佐々木紀彦ほか「落ちる中間層 ホワイトカラーの没落」週刊東洋経済2006.12.9

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 週刊東洋経済



最近、痛快だったのがこの記事

大企業ほど、こういうところがある。抱え込んだ仕事が多いほど「なくてはならない人材」ということになって出世していく。そうでない人間、特に後進は、「なくてはならない人材」の実際のバカバカしさに幻滅してさっさと去っていく。そういう形で企業の骨粗しょう症がどんどん進んでいく

自分にしか出来ない仕事のある「その自分」、この人がいないと回らない仕事があるような「その人」に対しては率直に軽蔑し、嘲笑すべきだ。そのような仕事がそんなにあってたまりますかってんだ



・今のところ、オフショアリングの対象は、ソフトウエア開発などIT分野が大半。しかし今後は、ITの枠を超え、他の領域に飛び火していく可能性は十分ある。その筆頭候補が、経理、財務、人事など、間接部門のホワイトカラーが行なう事務作業である

・日本企業の中で、その先駆者となったのがソニーだ。04年当時、人事戦略部・統括部長として人事部の改革を実行した中田研一郎氏(現在は退職してエム・アイ・アソシエイツ・シニア・ディレクター)は、欧米企業と比較した、日本のホワイトカラーの生産性の低さを痛感していた。「日本の製造現場の管理は世界一。ところが、本社の話になると、超どんぶり勘定」(中田氏)

・低生産性の一つの原因は、各部員の業務内容が属人化、かつ、ブラックボックス化してしまっていること。製造現場では、細かい原価管理が行われ、各人の生産性が厳密に問われるのとは雲泥の差だ

・そこで、中田氏はまず徹底的な業務分析に踏み切る。システムエンジニア(SE)を雇い、各部員が勤務時間中に何の仕事をしているかを5分単位で洗い出す。次に、そのリストを中国の外注先に渡し、中国側の人間に「この作業は中国でできる」「これは日本でないと難しそう」という判断を○×△で記させる。そして最後に、○がついた業務は文書としてマニュアル化し、中国側の社員に2ヵ月間研修を施した後、中国側に業務を移管していった

・「最初は、10人中10人が、自分の仕事は定型化できない、工場と間接部門は違う、と言っていた。しかし実際には、100%の業務をマニュアル化できた。人事の仕事は70%が定型作業でアウトソーシング可能」と中田氏は振り返る



20061210235100

google adsense

関連記事

no image

松崎隆司「三澤千代治氏[ミサワインターナショナル社長]『200年住宅』で夢よ再び」日経ビジネス2008年2月11日号

20080219060000 ・大学4年生の時、駅のホームを歩いていて突然大量の血を吐き、救急

記事を読む

no image

浮川和宣「データの標準化による理想の実現が世界中で地滑り的に起きつつある」週刊ダイヤモンド2008/02/23

20080228060000 ・今私たちが使っているものは不便なものではと、疑ってみてほしい。

記事を読む

no image

大宅映子「本来あるべきゴルフの姿に」週刊東洋経済2005.7.23

20050722001100 ゴルフが接待用に調整されている日本の現状に対して憂いを表明する。現在

記事を読む

no image

佐藤吉哉「坂本幸雄氏 天下を取り、悪習を正す(編集長インタビュー)」日経ビジネス2008年3月10日号

20080323155400 最近、企業のオーバープレゼンスということに意識が行っている。そのよう

記事を読む

no image

梅沢正邦「ミタルvs.王子製紙 2つのTOB 2つの経営者像」週刊東洋経済2006.11.18

気になった記事。M&A、ひいては経営全般に対する2人の経営者のスタンスの違い あきらめない。成功する

記事を読む

no image

大橋洋治「未曾有の危機でこそ社員との直接対話を(有訓無訓)」日経ビジネス2005年11月7日号

日経ビジネスの巻頭に、それも目次よりも前に、このコーナーがある。大体いいことが書いてある。後ろのほう

記事を読む

no image

森川友義「interview高学歴の稼げる女性はなぜ結婚できないのか?(特集/女性はなぜ出世しないのか)」週刊東洋経済2011.10.15

politicallyには言い難いことで、直感的に感じていることを、学者が言った。ほかの学者は見習う

記事を読む

no image

佐々木常夫『「捨てる仕事」を決める――出ない、会わない、読まない(ワークライフバランスを実現する仕事術)』週刊東洋経済2009.6.13

今日はone by oneで ・出なくて済む会議はできるだけ出ないようにしてきた。組織横断的会

記事を読む

no image

リチャード・カッツ「外資ファンドのように日本の株主も声を出せ(世界の視点)」週刊東洋経済2007.8.11-18

昔読んだ本に、日本の近代産業勃興期の電力会社や鉄道会社の買収などを扱ったものがあった。そういうことは

記事を読む

no image

並木厚憲「大詰め迎えたオリジン東秀TOB合戦 ドンキ流買収策、法の不備を突く」週刊東洋経済2006.3.4

明白な間違い。専門家と名乗り、またはそう称せられる人がどの程度のものであるか、いい一例 ・企業法務に

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑