佐藤吉哉「梅棹忠夫氏 発想生む「頭の霧箱」(編集長インタビュー)」日経ビジネス2007年4月30日号

公開日: : 最終更新日:2013/04/07 書評(雑誌), 日経ビジネス



20070511060700


刺激ある文章。しかし、実際の話がそう行われていたとしても、そのまま関西弁にして記載することはないではないかという気もするけど




・「梅棹の研究は単なる思いつきにすぎない」なんていう人がいるが、何たることかと思いますね。そんなら「なんか思いついてみぃ」と言いたい。思いつきこそがすべてだから。すると、思いつきの方法はないかと聞いてくる人がいるけど、そんなもんあるかいな。思いつきちゅうのは、変な例えやけど、宇宙線のせいだと言うとるんです。宇宙線が飛んできて、脳を貫いた時にパッとでてくるんや。本を読んだって成果は出ない。物理学に「ウィルソンの霧箱」という装置があります。蒸気を飽和状態に詰めた箱で、宇宙線が飛んでくると中に「スーッ」と痕跡が残るんですよ。そうやって宇宙線の飛来を捉えているんです。こういうウィルソンの霧箱を、自分の頭の中にちゃんと用意しておかな…。そうやなかったら、なんぼ宇宙線が飛んできても何もひらめかない。ぼんやりしてたら、あかん




孔子の言葉みたいだね




・ドイツ系の米国人と一緒だったんで、欧州のことを聞いとったら、なんや日本と同じやないかと思ったんです。自分の経験ではインドも中国も日本と違う。日本はアジアよりも西ヨーロッパに近いとひらめいたんです。欧州にはそれに気がついていた人が昔からいたようですな。17世紀頃から日本にたくさんヨーロッパ人が来てます。その人たちは中国のことはたくさん書いているのに、日本についてあまり書いていない。日本に興味がなかったんですよ。日本には町人がいて、ギルドがあって、坊さんもいて、教会・お寺があって、サムライがいる。欧州のブルジョアとか騎士とかと同じ構成なんです。だから興味を持たなかったというわけ


・毎日の日常生活では日本と中国の違いばかり経験しました。例えば、中国の人たちは物の価値を「交換すること」に見いだしていて、自然から物を取り出して作ることにあんまり興味がない。日本人はそれが大好き。考え方が違うんです




中国のことをもっと勉強しなければならないのだろうか




・国立民俗学博物館の名誉教授の小山修三は「学者は請われたら一差し、舞わなければならない」と言っとる。舞うからにはブーイングではいけない。しかし、最近の学者はよう舞わへん。請われたら断る。非常に困った傾向で、周囲に壁を巡らせてしまっている。アカデミックな世界にはそういう人が多いようです。勇気を持って壁を飛び越えられるようにアジテートせなあかんなぁ







google adsense

関連記事

no image

北川達夫「対話の手法 戦略的な仮面に対処するには(わかりあえない時代の「対話力」入門 第33回)」週刊東洋経済2010.1.9

この連載は、ときに面白い。海外での経験、海外と交渉した経験を元に、対話について、平易で冷静な解説をし

記事を読む

no image

大西康之ほか「社員は見た世紀の大合併 失敗のなぜ?(特集 買収無残)」日経ビジネス2007年5月7日号

20070508220200 リアリティってのはおもしろいなあ、と思う。週刊誌とは、こういう生気の

記事を読む

no image

麻生祐司ほか「特集 団塊離婚と非婚ジュニア シングルライフの生涯収支」週刊ダイヤモンド2007/05/12

今週の週刊ダイヤモンドは確実に定価の数倍の価値がある。いつもと違う内容に、頬が緩みっぱなしだった。

記事を読む

no image

「五味廣文(元金融庁長官)インタビュー規律欠如が過剰規制を生む 自縄自縛に苦しむ証券業界」週刊ダイヤモンド2012/09/08

20120916014826 今年度上期の金融ビジネスシーンでは、「自浄努力」が流行語大賞

記事を読む

no image

中島募「政府がNHKに拉致問題の放送を命令 効果を期待、57%が賛成」日経ビジネス2006年11月27日号

20061130001000 当のNHKを初めとして、こういう「報道の自由」に触りそうな事件につい

記事を読む

no image

辻広雅文「法人税減税というエゴ(プリズム)」週刊ダイヤモンド2006/11/11

筆者は本誌の前編集長のようだ このエッセイは何なんだろうと思った。凄い独自の見解な気がする。これが

記事を読む

no image

佐藤優「小さな出世に拘泥せず大きな出世をつかめ(知の技法 出世の作法 第240回)」週刊東洋経済2012.04.07

20120908235231 どこかで一廉のものがないといけないというとき、このような信頼とか

記事を読む

no image

池田光史ほか「失業、減給時代を、どう生き抜くか(特集 大失業・減給危機)」週刊ダイヤモンド2009/05/16

20091006233445 ちょっと古くなった雑誌から そのリクルートコスモスが現在かなり危な

記事を読む

no image

小嶋千鶴子「まっすぐなキュウリを売ることが物価を下げるんです(長老の智慧)」週刊東洋経済2007.1.20

ちょっと前に始まったこの連載が面白い。何がって、この人、岡田卓也名誉会長の姉であり、すごい高齢なんで

記事を読む

no image

BusinessWeek「バフェット氏のCEO操縦法(リポート)」日経ビジネス2010.4.5

20100725121313 投資先の1つである米地銀M&Tバンクのロバート・ウィルマーズCE

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑