宮東治彦「新春特別対談 歴史に探る国と企業の盛衰の理」日経ビジネス2006年12月25日・2007年1月1日号

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 日経ビジネス

記事は少し古くなる。年初の日経ビジネスにおけるカルロス・ゴーン氏と塩野七生氏の対談より 年末年始に活字がインフレを起こすほどには内容が詰まっていないと思う中、この特集はおもしろく、いまでも記憶に残っている 最近、日産のリバイバルの話がかすんで見える。最近の目標が達成できなかったり、当時のV字回復は会計上の操作が寄与するところが大きいという指摘があったり この部分を読んで、日本史しか知らない私は、大内義隆とか徳川慶喜とかと思い出した。NHK大河ドラマ「毛利元就」では前者が風間トオル、同じく「徳川慶喜」では後者が本木雅弘だ 往時の野蛮さがなくなって上品になってきたら、終焉が近いということは、企業にも当てはまるということだ、なるほど
(塩野)最後の皇帝は、いかにも最後の皇帝的でしょう? エレガント(優雅)で、人がよくて、ジェントルマンで (ゴーン)そのとおり。終焉を迎える時代の指導者はみんないい人で、エレガントで、事情にクリエーティブ(創造的)で。国家が崩壊したのは、脅威にさらされても、戦おうという情熱がなかったからではないでしょうか。企業も同じです。成功している企業のリーダーがいい人とは限りません。歴史は重要なんです。歴史を読めば、素晴らしい企業、弱い企業はどういうものなのか。あるいは新しいリーダー像や、去り行くリーダーというものが分かるんです (塩野)作家をはじめとして、芸術家も同じです(笑) (ゴーン)つまり終焉、崩壊というのはある意味、香水みたいなものですね。かぐわしくて、甘く、きれいで… (塩野)滅亡するんですから、美しく滅亡しなくては。力を持ち始める時は少しは野蛮でもいいんです。ただ、やはり、円熟期に入る頃になりますと、エレガンスとか、ジェントルマンであるとか、そういうものと野蛮な力が、実に微妙な、絶妙な配合をするんです
20070418043200

google adsense

関連記事

no image

白壁達久「ルーブルの番人、FBTの味方 ワテック(小さなトップランナー)」日経ビジネス2008年7月14日号

20080928060000 一度に複数のイッシューの解決を図るすばらしいアイデアの例 ・設

記事を読む

no image

ヘンリー・ジェンキンス「世界とつながる子どもたちの大進化 経験の格差こそ問題(World Voice)」週刊ダイヤモンド2007/12/22

20071219060000 ・インターネットの普及に伴うデジタル世界の膨張によって、子どもも

記事を読む

no image

野口悠紀雄「貿易大国から脱していない日本人の意識(「超」整理日記)」週刊ダイヤモンド2006/04/29・05/06合併号

週刊ダイヤモンドと週刊東洋経済というイガミ合う2誌に、著者の同じようなコラムがある。どれを読んでも明

記事を読む

no image

小笠原啓「リニアPCMレコーダー CD超える”臨場感”録る」日経ビジネス2008年8月18日号

20090104185800 単なるメモ。別にリコーダーを買おうというわけではないけど ・C

記事を読む

no image

鈴木棟一「靖国参拝を強行する小泉首相の新の狙い(新・永田町の暗闘)」週刊ダイヤモンド2006/07/08

週刊ダイヤモンドは終わりに近づくに連れ、読み応えのある内容となっているのが興味深い雑誌である。最初の

記事を読む

no image

冨岡耕「豪空港ファンドが日本上陸 狙われた「羽田」視界不良の攻防戦(スペシャルレポート)」週刊東洋経済2007.10.27

タイトルの羽田になぜカギカッコがつくのかもわからないが、下に引用する文において空港ビル関係者がなぜ「

記事を読む

no image

野口悠紀雄「45万人が働く巨大バケモノ工場と戦う?(日本の選択 第32回)」週刊東洋経済2012.1.28

20120220011135 フォックスコンの深セン工場の自殺者のニュースの分析。自殺者続出のとこ

記事を読む

no image

福田恵介「驚異的”マイバッグ率”誇る平和堂、イズミヤの勝因(カンパニー&ビジネス)」週刊東洋経済2007.12.15

20071216060000 ・平和堂でチェッカーが、あくまで買い物客とのコミュニケーションの

記事を読む

no image

原田泰「日本には原発を管理する資格がない(THE COMPASS)」週刊東洋経済2012/04/14

20120825075657 良い味。この人の話の展開が蘊蓄、含蓄があって好きなんだよな 力

記事を読む

no image

「古森重隆氏 富士フイルムホールディングス会長・CEO 社長業は人生の通信簿(編集長インタビュー)」日経ビジネス2012/07/23

20120805185240 ・コダックを悪く言うつもりはありません。ただ、経営者として気づい

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑