大久保寛司「仕事の壁を破るヒント」PHP研究所

公開日: : 最終更新日:2012/12/23 書評(書籍)



20070410222000





本の構成がおもしろい。一区切りついたところで作者が読者に呼びかけるようなスタイルでそれまでの纏めを平易な文章で言い換えて再確認している。内容的にはそれほど驚くことはないものの読んで損はない一冊



p20.英語で「お客様:のことを”Customer”と言います。これは、「習慣」という意味の”custom”に”er”がついた単語です。つまり、習慣化していて、何度も何度も商品やサービスをお買い上げいただいていることを表しているのだと思います。また、「ビジネス」という外来語にもっともよく当てはまる日本語は、おそらく「商い」でしょう。「商い」とは「あきない」つまり「飽きが来ない」こと。すなわち、「ビジネスの基本はリピート・オーダー、再購入していただけるかどうかにある」と考えるべきではないでしょうか

p18.開発部門の人たちに「営業部門からお客様の声を聴いていますか? 商品に反映していますか?」と尋ねました。その返事は、おもしろいことに「聴いていません」というものでした。わからなくなったので、よく話を聴いてみると、開発・製造部門の人たちはこんなふうに答えました。「営業はいいかげんなんです。営業の言うとおりにやったら、会社は不良在庫の山になりますよ」そこで、営業部門の人たちに「あなたたちはいいかげんなんですか?」と聴いてみると、彼らはこう答えました。「実はいいかげんなんです」―。

p48.さまざまな企業を訪問する中で、最近痛感していることがあります。それは、「自分はたいしたことをしていない」と言う人に限って、すばらしい仕事をしているということです。そして反対に、「自分がいないとこの組織はダメだ」と言う人に限って、実はその人がいないほうが組織はうまくいくというケースが多いのです

p89.対話の時間は、組織にとって「投資である」と考えて下さい。そして、この投資の時間を業務予定にきっちり組み込んで下さい。そうすることで、組織の力は確実に高まるはずです

p113.いい表情をつくるときのポイントの一つは、「鏡を見ながら努力をする」ということです。鏡を見ないと自分の表情がわかりません。もう一つのポイントは、「いいものを見る」ということです。「私は表情がよくない」と悩んでいたある人が、毎日、仏像をながめていたら、とても穏やかな「いい表情」になったという話を聴いたことがあります。つまり、「いいもの」をじっと見て、自分を同化させる、それによって自分の表情を変えたのです。表情は力です。生き生きとした表情は組織を大きく変えていきます。皆さんも、すばらしい表情を身につける努力をしてみて下さい

p114.戦時中、「ダメです、もう体が動きません」と言っていた患者のほとんどが、空襲警報が鳴った途端立ち上がって逃げ出したといいます。結局、「全力を尽くしていなかった」のです。もちろん病院で寝ているときは、本当に「動けない」と思っていたはずです。「動けない」と自分で思い込んでいる訳です。「全力を尽くしているかどうか」と、常に自分に問いかけてください。本当に全力を尽くしたら、大抵のことは実現すると思います

p120.仕事ができる人の一つの特徴は、「常に頭の中に問題意識を持ち続けている」ということだと思います。例えば、何もない中で突然「ひらめいた」といたケースは、本当に何も考えないで、何もない状態でひらめいたわけではありません。散々考えて、課題を持ち続けて、その結果、ひらめくのです

p133.「うまくいかない責任は自分にある」、この発想が、自らを主とするということであり、自主の精神なのです。「景気が」「世間が」「政府の政策が悪いから」…。このような経営者は、すぐに退任しなければならないと私は思います。「世の中が全部よくならないと、自分の足で立つことができない」と言うならば、足の裏が弱いのです。いわば、「自分の歩くすべての場所に柔らかな絨毯を敷いてくれ」と言っているのと同じです。それは不可能です。むしろ考えるべきは、「自分の足の裏にどうやって絨毯を貼り付けるか」ということでしょう





google adsense

関連記事

no image

手嶋龍一・佐藤優「インテリジェンス 武器なき戦争」幻冬舎新書

実は諜報関係の話は好き。こうやって気になるところをメモしていると、佐藤氏の発言のほうが圧倒的に多いな

記事を読む

藤田紘一郎「人の命は腸が9割 ~大切な腸を病気から守る30の方法」ワニブックスPLUS新書

20140204231325 人の命は腸が9割 ~大切な腸を病気から守る30の方法 (ワニブックス

記事を読む

no image

鈴木亮「アルバイトだけでもまわるチームをつくろう」クロスメディア・パブリッシング

20121223150237 アルバイトを大量に動かす仕事に参考になる一冊。読みやすいのに

記事を読む

no image

林恵子「「できる女」はやわらかい―ラッキーサクセスの仕事術」亜紀書房

これを読んでいる間いつも頭から離れなかった疑問は、「著者に子どもはいるのだろうか」ということ。これは

記事を読む

no image

毛受敏浩「人口激減 移民は日本に必要である」新潮新書

20111123203247 図書館で新着として並んでいたのをたまたま入手。人のダイナミックな動き

記事を読む

no image

田中章夫「日本語雑記帳」岩波新書

20130113174129 人生を大学からやり直すならば、このような日本語の研究者になり

記事を読む

no image

成毛眞「実践!多読術」角川oneテーマ21

ここで紹介されている本を多く、読もうという気になった。歴史もの、軍事もの、科学もの、をもっと読もうと

記事を読む

no image

横石知二「そうだ、葉っぱを売ろう!」ソフトバンククリエイティブ

素材自体が大変に面白い。実話のおもしろさ、地方の農業振興、必然的に年寄りの話ということで熱い物語にな

記事を読む

no image

山根一眞「メタルカラーの時代3」小学館文庫

20111226181926 このシリーズを連続で読んでいる。たぶん、全部読む 山根一眞「メタル

記事を読む

no image

原丈人「21世紀の国富論」平凡社

20120817001241 かなり昔の本になってしまったが、新鮮さは失われていない。もっ

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑