早坂隆「世界の日本人ジョーク集」中公新書ラクレ

公開日: : 最終更新日:2012/11/10 書評(書籍)



20060912235500





面白い、所収のジョークが。ただ人によっては、半分以上は聞いたことがあるようなものなので、知っている人ほどがっかりするのかもしれない。でも、昔聞いて忘れていたものを確認して反芻するのも悪くない

日本人の良いところを褒めるジョークも多いので、自尊心をくすぐられるところはあると思う

著者のコメントは退屈だ。いわずもがなの部分が多い。畢竟、この本の読み方は決まってくる

そうすると大体30分くらいで読み終わる感じだ。ここまでいろいろと集めてあるので、それでも760円の価値はあると思う

でも、このジョークを読んだからと言って、日本で使ってみようと思う人はいないのだろうし、読んで楽しむだけということだろうか。アメリカの映画では、よく「おい、これから面白いジョークを言うから、聞けよ」みたいなやり取りがされる場面がある。こういうのは日本でももっとおこなわれるようになると、暇つぶしになるかな



google adsense

関連記事

no image

松田道雄「定本育児の百科」岩波書店

多世代が同居しない家庭で育児を行うとき、この本を買わなければならない 育児本の古典。著者は数年前に亡

記事を読む

no image

金川千尋「危機にこそ、経営者は戦わなければならない!」東洋経済新報社

思っていたよりもあっさりした内容。しかし実績を出しているから自信にあふれた物言いであり、読んでて気分

記事を読む

no image

山根一眞「メタルカラーの時代3」小学館文庫

20111226181926 このシリーズを連続で読んでいる。たぶん、全部読む 山根一眞「メタル

記事を読む

no image

P.F.ドラッカー「プロフェッショナルの原点」ダイヤモンド社

読んでからわかったけど、これってドラッカーの著作からの抜き書き集なんだな。準備のできないまま断片だけ

記事を読む

no image

中島義道「私の嫌いな10の言葉」新潮文庫

好きな著者の一人。きわめて胸が空く。過去にもこんな本を読んでいる。"中島義道「うるさい日本の私」新潮

記事を読む

no image

改定・保育士養成講座編纂委員会編「改定・保育士養成講座2006第8巻 養護原理」全国社会福祉協議会

保育士試験受験シリーズ(10/11) 一つ前の科目である「教育原理」のテストが厳しかったことや、この

記事を読む

no image

ジョン・バード「ホームレスから社長になった男の逆転法則」徳間書店

20130313003347 タイトルに誤導がある。ホームレスから社長になった経緯は書いて

記事を読む

no image

和田清華「その夢はいつやるんですか?」ゴマブックス

タイトルが素晴らしい。内容も前向きで多くのティップスに富む。10代後半から30代前半くらいの方に強く

記事を読む

no image

渡辺健介「世界一やさしい問題解決の授業」ダイヤモンド社

20090223014100 この本のもっとも大事な注意点は、中高生と読者と設定しているよ

記事を読む

no image

ダン・ブラウン「ダ・ヴィンチ・コード」角川書店

200506120133 面白い。 自分で年をとったと感じる。文字の並べ替えなどの言

記事を読む

google adsense

Comment

  1. man_to_man より:

    畢竟
    http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C9%AD%F0%EF&search_history=&kind=&kwassist=0&mode=0&jn.x=40&jn.y=9
    仏教用語なんですね。
    となると、「ジョーク集」ならぬ「冗句集」、否、「超苦集」ということでしょうか。
    尤も、シャレや風刺は、ももともとこの国でも根付いているので、若年層ではやや下火かもしれないそれらの感覚を磨くことが、かの国へのジョークへのカウンターかもしれないですね。

  2. Max より:

    man_to_manさんコメントありがとうございます。
    変な言葉を使ってすみません。「畢竟」とは、「したがって」とか「結局は」という程度の意味です。
    ジョークだと、政治的に微妙な素材でも割り切って扱えるというのは面白いと思います。イギリスだと、アイルランド人はバカだとか、スコットランド人はケチだとか。アメリカだと黒人問題だとか、レッドネックとか。この本の中でも、詳しくは忘れましたが、韓国人が「それは日本人のせいだから謝罪を求める」みたいな件が書かれていた部分があったと思います。ジョークという舞台は、本当はシリアスなことを、そうであると認識させるために、逆にグサッと言い切ってしまうことが許される、という効果があるように思います。大河ドラマの話になりますが、「利家とまつ」において、前田慶次郎による豊臣秀吉への侮辱の場面も想い起こされます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑