佐久協「高校生が感動した「論語」」祥伝社新書

公開日: : 最終更新日:2012/09/15 書評(書籍)



20070517001200





孔子ってあんまり好きじゃない。なんか言っていることが破綻している気がする。ただ有名な論語だから、食わず嫌いも良くないはず。この本の存在を知って、そういう考えで読むことにした。その結果、一部は確かに好きだと感じた。そういうところをメモした。でもやはり破綻しているような、全体として納得の行かないところがあるような感覚は払拭できなかった。まあ、よかろう

著者の何が良いって、このように論語を現代訳したところだ。しかも高校の先生が高校生に教えるにあたって意訳したというのだから頭が下がる。誰もが見習うべきだ、人に物を教えたり強制的に言論の力を振るう機会のある人は。聞くべき人が寝ているのは怪しからん。寝る人が怪しからんのじゃなくて、話している人が退屈させてしまって意図する効果を発揮できない、その無能力さが怪しからん

こういう類の本ってもっと出てくるといい



p3.そこで私は、孔子の言葉だけを、あたかも自分が孔子であり、生徒が弟子であるかのごとく購読してみた。すると、生徒はそれまでより遥かに興味を示したばかりか、自分流に解釈するようにさえなったのだ

p12.とかく孔子は天才とみなされ、早くから才能を発揮したと思われがちだが、むしろ超スロースターターだったのだ。だからこそ孔子の言葉には苦労人ならではの含蓄があるのだ

p21.道徳心が失われていくこと、学問が廃れていくこと、正義を知っていながら実行する者がいないこと、悪いと知っていながら誰も改めようとしないこと、社会がそんな状態になっていくのが私の一番の心配事だよ

p28.両親の年齢は絶対に知っておくべきだよ。一つには長寿を喜ぶために、一つには齢老いることを気遣うために

p45.生まれながらにして物事の道理を知っているというのが最高だが、まあ、これは聖人の部類だろうね。あらかじめ学んで知っておくのが次の部類だ。その次の部類は、苦境に立たされてから、慌てて学ぼうとする者かな。苦境に立たされても学ぼうとしないのは、こりゃ、もうドン底の部類だな

p51.弟子の樊遅が「では仁は」と訊くから、「人が尻込みすることを利害を度外視して進んで行うことだよ」と教えてやったよ

p66.私は古代の聖人たちの業績を伝えることを自分の任務と心得ており、新説を創り出すつもりはないんだ。次から次に新しいものを追いかけるよりも失われた良きものを発掘して評価することが大切だよ。私は、自分が目立つよりも、古代の聖人を目立たせる黒子であることを誇りとしているのさ

p67.君主から弟子までが、わたしが何か特別の秘策を隠していると思い込んでいるようだが、そんなものあるもんかい。わたしは、自分が知っていることをすべて公表しているよ。公明正大に大道を歩むこと。それ以外に成功の道などあるもんかね。それこそがわたしの秘策中の秘策だよ

p68.私は夏王朝の礼制についてよく口にするが、夏の子孫である杞の国にはわたしのことばを裏付ける資料はまったく残されていない。同様に、わたしは殷王朝の礼制についても語るが、殷の子孫にあたる宋の国にもわたしのことばを裏付ける資料は何もない。古文書も伝承者も共に存在しないんだよ。存在していたら、わたしの説の正しさが立証できるのに、まったくもって残念なことだよ

p77.われわれ一人一人が道徳を身につければ、社会はその分だけ確実に善くなるんだよ。だから、道徳や誰かが社会を善くしてくれるのをボケーッと待っているべきではないんだぞ

p91.向学心に富む者は様々の本を読むだろうが、読みっぱなしにしないで、読んだ内容を礼の規範を基準に取捨選択して実行すれば、誤りを犯さずにすむものだよ

p125.品性下劣な者とは共に仕事はできないね。出世できない間はグチばかりこぼすし、いったん出世すると、地位を失うまいと何をしでかすか分かりゃしないんだから

p133.指導者というものはスペシャリストであるよりもジェネラリストであることを心掛けるといいだろうな

p137.どれほどの大軍に護られている大将でも奪い取ろうと思えば奪い取れないことはないよ。しかしだ、人間の意志は、たった一人の者の意志であろうと、それを外から大勢で奪い取ろうとしたって奪い取れるもんじゃないさ。人間の意志というのは、それほど絶大な力を秘めたものなんだよ

p149.弟子の子路は生涯、「害も与えず奪いもしない。けっこう毛だらけ」と詩経の一節を口ずさんでいたが、「おいおい、過信するなよ。お前が害を与えていないと思っていても、相手がそう思うとは限らないんだからな。それに、ナイナイづくしでなくプラス思考でいかなくってはダメだよ」と窘めたことがあったよ。あの時は、まさか彼が非業の死を遂げるとは想いもしなかったが…

p151.徳のある人は言うことも立派だが、言うことが立派だから徳があるとは言えないね。同様に、仁者は勇者でもあるが、勇者ならば必ず仁者であるとは言えないね

p197.弟子の子貢とこんな会話をしたよ。「どういう人物なら士と呼べますか」「言ったことは実行しようとし、行動がテキパキしている。コツンコツンと音がするような堅物であることも条件に加えていいだろうな」

p208.孤立を恐れるんじゃないよ。正しいことをしていれば、必ず同調者が現れるからね

p210.フランスの哲学者アンリ・ベルグソンは「水草が嵐に耐えられるのは、群れているためでなく、それぞれが根を水中深く下ろしているためだ」と指摘している

p243.全員が悪く言うからとて鵜呑みにせず、きちんと調べてみるべきだ。全員が良く言ってる時も同じことだよ

p250.わたしは川のほとりに立つたびに思うんだよ。時の流れは、まるで川のようだと。滾々と流れ来たって、滔々と流れ去っていく。待ったなしにね

p273.子禽さんはインタヴューの後で、「一つ質問しただけなのに、三つもいいこと聞いちゃった。詩が大切だってことと、礼が大切だってことだろう、それに君子はわが子を特別扱いしないってことをだよ」と小躍りしていた

p276.達巷という村の人が「孔先生は偉いもんだ、何でも知ってらっしゃる。でも、これと聞こえた専門をお持ちでないね」と言ったことがあった。そえを耳にした先生は門弟に向かってこう仰言った。「そうかね。専門職かねぇ。わたしなら何にするかね、御車か弓か。御車でも取ろうかねェ」と





google adsense

関連記事

no image

福岡伸一「動的平衡2」木楽舎

20120416004929 これまでに読んだ著者の本は次の2つ 福岡伸一「生物と無生物のあいだ

記事を読む

no image

宮城谷昌光「新三河物語 中巻」新潮社

hiog: 宮城谷昌光「新三河物語 上巻」新潮社 のつづき 中巻における主な目線は、割合の順とし

記事を読む

no image

著者本人の視点/森博嗣「常識にとらわれない100の講義 」大和書房④

20130323013620 著者の作家本人の視点での経験を教えてくれるのが面白い 入学

記事を読む

no image

野口悠紀雄『超「超」整理法』講談社

これは読むべき本 「クローバー橋」でGoogle Mapで検索してしまった。昔ニューヨークはマンハ

記事を読む

no image

福岡伸一「生物と無生物のあいだ」講談社現代新書

いわずと知れた最近のベストセラー。この人はすごく文章がうまいと思った。楽しい読み物 しかし、最後の

記事を読む

no image

徳大寺有恒「徳大寺有恒のクルマ運転術」草思社

内容をざらっと見ておくと極めて有益。車を運転する人もそうでない人も 小さな項目ごとに独立した内容とな

記事を読む

no image

田中靖浩「儲けるための会計-強い経営をつくる管理会計入門」日本経済新聞社

20090223190000 若干、古い本だが、管理会計の入門書として評判が良いので読んで

記事を読む

no image

吉井亮介「どこの会社でも通用する、ポータブル・スキルを身につけろ!」クロスメディア・パブリッシング

20100105005100 サクサクと、速読の効果が覿面な本。あんまり新しい知識はなかっ

記事を読む

no image

片岡正人「市町村合併で『地名』を殺すな」洋泉社

主要ビジネス誌で、ここのところ時をおいて紹介される奇書。タイトルのとおり、市町村合併で新たな地名が慎

記事を読む

no image

デイジー・ウェイドマン「ハーバードからの贈り物」ランダムハウス講談社

お得な読み物。学者が精魂を込めて語る話。それぞれが短くて完結しているのが良い。 読後直ちに感じた、

記事を読む

google adsense

Comment

  1. 匿名 より:

    老子
    安寧
    棋氏
    荘氏
    は 無視かあ?

  2. Max より:

    うーん、老子は知ってるけど、そのほかは知りませんねえ。まだまだですね。荘氏って、Googleでは「もしかして荘子?」って出てくるけど…。ちょっとおもしろそうなので、なんかヒントくれるとうれしいです。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑