原田泰「フリードマン教授をしのぶ 資本主義が自由を守ることを見抜く(The compass)週刊東洋経済2006.12.23

公開日: : 最終更新日:2012/08/25 書評(雑誌), 週刊東洋経済, 原田泰



終わり方に気が利いてるね。正しいことには誤謬がないから、このようにも使える

本誌上においてこの後もつづく、日本の軍部や戦争に関する筆者による一連の考察が面白い



・私は、ミルトン・フリードマン教授の最大の業績は、資本主義は人間の自由を拡大し、自由はすばらしことができると示したことだと思う

・ファシストも共産主義者も軍国主義者も、いったん権力を握ると、私的所有権と自由な市場を抑圧することによって言論の自由を圧殺した。資本主義が自由を守ることを、何よりも理解していたからだ

・資本主義は普通の人々の生活水準を低下させ、精神の自由を圧殺し、果ては戦争までをも招くと、多くの知識人によって論難されてきた。そのようなことは、まったく根拠がないことをフリードマンは圧倒的な説得力で示してきた

・資本主義は平和も守る。資本の論理で考えるかぎり、日本が第2次大戦に参加する必要はまったくなかった。他国が戦争をすれば、第1次大戦でしたように、両方に武器や商品を売ればいいだけだ。死の商人は褒められたことではないが、自らアジアを侵略するよりはよいだろう。資本家はもちろん労働者も利益を得る。これは第1次大戦で証明済みだ。しかし、それでは軍人の出番がない

・第1次大戦では、日本はほとんど戦わなかったがゆえに武器は旧式となり、大儲けしたビジネスの地位は上がり、軍人の地位は低下した。若い将校の花嫁候補としての地位は急落した。軍人にとって、そのようなことは二度と許してはならないことだった。戦争は軍人とその取り巻きが欲したもので、資本主義は完全に無罪である

・自由な日本の読者は、私が、日本は第2次大戦で死の商人になればよかったと書いたことに反感を抱かれたと思う。私的に所有された印刷機やカメラやパソコンが、戦争は英雄的な行為ではなく残虐で悲惨なものであることを世界中に伝えているからだ。これこそが、資本主義の自由のもたらすすばらしい倫理観である



20070104002200



google adsense

関連記事

no image

『激戦区で独り勝ち「ルクア」絶好調のワケ(特集/流通サバイバル)』週刊東洋経済2012.2.11

20120221225741 JR私鉄は人の流れを押さえているから、普通にしていても勝てるはず。そ

記事を読む

no image

佐々木常夫「男性社員の育児休業は本人も会社にもプラス(ワークライフバランスを実現する仕事術 第33回)」週刊東洋経済2010.1.9

20100406092423 育児休暇は育児のための休暇であって、それ以上でも以下でもない。育

記事を読む

no image

又吉龍吾「”外弁慶”スバルが挑む国内販売テコ入れ大作戦(カンパニー&ビジネス)」週刊東洋経済2012/03/03

20120821234825 こういうアイデアはテイクノート ・日産自動車やホンダも独自

記事を読む

no image

佐藤吉哉「梅棹忠夫氏 発想生む「頭の霧箱」(編集長インタビュー)」日経ビジネス2007年4月30日号

20070511060700 刺激ある文章。しかし、実際の話がそう行われていたとしても、そのまま関

記事を読む

no image

田中陽ほか「知られざる勝ち組の素顔(特集しまむら流)」日経ビジネス2006年5月22日号

カリスマバイヤーなどは、知識経験を自分ひとりで囲い込んで偉そうな風を吹かすだけのセコイ奴だ。これが他

記事を読む

no image

麻生祐司ほか「現場に広がる縄張り意識 問われる日産ウェイの真価(特集ゴーン大反論)」週刊ダイヤモンド2007/06/09

・じつは日産ウェイには別の思いも込められている。社員の評価軸の再構築である。日産の人事評価制度は日本

記事を読む

no image

野口悠紀雄「経済学は金銭に換算できるものだけを対象にしているわけではない(通説粉砕WOW!WOW!経済塾)」週刊東洋経済2006.6.3

野口氏のこのコーナーは非常にオーソドクスな考え方をしっかりと伝えてくれている。こういうことを分かった

記事を読む

no image

山田昌弘「拡大する地域間格差 大変化する家族形態(The compass)」週刊東洋経済2006.1.21

20060130231500 著者は最近ベストセラーを出して有名になった人だ。ビジネス誌でも去年の

記事を読む

no image

野口悠紀雄「われわれは生活防衛策を真剣に考える必要がある(『超』整理日記430)」週刊ダイヤモンド2008/09/20

このコラムにおける日本に対する著者の傾向は前からかなり悲観的であるが、今回は悲観そのもの。本旨とは違

記事を読む

no image

鷺森弘「太陽電池でも「ホンダ流」他流試合より、自ら土俵を作る」日経ビジネス2007年11月19日号

200712010600 ホンダ。夢を感じさせる会社は世界でも数えるほどしかない。人型ロボットやジ

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑