早坂隆「世界の日本人ジョーク集」中公新書ラクレ

公開日: : 最終更新日:2012/11/10 書評(書籍)



20060912235500





面白い、所収のジョークが。ただ人によっては、半分以上は聞いたことがあるようなものなので、知っている人ほどがっかりするのかもしれない。でも、昔聞いて忘れていたものを確認して反芻するのも悪くない

日本人の良いところを褒めるジョークも多いので、自尊心をくすぐられるところはあると思う

著者のコメントは退屈だ。いわずもがなの部分が多い。畢竟、この本の読み方は決まってくる

そうすると大体30分くらいで読み終わる感じだ。ここまでいろいろと集めてあるので、それでも760円の価値はあると思う

でも、このジョークを読んだからと言って、日本で使ってみようと思う人はいないのだろうし、読んで楽しむだけということだろうか。アメリカの映画では、よく「おい、これから面白いジョークを言うから、聞けよ」みたいなやり取りがされる場面がある。こういうのは日本でももっとおこなわれるようになると、暇つぶしになるかな



google adsense

関連記事

no image

小阪裕司「招客招福の法則2」日本経済新聞出版社

新聞の連載コラムの単行本化。内容的に日経の堅いイメージとは違うようにも感じるが、日経MJのほうのよう

記事を読む

no image

三橋泰介『どんな相手ともラクに話せる「話し方」の裏ワザ』青春出版社

20100418224249 なんか、青春出版社っぽい、装丁、著者、タイトル、内容なんだな

記事を読む

no image

吉本佳生「投資リスクとのつきあい方(上)」講談社+α文庫

株式投資において、投資しようとする銘柄のリターンを想定して、ボラティリティを算出して、正規分布に当て

記事を読む

no image

佐藤優「交渉術」文春文庫

20120227001208 交渉術というのも、私が好むジャンルのひとつ。だた、これは交渉術にかこ

記事を読む

no image

司馬遼太郎「関ヶ原(上)」新潮文庫

20081220505200 昔読んだものを読み返すことがあってもいい。司馬遼太郎の有名な

記事を読む

no image

三浦展「下流社会マーケティング」日本実業出版社

ベストセラーになった"三浦展「下流社会」光文社新書"の第2弾か。この本のあとにいろいろなところから講

記事を読む

no image

向谷匡史「人はカネで9割動く 成功者だけが知っている「生き金」のつかい方」ダイヤモンド社

とある信頼する書店で平積みになっていた本。最近、こういうエゲツナイ本ばかり読んでいる気がするが、面白

記事を読む

no image

コリン・ジョイス『「イギリス社会」入門―日本人に伝えたい本当の英国』NHK出版新書

20130213002054 こういう諸外国の各国物もたまにはいい。やっぱりロンドンオリン

記事を読む

no image

片岡正人「市町村合併で『地名』を殺すな」洋泉社

主要ビジネス誌で、ここのところ時をおいて紹介される奇書。タイトルのとおり、市町村合併で新たな地名が慎

記事を読む

no image

河田惠昭「津波災害」岩波新書

20140901232857 津波災害――減災社会を築く (岩波新書)著者 : 河田惠昭岩波書店発

記事を読む

google adsense

Comment

  1. man_to_man より:

    畢竟
    http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C9%AD%F0%EF&search_history=&kind=&kwassist=0&mode=0&jn.x=40&jn.y=9
    仏教用語なんですね。
    となると、「ジョーク集」ならぬ「冗句集」、否、「超苦集」ということでしょうか。
    尤も、シャレや風刺は、ももともとこの国でも根付いているので、若年層ではやや下火かもしれないそれらの感覚を磨くことが、かの国へのジョークへのカウンターかもしれないですね。

  2. Max より:

    man_to_manさんコメントありがとうございます。
    変な言葉を使ってすみません。「畢竟」とは、「したがって」とか「結局は」という程度の意味です。
    ジョークだと、政治的に微妙な素材でも割り切って扱えるというのは面白いと思います。イギリスだと、アイルランド人はバカだとか、スコットランド人はケチだとか。アメリカだと黒人問題だとか、レッドネックとか。この本の中でも、詳しくは忘れましたが、韓国人が「それは日本人のせいだから謝罪を求める」みたいな件が書かれていた部分があったと思います。ジョークという舞台は、本当はシリアスなことを、そうであると認識させるために、逆にグサッと言い切ってしまうことが許される、という効果があるように思います。大河ドラマの話になりますが、「利家とまつ」において、前田慶次郎による豊臣秀吉への侮辱の場面も想い起こされます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑