中島隆信「これも経済学だ!」ちくま新書

公開日: : 最終更新日:2011/09/08 書評(書籍)

前評判どおりに面白かった。角界の話や、江戸時代の固定的な社会システムに関する説明は新鮮だった。茶、絵画、剣、仏教については知っていたが、将棋まで家元があったとは
p022.経済学では、法規制を最小限とし、できるかぎり市場の規律によって問題の解決を図ろうとする。市場の規律とは競争による自然淘汰のことである。品質の劣るものを高く売りつける業者は、市場での競争により、良品を適正価格で売る業者との競争に負ける。そして、最終的にすぐれたものだけが生き残るのである。法で規制することは、違法行為を増やし、ブラックマーケットを拡大させることにつながる。ブラックマーケットは、その不透明性ゆえに消費者に商品情報が十分行き渡らず、数の限られたマフィアが独占価格を設定することから、不当に高い価格で商品を買わされることにもなる p034.大勢の客を招き、賑々しく式をあげてしまったら、簡単に離婚はできなくなる。あの祝辞は何のためだったのか、あの花嫁の派手な衣装は何だったのか、みんなで歌ったあの「愛の賛歌」は偽りだったのか、そして最後に感謝の言葉を述べた親は世間に顔向けできなくなるだろう p035.アメリカのエール大学に滞在していたとき、教員ガイドにはっきりと「教授と学生の恋愛を禁ずる」と書かれていたのを見て驚いた記憶がある。その理由は「教授と学生は対等な立場にない」ということだった p051.江戸時代初期の剣術界では、諸藩の大名が徳川家に倣って剣術指南役を抱えたこともあり、さまざまな流派が誕生した。その一方、各流派は他流試合を禁止した。それは他流試合にはコストがかかるからだ。コストには2種類ある。敗者は負傷し、場合によっては死に至ることもある。もう一つのコストは敗者の汚名である。立ち合いに敗れた流派は技術が劣るということで門弟が集まらなくなり、市場から撤退することになるだろう。指南役をつとめる流派が負ければ抱えている大名の不名誉にもつながるからだ。しかし、他流試合の禁止は弊害をもたらした。各流派が剣術の技ではなく構えや形などの形式美を競うようになったからである。技の進歩は鈍り、入門者は減り、剣術は存亡の危機に立たされた。この危機を救ったのが竹刀と防具の発明である。思い切り打ち込んでも相手にケガを負わせることがなくなったのだ。競争が可能となった剣術界は息を吹き返した。そして幕末の剣術隆盛期へとつながったといわれる p057.将棋の世界も江戸時代はガチガチの家元制度だった。幕府は将棋を寺社奉行の管轄下におくとともに、大橋家、大橋分家、伊藤家の3つの家元を将棋文化の継承者とし、家来と同様に俸禄を支給した p067.大相撲の最大の文化性は力士としてのあの体型なのである。身体が大きく、腹がせり出していなければ力士とはいえないのである。そして力士独特の体型を作るには、生まれながら大きな体格を有した若者がなるべく早期に角界の生活習慣になじむ必要がある。身体の小さい人が20代後半からはじめたのでは遅いのだ p069.大相撲では溜まり席の観客がフェンスの役を担っている p081.人々の価値観が多様化した現代社会において、特定の文化に公的資金を投入することに関して国民のコンセンサスを得ることは容易ではない。たとえば、NHKが高校野球を全試合放送するならばなぜ高校サッカーや高校ラグビーを全試合放送しないのだろうか。高校野球放送には国民のニーズが高いというのは理由にならない。なぜなら、ニーズが高ければ民間の放送局に任せることができるはずだからだ p084.もはや古典的アニメーションの主人公であるミッキーマウスが現在でも絶大な人気を誇っているのは、ディズニーランドという日常性を排除した空間で夢の世界を演出しているからに他ならない。そこで出会うミッキーマウスの気ぐるみはまさに異文化そのものだ p104.安定した顧客の存在はサービス事業者の緊張感を失わせる。これは宗教活動といえども同じである。いつも同じ客を相手に代わり映えのしないサービス提供を繰り返していれば、しだいに新進の気鋭は失われていくだろう。宗教本来の役目である信者を教化するという仕事もやる気が起きるとは思えない。幕府の戸籍係としてのお寺には、強化の成否に関係なく信者が割り振られるからである。檀家制度のもとで宗教活動がしだいに形式だけのものとなり、本来の意味を失っていくのは当然のことである。こうした状態が260年も続いたことにより、多くの日本人にとって仏教は単なる儀式のための作法にすぎなくなってしまったのだ p140.経済学者の多くは弱者保護には反対の立場をとっている。その理由として、弱者は保護されると努力を怠るようになり、ますます弱くなるからだとする p146.なぜ行政はこうした現物支給型の保護政策を採用しているのであろうか。その理由は、税金の配分を任されている行政としては、弱者に国民一般のイメージする弱者像から逸脱した生活を送って欲しくないからである p189.アメリカのフォーブス誌などをみると、世界の億万長者の名前が掲載されている。しかもどの人たちも現役バリバリのビジネスマンである。なかには総資産が5兆円もあるのにまだ稼いでいる人もいる。仏教の考え方によれば、こうした人たちは充足度が高まるとそれに応じて欲も拡大し、いつまでたっても満足が得られない状態にあると説明される。これは六道輪廻の餓鬼そのものといえるだろう。餓鬼はいくら食べても飲んでも満たされず、ひたすら飲食物を求めて徘徊するもののこという。この苦しみから抜け出すには、欲をほどほどにし、ものごとにこだわらない心を持つことが肝要だと仏教はいう p192.こうした市場経済がうまく機能するためには条件がある。1つは市場参加者の数が多いことである。参加者が少ないと、一部の人たちが価格を操作しやすくなる。そうなると価格が希少性の真のシグナルとして機能しなくなるのだ。2つ目は、資源に持ち主がいなければならないことである。所有権が与えられてこそ資源は大切に扱われる。誰の持ち物でもない公共的な財産は、「共有地の悲劇」といわれ、その場限りの利益を追求する人たちにとって略奪の対象となりかねない。地球上の森林や海洋などの資源が徐々に失われつつあることもその一例である。そして、3つ目に市場での取引に透明性があることだ。消費者が商品やサービスの情報を十分知らされていないと不良品をつかまされたり、カネを騙し取られたりすることがある。売り手と買い手が対等の立場でいることが必要となる p209.何か事件が起きたとき、国民のなすべき役割は事件の背後にある原因について冷静に分析し、それを今後に役立てる方策を考えることである。しかし、善悪を基準とした分析手法は第三者としての冷静な判断力を鈍らせてしまう。悪人をつるし上げるメディア報道は、事件と直接関係のない視聴者に当事者意識を植え付けようとする。視聴者の同情を誘い、怒りを駆り立て、感情に訴えることで視聴率が高まるからだ。しかもこうした興奮は長く続かない。一時的に燃え上がったかと思うと、さっと潮が引くごとく静かになってしまう。そして1年も経てば何があったかすら忘れてしまうのだ p210.経済学の利点は「善人」や「悪人」をつくらないことだ。状況に応じて誰でも「悪人」になってしまうと考える。経済学に登場する人間は誘惑に勝てない弱い存在なのである。こうした意志の弱い人間を「善人」にするためには、「悪人」にならないインセンティブを与えることが必要だと経済学は教える p219.「あいつは何て馬鹿なことをしているんだ」と思ったとたんに人間の思考は停止してしまう。「なぜあんなことをしているんだろう」という疑問に置き換えることで、考えが一歩前に進むのである。外部者にとって不思議に思える行動であっても、当人にとってみれば背後にそれなりの合理性が存在しているはずだ
20070306225700

google adsense

関連記事

no image

高橋朗「黄金のおにぎり」ナナ・コーポレート・コミュニケーション

購入すべき本だ だいぶ前に買って読んでなかったものだ。もっと早く読むべきだった 「たった3時間で

記事を読む

後藤利夫「あなたの知らない乳酸菌力」小学館

20140202222910 あなたの知らない乳酸菌力 (実用単行本)著者 : 後藤利夫小学館発売

記事を読む

no image

団藤重光「法学の基礎 第2版」有斐閣

20120211212529 久しぶりにこんな硬い本読んじゃったなあ。基礎というものの、難しくて最

記事を読む

no image

BS朝日・矢動丸プロジェクト編「賢者の選択」ソフトバンクパブリッシング

国内旅行で温泉旅館に泊まったとき、夕食に謎の食前酒が出てきて思い切って飲み干すことがある。この本はそ

記事を読む

no image

山田修「あなたの会社が買われる日」PHP研究所

なんか、実際に読んでみて、タイトルとは全然違う内容に驚いた。M&Aのことが書いてあるわけではない。会

記事を読む

no image

内藤耕『「最強のサービス」の教科書』講談社現代新書

当たり前のように思えることが、どうしてできないのか。ということのほうが気になる p20

記事を読む

no image

竹内淳「外国為替投資の基礎常識」実業之日本社

最近、外国為替証袖金取引がツイている。このところ毎週、万から10万の単位で利益を出している。ある金融

記事を読む

no image

原秀史『「規制」を変えれば電気も足りる』小学館新書

20111112231826 ここのところ、こういう悪い規制のことばかり読んでいると思う。が、たま

記事を読む

no image

西口貴憲「すべては戦略からはじまる」ダイヤモンド社

20110730005741 経営戦略を掻い摘んで理解するには最高の本。内容は基本的で、か

記事を読む

no image

ポール グレアム Paul Graham「ハッカーと画家」オーム社

20130128225245 コンピュータ関係の仕事に関係するならば読んでおかなければと思

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑