本城武則「なぜ私たちは3カ月で英語が話せるようになったのか」実業之日本社

公開日: : 最終更新日:2011/11/13 書評(書籍)



IQよりもEQを重視。対人恐怖という切り口から日本人と外国人の違いを主張。日本語と英語の違いを言語として沿革から説き起こす。あとはポイントとなる語学上の注意点だけを述べたもの

ドラゴン桜、といってもテレビドラマしか見たことないが、そこに出てくる英語の特別講師に似てる。なぜ、外国人は一言でも日本語を知っていると「日本語が出来る」と軽く自慢するのに、日本人が「英語が出来る」と言うためにはストイックなまでに完璧を目指すのか、と。そういう内容なので期待と違う人には不満を覚えるかもしれない

英語が上達する本としては内容は薄いかもしれない。しかし本の値段も安い。むしろ、本の作り方には共感を覚える。無駄な記述もなく、言いたいことが絞り込まれている。そしてそれが最後にまとめの形で出てくる。これぞ、まさに筆者のいいたいことが実践されている感じ。“ロバート・キヨサキほか「金持ち父さん貧乏父さん」筑摩書房”でも“近藤藤太「デカい態度で渡り合え! 世界中で通用する人間関係10のルール」フォレスト出版”でも同様の作りとなっていたと記憶している。



p33.松下電器の創業者である松下幸之助氏も

google adsense

関連記事

no image

ジョン・ウッド「マイクロソフトでは出会えなかった天職」ランダムハウス講談社

本の分厚さに負けず、内容に引き込まれてどんどん読み進めていける題材の良さがある。タイトルとおり、マイ

記事を読む

no image

山崎隆「大震災改訂版 東京のどこに住むのが安心か」講談社

20130405011526 これは、ちょっとふるい本で、2011年11月に出版されている

記事を読む

no image

平秀信「『行列のできるスーパー工務店』の秘密」日本実業出版社

実体験に基づく工務店の経営指南書。自分のビジネスモデルをこうもあからさまに書いてくれるのはありがたい

記事を読む

no image

エルバート・ハバード「ガルシアへの手紙」総合法令

20090108220600 "清水克衛ほか「本調子」総合法令"にも登場するハイブロー武蔵

記事を読む

島田裕巳「なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか」幻冬舎新書

20140611075612 なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか 最強11神社―八幡・天神・稲荷

記事を読む

no image

西岡常一「木に学べ」小学館

学者をやり込めた話。具体的な名前も出てくる。学者に対する不信 経験からくる確信。祖父から教わったこ

記事を読む

no image

米山公啓「すべてがうまくいく8割行動術」ソフトバンク新書

著者が確か、日経ビジネスかなにか、ビジネス誌にコラムを書いていたか何かで手にした本。「医師+作家」の

記事を読む

no image

林望「知性の磨きかた」PHP新書

高校生か、または大学入学したばかりの人が読むべき本。勉強の仕方、大学生活のすごし方、本の読み方につい

記事を読む

no image

宮城谷昌光「新三河物語 上巻」新潮社

徳川政権の立ち上がりに昔から興味があった。しかし、そういうものを読んだことはなかった。何十巻にもなる

記事を読む

no image

速水敏彦「他人を見下す若者たち」講談社現代新書

取り沙汰されているし、キャッチーなタイトルだし、新書だから読みやすいかと思って手に取ったのがこの本

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑