のルール」フォレスト出版”でも同様の作りとなっていたと記憶している。



p33.松下電器の創業者である松下幸之助氏も

google adsense

関連記事

no image

原秀史『「規制」を変えれば電気も足りる』小学館新書

20111112231826 ここのところ、こういう悪い規制のことばかり読んでいると思う。が、たま

記事を読む

no image

司馬遼太郎「関ヶ原(中)」新潮文庫

20090106100100 "司馬遼太郎「関ヶ原(上)」新潮文庫"の続き 先日、今年の

記事を読む

no image

西川善文「ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録」講談社

20120514002041 コンフリクトが面白かった。SMFGの増資の際、GSとの合作で実現した

記事を読む

no image

カーマイン・ガロ「スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン」日経BP社

20110305225307 この本を読んでからスティーブ・ジョブズのプレゼンを見るように

記事を読む

no image

中川ちえ「おいしいコーヒーをいれるために」メディアファクトリー

20050626055400 多くの写真、平易で簡潔な説明、必要最低限の知識。装丁がいいの

記事を読む

no image

マイケル・ルボーフ「自宅にいながらお金持ちになる方法」ダイヤモンド社②

20071120064500 ”マイケル・ルボーフ「自宅にいながらお金持ちになる方法」ダイ

記事を読む

no image

藤原和博「給料だけじゃわからない!」ちくま文庫

仕事に関する新たな視点をビジネスマンに提示。全体的なトーンは賛同。ルーチンワークに疲れたサラリーマン

記事を読む

no image

デュラン・れい子「一度も植民地になったことがない日本」講談社+α新書

通勤電車の中で、乗客が読んでいた。それを脇目で見て興味を持って読んでみることにした一冊 少し国粋主

記事を読む

no image

マイケル・ボルダック「1063人の収入を60日で41%アップさせた目標達成する技術」フォレスト出版

20090905205640 おもしろい本だけど、ベストセラーにまでなるような本かな。内容

記事を読む

no image

藤原和博「味方をふやす技術」ちくま文庫

平易な記載。内容がおもしろく、かつ思索の浅い大衆にとってなかなか示唆に富む。社会人についての絶妙な分

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑