宮東治彦「新春特別対談 歴史に探る国と企業の盛衰の理」日経ビジネス2006年12月25日・2007年1月1日号

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 日経ビジネス

記事は少し古くなる。年初の日経ビジネスにおけるカルロス・ゴーン氏と塩野七生氏の対談より 年末年始に活字がインフレを起こすほどには内容が詰まっていないと思う中、この特集はおもしろく、いまでも記憶に残っている 最近、日産のリバイバルの話がかすんで見える。最近の目標が達成できなかったり、当時のV字回復は会計上の操作が寄与するところが大きいという指摘があったり この部分を読んで、日本史しか知らない私は、大内義隆とか徳川慶喜とかと思い出した。NHK大河ドラマ「毛利元就」では前者が風間トオル、同じく「徳川慶喜」では後者が本木雅弘だ 往時の野蛮さがなくなって上品になってきたら、終焉が近いということは、企業にも当てはまるということだ、なるほど
(塩野)最後の皇帝は、いかにも最後の皇帝的でしょう? エレガント(優雅)で、人がよくて、ジェントルマンで (ゴーン)そのとおり。終焉を迎える時代の指導者はみんないい人で、エレガントで、事情にクリエーティブ(創造的)で。国家が崩壊したのは、脅威にさらされても、戦おうという情熱がなかったからではないでしょうか。企業も同じです。成功している企業のリーダーがいい人とは限りません。歴史は重要なんです。歴史を読めば、素晴らしい企業、弱い企業はどういうものなのか。あるいは新しいリーダー像や、去り行くリーダーというものが分かるんです (塩野)作家をはじめとして、芸術家も同じです(笑) (ゴーン)つまり終焉、崩壊というのはある意味、香水みたいなものですね。かぐわしくて、甘く、きれいで… (塩野)滅亡するんですから、美しく滅亡しなくては。力を持ち始める時は少しは野蛮でもいいんです。ただ、やはり、円熟期に入る頃になりますと、エレガンスとか、ジェントルマンであるとか、そういうものと野蛮な力が、実に微妙な、絶妙な配合をするんです
20070418043200

google adsense

関連記事

no image

リチャード・カッツ「外資ファンドのように日本の株主も声を出せ(世界の視点)」週刊東洋経済2007.8.11-18

昔読んだ本に、日本の近代産業勃興期の電力会社や鉄道会社の買収などを扱ったものがあった。そういうことは

記事を読む

no image

「激論!技術進歩を国が潰す 寛容を失った日本に新産業は興らない!藤沢数希(人気ブロガー)×猪子寿之(チームラボ社長)」週刊ダイヤモンド2012/07/21

20120719004055 この対談特集がすごくおもしろい。シリーズになれば今後も定期購読す

記事を読む

no image

中島募「政府がNHKに拉致問題の放送を命令 効果を期待、57%が賛成」日経ビジネス2006年11月27日号

20061130001000 当のNHKを初めとして、こういう「報道の自由」に触りそうな事件につい

記事を読む

no image

「IPOから疑え! 歪められた『価格発見機能』公募株求め個人殺到するが合理性欠いた株価変動も」週刊東洋経済2006.2.4

週刊東洋経済という雑誌に対する評価は見極めがたい。ビジネス・スキャンダルの萌芽をしつこく追いかける姿

記事を読む

no image

臼井真粧美ほか『「御三家」沈没!国内勢も大不振 オークラ内部崩壊の真相。国内老舗ホテルの惨状(特集 ホテル&旅館 大淘汰)』週刊ダイヤモンド2009/03/28

20090324225925 はいはい、衰退してください ・財界の次世代をつなぎ止められない

記事を読む

no image

仲宇佐ゆり「野村貿易 マクラーレン社のベビーカー(マーケティングの達人に会いたい第148回)」週刊東洋経済2006.10.14

20061101222200 マクラーレンのベビーカーを最近見るようになった。これを誇らしげに押す

記事を読む

no image

御厨貴「政治は崩壊、官僚は無気力化 政策が動かない状態が続く(特集「大不況の経済学」入門)」週刊ダイヤモンド2009/04/04

今週の経済誌は、どれも分厚い。年度末ということで何か事情があるんだろう。といっても3誌しか見ていない

記事を読む

no image

並木厚憲ほか「ドンキ流の改革を断行 スーパーはこう変わった(特集/売れ筋の法則44)」週刊東洋経済2009.5.16

業界にとって常識だったことが、本当に求められていることなのか、そしてそれに自分がどう応えるべきなのか

記事を読む

no image

田中陽ほか「藤原秀次郎会長が説く マニュアルこそ優しさの象徴(特集しまむら流)」日経ビジネス2006年5月22日号

20060527004137 浦和で降りられずに大宮とは、なんともリアルでドラマティックな。とても

記事を読む

no image

佐藤優「日本を危機から救う国際エリートの育成(第225回知の技法出世の作法)」週刊東洋経済2011.12.17

20111215001135 ほんと、この人の多作と教養には感服する。いつも目を見開きながら楽しみ

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑