林和人「香港大富豪のお金儲け7つの法則」幻冬舎

公開日: : 最終更新日:2011/11/24 書評(書籍)



おもしろくて一気に読み終わってしまった。内容も平易で読み易いということもあるけど。でも著者の熱意というのも伝わってきて引きづられてしまうところがある

ここでメモした以外にも、分散投資でなく一極集中しろとか、流動性あるものに投資しろとか、自分のなりたいことを紙に書けとか、ベトナムがいいとか、そんな最近よく言われているようなことも書かれている。その辺が初耳だという人はこの本を読んだほうがいい



p71.タム氏はこう話していました。「ギャンブルは不確実性」「投資は確実性の検証と判断力」「双方の共通点は利益が出たときに多大な爽快感と達成感にいたる至福のときを迎えること」「ただ、結果が出るまでのギャンブル特有のワクワク感は投資にはない。不安感はあってもこのワクワク感がない」「ワクワク感とは人間の本能に近い感情で、感情に支配されている状況がギャンブルだ」

p79.後日、タム氏から1万香港ドル(約14万円)のキャッシュを差し出されました。「生まれて初めて為替取引をやった。縁起を担いで、この儲けの一部をおまえに進呈しよう」第1章でもコン氏が儲かったからといってお金をくださったことをお話しました。タム氏もまったく同じことをしようとしたわけです。それまでの華僑投資家とのやりとりから、このお金は今後もよい情報を得るためのお礼であることはわかっていました。「俺は日本株投資には魅力を感じないが、おまえの姿勢は好きだ。この小さなお金はこれからの俺とおまえの利益のシナジー(相乗効果)を出すためにわたすものだ」と去りぎわに言い放ちました。これが華僑投資家たちの金銭感覚を含めた人間関係の構築方法だということを知らされます。お互いにメリットを与え合い、信頼をし合う。こうしたお互いに儲けを得られる関係こそが、華僑投資家にとって一番のパートナーシップなのです

p85.タム氏のディーリングルームで、証券会社16社の直通ラインを指差しながら、「何を基準にビジネスパートナーやブローカーを選ぶのですか?」と率直に聞いたことがありました。するとタム氏はニコリとしながら、「ハードワーク、インテリジェンス、トラストワーシィ・ピープルが基本だ」と答えます。つまり、よく働いていて、創造的知識にとみ、裏切らない(短期的利益を追求しない)。これは華僑第一世代、第二世代に共通する、「人を選ぶ基準」でした

p97.私が振りきった日本の証券会社の”朝の儀式”。これなどは、感情というか、精神生活のスタイルとして現れた典型と言えるでしょう。それが何の意味を持たないというよりも、少なくとも投資という目的のもとでは妨げになるということがよくわかりました。この行動は企業の一体感を強めたり、個人の生産性を上げる動機付けになったりするのは確かです。しかしここで整理したいのは、人間の連帯感を語ると、決してお金の話がうまくかみ合わないということです。お金は、個人の所有物で、その多い少ないを個人がそれぞれの判断のもとで増やそうとしたり、使ったりするからです

p98.ビジネスに極力感情を入れない。連帯感を感じさせない個人企業やオーナー企業。それが華僑富豪や投資家たちの典型的な企業形態です

p102.「お金の交渉をするときには、まず冗談のような安い値段を言ってみることだ。言うだけならタダだからな。ダメなら、そこからちょっとずつ上げていけば済むことだ」これはタム氏の口癖でした。「お金のやりとりに、感情を込めない」そして、「相手を人間と思うな! 感情をたたけ! 数字の印刷されたPaperだと思って交渉しろ」と…。彼らがふだんから実践している、きわめて通常の考え方と言えるでしょう



20070516221800

google adsense

関連記事

no image

BS朝日・矢動丸プロジェクト編「賢者の選択」ソフトバンクパブリッシング

国内旅行で温泉旅館に泊まったとき、夕食に謎の食前酒が出てきて思い切って飲み干すことがある。この本はそ

記事を読む

no image

樺旦純「面白いほど人を動かせる暗示トリック」青春出版社

「心理学では『○○』と呼んでいる」という記載が多い。そういうキーワードを覚えて使いたいという衒学心旺

記事を読む

no image

橘玲「マネーロンダリング入門」幻冬舎新書

この本は、すごいタイムリー。北朝鮮の核実験や銀行資産の凍結の件、村上や堀江の件、グラミン銀行の件、す

記事を読む

no image

デブラ・E・メイヤーソン「静かなる改革者」ダイヤモンド社

タイトルやその考え方には唸らせるものがあったが、実際に内容を読んでみると、アメリカの本の邦訳によくあ

記事を読む

no image

松島庸「追われ者」東洋経済新報社

昔の本だが、縁あって読むことになった いまとなっては旧聞に属するクレイフィッシュの事件。一つの企業

記事を読む

no image

成毛眞「実践!多読術」角川oneテーマ21

ここで紹介されている本を多く、読もうという気になった。歴史もの、軍事もの、科学もの、をもっと読もうと

記事を読む

no image

金森重樹「1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法」ダイヤモンド社

不動産投資を考えるときに読んでおくべきなのが本著。不動産投資に関する本も何十冊か読んできた。その中で

記事を読む

no image

花村萬月「父の文章教室」集英社新書

実は、氏の小説は一つも読んだことがない。気にはなってはいるんだが。この本を最初に読んだということは、

記事を読む

no image

吉井亮介「どこの会社でも通用する、ポータブル・スキルを身につけろ!」クロスメディア・パブリッシング

20100105005100 サクサクと、速読の効果が覿面な本。あんまり新しい知識はなかっ

記事を読む

no image

アンソニー・ロビンズ「人生を変えた贈り物」成甲書房

忘れていた元気と快活さを思い出させてくれるような本。いいねえ。筆者の紹介において、極めて高名な人に対

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑