山田ズーニー「伝わる・揺さぶる!文章を書く」PHP新書

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(書籍), 文章術/レトリック



文章を7つの要件に分けて丁寧に解説してくれる。意見、望む結果、論点、読み手、自分の立場、論拠、根本思想

読み進めていくうちに思い出すのは、義務教育のころ。国語の目的やどうしたら成績が良くなるのか、などは誰も教えてくれなかったような気がする。中学、高校くらいから本をよく読み、国語の成績もなぜか良かったため、これを因果関係のように思うようになったが、確かにそうかはいまでも分からない。明らかに国語力があると認める人が普段は全然本を読まないというケースを知っている

著者も、その辺のもどかしさを自分の仕事として十分に経験した上で築き上げた方法論なので、血肉を強く感じる。そうだ、文章を理屈で説明できないはずがない。そういうアプローチは好きだし、自分にとっては馴染み易そうだとも感じる。共感しそうな人には一読をお勧めしたい

全体的にキレイに整理されており、いい意味で読み応えがある、よく練られた本だと思った。さすが、文章をテーマにするだけのことはある文章

実は、著者の本は別のも買って持っている。「あなたの話はなぜ…」だ。しかし、縁なくまだ読んでいない。いい機会なので近いうちに読んでみたい



p32.本書が目指す文章力のゴールは、1編の完成された文章をまとめ上げることではない。書くことによって、あなたの内面を発現することにも留まらない。あなたの書いたもので、読み手の心を動かし、状況を切り開き、望む結果を出すこと、それがゴールだ

p60.自分が書いた文章を読み終えたとき、読み手に、どう言ってもらいたいか、その言葉で結果をイメージするのだ。これなら、結果を具体的に描きやすい。例えば、後輩に仕事のやり方を書くとき、読んだ後輩にどう言ってほしいか?

p69.それだけでなく、これら、5つのタイトルを見ただけで、内容は読まなくても、そこに「BRUTUS」独自のものの見方・センスが感じられはしないだろうか。そう、読み手は、まだあなたの意見を読んでいなくても、問いの立て方だけで、あなた独自の見方・センスを感じ取るのだ。独自性の発現に、論点はよく機能する

p100.問題を多角的に見る。(1)自分の体験・見聞を洗い出す (2)必要な基礎知識を調べる (3)具体的事例を見る (4)別の立場から見る (5)海外と比較して見る (6)歴史を押さえる(背景) (7)スペシャリストの視点を知る

p108.極端に短く言うことで、いらないものを捨てる、大事なものの順番がわかる。ということは、すなわち、自分とまわりの関係性が発見できるということだ

p142.議事録を書くいちばんのポイントは、議題を「問い」の形にして頭に大きくはっきり書く。これにつきる。ここが、最も難しく、腕の見せ所だ

p147.その会議の、1つ前と、1つ後の展開を書いておくと議事録としては、より役に立つものになる

p151.実力があるのなら、それに見合った、自分を伝える術を持つべきだ

p172.こちらの常識の範囲ではどうしても悪いと思えないのに謝罪文を書かなければならないケースもあった。そういう場合は、徹底的に相手の側からものを見て、相手の論理で詫び状を書いた。理屈で勝っても、だめな場合がある

p192.「今年」の話をするなら「去年」のことを、「来期の戦略」に入るのなら「今期の戦略」を、「意見」がほしいのなら「問題点」を。このような1つ前のプロセスを読み手と共有しておくことが必要だ

p219.「…だから、自分の考えで、人と関わっていきたい」と自分で言って、自分で「そうか!」と思った。「自分の考えで」、人と関わりたい。自分の中からわきあがってくる印象、想い、考え。それを通して、話し、行動し、人と関わる

p223.最近、経営・人気があまりかんばしくない、団体とか、商品とかの担当者の話を続けて聞く機会があった。共通して言えることは、彼らが、一般の人がどう思っているか、ということに驚くほど関心がない、知る方法を持たない、ということだった。それどころか、一般人に話を聞くということを明らかにバカにしている人もいた。では、彼らが、何をたよりにリニューアルをしようとしているか、というと、自分たちのカンのみだ。結果、かわりばえせずに、すべっていく

p228.言葉によって表現されている問題は、あなたと相手との大きな関係の中では、あくまで「部分」にすぎない。背景には常に相手が、あなたに思う「なんかあなただ」という全体があって、言葉で語られているのは、言葉にして確認しなければならない必要か問題のある、ごく一部のことだ

p229.「いまさら言うまでもないことだ」とか、「照れるから」と言って逃げず、恐れず、私は、日ごろあなたをこう見ている、あなたの仕事を私はこう受け取っている、という根本思想をコミュニケーションのはじめのところではっきりと示していこう。そうすれば、大切な人とのコミュニケーションは、もっとずっとブレなく、スムーズになっていくはずだ

p235.常に読み手にとって心地よいことを書いていけば、相手に嫌われないが、それでは書く意味を見失い、読む側の興味も失せてしまう。相手という個性に、自分として向き合ったとき、自分の中に湧き起こってくるものがある。その相手だからこそ言いたいこと。自分にしか言えないこと。そういうものに、私たちはもっと忠実になっていいと思う



20061127010200

google adsense

関連記事

no image

アーノルド・ベネット「自分の時間」三笠書房

活字の量自体はそれほど多くない。夕食後寝るまでの間に読み終えてしまう、というのはそのとおりだろう。し

記事を読む

no image

ピーター・D・シフほか「なぜ政府は信頼できないのか」東洋経済新報社

序章で、すべてが語られている。父親の恨み。父親の寓話を現在まで引き延ばし、少し先まで物語を進めて終わ

記事を読む

no image

大久保寛司「仕事の壁を破るヒント」PHP研究所

20070410222000 本の構成がおもしろい。一区切りついたところで作者が読者に呼び

記事を読む

伊藤邦生「年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち」中経出版

20130821012021 年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち著者 : 伊藤邦生

記事を読む

no image

木下是雄「レポートの組み立て方」ちくま学芸文庫

この本を読んで、特に目新しい感じは持たなかった。同様の本ばかり読んでいるからだ。だか自分の得たものと

記事を読む

no image

中島義道「うるさい日本の私」新潮文庫

日本に住む人には一読をお勧めしたい 先日読んだ本"中島義道「私の嫌いな10の人びと」新潮社"が面白

記事を読む

no image

酒井順子「負け犬の遠吠え」講談社

このベストセラーは旬は過ぎてしまった感はある。しかし、そういう読み方が多いのが私 これは、現代の奇

記事を読む

no image

沓沢江美「女性コンサルタントが教える新サラリーマン処世術」半蔵門出版

女性だから書けた。男性が書くと問題が起きる気がする 評価に悩む内容。注意して読むべき本。そうは言って

記事を読む

no image

橋本努「自由に生きるとはどういうことか」ちくま新書

全体としての統一感というか、結局この本の主張が何かがイマイチわかりづらい。著者の博覧強記振りは分かる

記事を読む

no image

佐々木紀彦「米国製エリートは本当にすごいのか?」東洋経済新報社

20120501004816 著者のスタンフォード大学への留学記。に近い。留学にかこつけて

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑