林和人「香港大富豪のお金儲け7つの法則」幻冬舎

公開日: : 最終更新日:2011/11/24 書評(書籍)



おもしろくて一気に読み終わってしまった。内容も平易で読み易いということもあるけど。でも著者の熱意というのも伝わってきて引きづられてしまうところがある

ここでメモした以外にも、分散投資でなく一極集中しろとか、流動性あるものに投資しろとか、自分のなりたいことを紙に書けとか、ベトナムがいいとか、そんな最近よく言われているようなことも書かれている。その辺が初耳だという人はこの本を読んだほうがいい



p71.タム氏はこう話していました。「ギャンブルは不確実性」「投資は確実性の検証と判断力」「双方の共通点は利益が出たときに多大な爽快感と達成感にいたる至福のときを迎えること」「ただ、結果が出るまでのギャンブル特有のワクワク感は投資にはない。不安感はあってもこのワクワク感がない」「ワクワク感とは人間の本能に近い感情で、感情に支配されている状況がギャンブルだ」

p79.後日、タム氏から1万香港ドル(約14万円)のキャッシュを差し出されました。「生まれて初めて為替取引をやった。縁起を担いで、この儲けの一部をおまえに進呈しよう」第1章でもコン氏が儲かったからといってお金をくださったことをお話しました。タム氏もまったく同じことをしようとしたわけです。それまでの華僑投資家とのやりとりから、このお金は今後もよい情報を得るためのお礼であることはわかっていました。「俺は日本株投資には魅力を感じないが、おまえの姿勢は好きだ。この小さなお金はこれからの俺とおまえの利益のシナジー(相乗効果)を出すためにわたすものだ」と去りぎわに言い放ちました。これが華僑投資家たちの金銭感覚を含めた人間関係の構築方法だということを知らされます。お互いにメリットを与え合い、信頼をし合う。こうしたお互いに儲けを得られる関係こそが、華僑投資家にとって一番のパートナーシップなのです

p85.タム氏のディーリングルームで、証券会社16社の直通ラインを指差しながら、「何を基準にビジネスパートナーやブローカーを選ぶのですか?」と率直に聞いたことがありました。するとタム氏はニコリとしながら、「ハードワーク、インテリジェンス、トラストワーシィ・ピープルが基本だ」と答えます。つまり、よく働いていて、創造的知識にとみ、裏切らない(短期的利益を追求しない)。これは華僑第一世代、第二世代に共通する、「人を選ぶ基準」でした

p97.私が振りきった日本の証券会社の”朝の儀式”。これなどは、感情というか、精神生活のスタイルとして現れた典型と言えるでしょう。それが何の意味を持たないというよりも、少なくとも投資という目的のもとでは妨げになるということがよくわかりました。この行動は企業の一体感を強めたり、個人の生産性を上げる動機付けになったりするのは確かです。しかしここで整理したいのは、人間の連帯感を語ると、決してお金の話がうまくかみ合わないということです。お金は、個人の所有物で、その多い少ないを個人がそれぞれの判断のもとで増やそうとしたり、使ったりするからです

p98.ビジネスに極力感情を入れない。連帯感を感じさせない個人企業やオーナー企業。それが華僑富豪や投資家たちの典型的な企業形態です

p102.「お金の交渉をするときには、まず冗談のような安い値段を言ってみることだ。言うだけならタダだからな。ダメなら、そこからちょっとずつ上げていけば済むことだ」これはタム氏の口癖でした。「お金のやりとりに、感情を込めない」そして、「相手を人間と思うな! 感情をたたけ! 数字の印刷されたPaperだと思って交渉しろ」と…。彼らがふだんから実践している、きわめて通常の考え方と言えるでしょう



20070516221800

google adsense

関連記事

no image

小山龍介「TIME HACKS!」東洋経済新報社

この本"原尻淳一・小山龍介「IDEA HACKS!」東洋経済新報社"の第2弾的な存在。前回同様に結構

記事を読む

no image

野村正樹「上に立つ人の24時間管理術」すばる舎

自分でも、よくもこの類の本ばかり読んでいるという気がする 上司の立場から、時間管理という切り口でハッ

記事を読む

no image

安宅和人「イシューからはじめよ」英治出版

現役の企業の経営関係部署の立場からこういうことを本にできるのは尊敬に値する 労働量や根性を避け、疲

記事を読む

no image

柴田英寿ほか「オフィスからパソコンがなくなる日」東洋経済新報社

おもしろい。一言で言い表せない多くの内容を含む本。これで1,400円は極めて廉価 パソコン業界と主

記事を読む

no image

谷口克広「信長・秀吉と家臣たち」学研新書

20111209225322 信長の合理性。成し遂げられなかった封建制の成立を薦めた秀吉。この辺は

記事を読む

no image

石川知裕「雑巾がけ 小沢一郎という試練」新潮新書

20121205232517 面白い。政治が好きだから。小沢一郎が好きだから。有罪判決を受

記事を読む

no image

桜井章一「負けない技術」講談社+α文庫

自己啓発書、経営指南書ばかり読んでいては気付かない教えが多い 勝たなくても負けないという考え方、自

記事を読む

no image

荒井千暁「勝手に絶望する若者たち」幻冬舎新書

世代を切り取るものなので、スノビッシュな興味からスムーズにページが繰られる。ときどき的確な指摘があり

記事を読む

no image

山口正人・豊田圭一「自分がいなくてもまわるチームをつくろう!」明日香出版社

20090601013127 だいたい、こういうテーマの本は読むようにしている。新しい発見

記事を読む

no image

加藤昌治「考具」TBSブリタニカ

20070826061000 多くのことが書かれているが、かといって翻訳本的なびっしりと活

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑