佐藤吉哉「梅棹忠夫氏 発想生む「頭の霧箱」(編集長インタビュー)」日経ビジネス2007年4月30日号

公開日: : 最終更新日:2013/04/07 書評(雑誌), 日経ビジネス



20070511060700

刺激ある文章。しかし、実際の話がそう行われていたとしても、そのまま関西弁にして記載することはないではないかという気もするけど



・「梅棹の研究は単なる思いつきにすぎない」なんていう人がいるが、何たることかと思いますね。そんなら「なんか思いついてみぃ」と言いたい。思いつきこそがすべてだから。すると、思いつきの方法はないかと聞いてくる人がいるけど、そんなもんあるかいな。思いつきちゅうのは、変な例えやけど、宇宙線のせいだと言うとるんです。宇宙線が飛んできて、脳を貫いた時にパッとでてくるんや。本を読んだって成果は出ない。物理学に「ウィルソンの霧箱」という装置があります。蒸気を飽和状態に詰めた箱で、宇宙線が飛んでくると中に「スーッ」と痕跡が残るんですよ。そうやって宇宙線の飛来を捉えているんです。こういうウィルソンの霧箱を、自分の頭の中にちゃんと用意しておかな…。そうやなかったら、なんぼ宇宙線が飛んできても何もひらめかない。ぼんやりしてたら、あかん



孔子の言葉みたいだね



・ドイツ系の米国人と一緒だったんで、欧州のことを聞いとったら、なんや日本と同じやないかと思ったんです。自分の経験ではインドも中国も日本と違う。日本はアジアよりも西ヨーロッパに近いとひらめいたんです。欧州にはそれに気がついていた人が昔からいたようですな。17世紀頃から日本にたくさんヨーロッパ人が来てます。その人たちは中国のことはたくさん書いているのに、日本についてあまり書いていない。日本に興味がなかったんですよ。日本には町人がいて、ギルドがあって、坊さんもいて、教会・お寺があって、サムライがいる。欧州のブルジョアとか騎士とかと同じ構成なんです。だから興味を持たなかったというわけ

・毎日の日常生活では日本と中国の違いばかり経験しました。例えば、中国の人たちは物の価値を「交換すること」に見いだしていて、自然から物を取り出して作ることにあんまり興味がない。日本人はそれが大好き。考え方が違うんです



中国のことをもっと勉強しなければならないのだろうか



・国立民俗学博物館の名誉教授の小山修三は「学者は請われたら一差し、舞わなければならない」と言っとる。舞うからにはブーイングではいけない。しかし、最近の学者はよう舞わへん。請われたら断る。非常に困った傾向で、周囲に壁を巡らせてしまっている。アカデミックな世界にはそういう人が多いようです。勇気を持って壁を飛び越えられるようにアジテートせなあかんなぁ





google adsense

関連記事

no image

辻秀一「バレンタイン監督に学ぶ周りを巻き込む力(ビジネス・アカデミア)」週刊ダイヤモンド2005/10/29

私は野球をしない。観戦も行わない。プロもアマも問わず。稀に、おそらく10年に1度くらいはどうしても外

記事を読む

no image

金田信一郎「鈴木二郎氏 頭取辞し、パンに賭ける(ひと劇場)」日経ビジネス2007年11月19日号

内容自体はつまらないわけではない。しかし、特段の共感を得るでもなかったこの記事。わずかに引っかかりを

記事を読む

no image

山田昌弘「『女ー女』格差の出現という難題(The compass)」週刊東洋経済2007.11.3

20080612060000 おもしろい分析だ。最初は、すごい20代女性の身勝手、と思ったが、社会

記事を読む

no image

藤井清孝「日本よ、防御に回るな」特集/日本をぶち壊せ!」週刊東洋経済2009.4.25

こういう、システムの運営者になりたい ・本屋にずらりと並ぶグルメ本を見ても、藤井は首をかしげる

記事を読む

no image

佐藤吉哉「佃和夫氏 三菱重工業社長 環境技術で世界派遣を(編集長インタビュー)」日経ビジネス2008年3月31日号

20080429060000 プリンスホテルの契約違反の件があったが、同時期にさりげなく三菱重工の

記事を読む

no image

山川龍雄ほか「日系人という架け橋(特集ブラジル)」日経ビジネス2006年12月18日号

今回のブラジル特集は、日経ビジネスにしては久しぶりにじっくりと読ませる内容だった 引用はその中の一節

記事を読む

no image

佐藤優「日本の組織で育ちにくい高度な専門的能力(知の技法 出世の作法)」週刊東洋経済2008.2.9

英語が話せても話せなくてもやっかいなのが日本人社会人の現状。話せるのに話せない振りをするというズルが

記事を読む

no image

山田昌弘「女性が結婚しないのは高収入男性を求めるため(The Compass)」週刊東洋経済2006.7.1

こういうおもしろい記事があるから、週刊東洋経済は読まないわけにはいかないのだなあ すっきりする

記事を読む

no image

江田憲司ほか「官僚支配からの脱却と国民の望行政改革の実行こそ急務(日本の政治を問う!)」週刊東洋経済2008.9.27

恐い恐い恐い ・私が橋本総理の政務秘書官のとき、最大のスーパー権力官庁の大蔵省分割がテーマとな

記事を読む

no image

岩井聡「日本人が面白いと思うものは世界で見ても「面白い」! 特集/日本をぶち壊せ!」週刊東洋経済2009.4.25

人事を尽くして天命を待つ、といういい方がある 岩井社長の話は、常に気づきを与えてくれる、ような気が

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑