大西康之ほか「社員は見た世紀の大合併 失敗のなぜ?(特集 買収無残)」日経ビジネス2007年5月7日号

公開日: : 最終更新日:2013/02/03 書評(雑誌), 日経ビジネス



20070508220200

リアリティってのはおもしろいなあ、と思う。週刊誌とは、こういう生気のある情報を出せてナンボという気がする


・ふそうの日本人社員はそれまで当たり前に接していた経営情報から遠ざけられた。この4半期は儲かったのか、赤字なのか、すら分からない


こういうことを従業員に伝えないメリットってどのようなものがあるのだろう。明快な答えを聞いたことがない。今回一つそれらしいと感じたのは、労組の賃上げ要求をはねつけるということだった


・ふそうは2006年、川崎製作所に近いJR新川崎駅前に本社を移転した。1階のコーヒーショップではコーヒー片手に談笑する外国人をよく見かける。現在、ダイムラークライスラーからふそうへの出向者は約50人。だが、コーヒーを飲んでいる外国人はダイムラークライスラー出向者とは限らない。「ダイムラークライスラー出向者とほぼ同数のコンサルタントが日常的に出入りしている。我々の言うことは信じないが、コンサルタントは信じる


気持ちは分からないでもないけど、いままで中にいて何もできずに経営成績が悪かったのだから、外部からの人間が幅を利かせても仕方がないという気もする


・三菱自でも同じことが起きていた。「ダイムラークライスラー参加の時代、三菱自には常に4~5社のコンサルティング会社が出入りしていて、年間に100億円近いコンサル料を払っていた」と三菱自の元幹部は証言する

・ダイムラークライスラーがふそうや三菱自で犯した過ちは、ダイムラークライスラー本体でも繰り広げられた。「世紀の大合併」とうたわれた独ダイムラー・ベンツと米クライスラーの合併も失敗に終わろうとしている


確かになあ


ダイムラーとクライスラー両社の関係を見てきた三菱自の海外担当者は、世紀の合併の内幕をこう語る。「2つの会社は、何から何まで違い過ぎた。ダイムラーの経営陣は体育会系で、議論に熱中すると役員会は深夜に及び、途中から酒が入って最後は歌い始める。クライスラーの役員は朝早くからバリバリと働いて定時になるとすっと帰った」「役員報酬はダイムラーの方が格段に低いが、それ以外のコストがかかる。出張する時はファーストクラスで飛んでスイートに泊まる。報酬の高いクライスラーの役員はビジネスクラスで来て普通のツインに泊まった」そんなビジネススタイルや価値観の違いを、ついに両社は乗り越えることができなかった。クライスラーからはダイムラー流を嫌う中核の人材が流出し、空洞化したクライスラーを最後はダイムラーが持て余した


うーん、自分はクライスラーのタイプだなあ



google adsense

関連記事

no image

佐藤優「「若いやつを鍛える」で組織は維持できない(知の技法 出世の作法 第249回)」週刊東洋経済2012.06.16

20120904234111 外務省という組織で最終的に失職とはなった。それでもその後にこの人

記事を読む

no image

野口悠紀雄「出生率の引き上げは少子化社会対策として適切ではない(通説粉砕経済塾)」週刊東洋経済2006.4.1

ここで急に1年以上前の記事をメモしておく ・出産費用がゼロになったところで、出生率に大きな影響

記事を読む

no image

山田昌弘「拡大する地域間格差 大変化する家族形態(The compass)」週刊東洋経済2006.1.21

20060130231500 著者は最近ベストセラーを出して有名になった人だ。ビジネス誌でも去年の

記事を読む

no image

「廃線再生! 京都トロッコの立役者(特集/「鉄道」再起動)」週刊東洋経済2012/02/25

20120813021140 ここまで真剣にできるほど、おもしろい、大切な、期待された、そんな

記事を読む

no image

林南八「カイゼン寓話『お婆ちゃんの七面鳥』当たり前のことに疑問を持て」週刊東洋経済2006.3.11

筆者の肩書きは「トヨタ自動車技監」。”トヨタ自動車の誇る生産管理の「神様」”とのサブタイトルもある

記事を読む

no image

大坪稚子ほか「劇団四季 経常利益率2ケタの高収益 劇団経営に革命を起こす(特集 エンタメ全解剖)」週刊ダイヤモンド2008/08/23

20080907060000 コンティンジェンシー・プランがしっかりしている。こういうのが業界特有

記事を読む

no image

佐藤優「筆者自身の効率的な時間の使い方(知の技法 出世の作法)」週刊東洋経済2009.10.17

20091031102203 確か、この連載で筆者が、適切な睡眠時間は人によって決まっているので、

記事を読む

no image

麻生祐司ほか「特集 団塊離婚と非婚ジュニア シングルライフの生涯収支」週刊ダイヤモンド2007/05/12

今週の週刊ダイヤモンドは確実に定価の数倍の価値がある。いつもと違う内容に、頬が緩みっぱなしだった。

記事を読む

no image

麻生祐司ほか「現場に広がる縄張り意識 問われる日産ウェイの真価(特集ゴーン大反論)」週刊ダイヤモンド2007/06/09

・じつは日産ウェイには別の思いも込められている。社員の評価軸の再構築である。日産の人事評価制度は日本

記事を読む

no image

岩井聡「日本人が面白いと思うものは世界で見ても「面白い」! 特集/日本をぶち壊せ!」週刊東洋経済2009.4.25

人事を尽くして天命を待つ、といういい方がある 岩井社長の話は、常に気づきを与えてくれる、ような気が

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑