土井英司「「伝説の社員」になれ! 成功する5%になる秘密とセオリー」草思社

公開日: : 最終更新日:2011/09/08 書評(書籍)

最近、よく目につくので購入したのがこの本。なんか本当に最近、こういう本ばかり読んでいるなあ、とかなり自己嫌悪 慣れというのもあるが、それでもおもしろいのでサクッと読了
p42.ある有名雑誌の編集長は、ファッションに関してすごい「投資」をしています。クレジットカードの限度額まで使って、プラダやルイ・ヴィトンのバッグ、ナイキのスニーカーなどをトレンドになる前に購入している。スニーカーにいたっては30足くらい持っている。自分で使うというより、「どんなものか知るため」に買っているのです。彼は、それらのブランド品がブームになると売ってしまいます。ちなみに売るときには、レアものとしてプレミアムがついているから、かなり高く売れるようです p53.知恵や教育は、どんなに残しても、遺産と違って税金もかからないし、目減りもしません。たとえば、一度おいしいレストランを教えてもらったら、そのレストランには何度も行けます。接待でもデートでも使って、相手に喜んでもらえる。それで本人の株が上がっても、教えた人は、その情報を返してくれとは言えません p69.このときから、僕の会社での立場は逆転しました。それまでの僕は、仕事を与えられ、それを時間内にこなすことで評価を受けていました。ところがその日を境に、僕が取ってきた仕事を、僕が中心になってやれるようになったのです。「土井には大事な仕事があるから、ほかの仕事は振るな」と次の週から、僕は自由に動ける立場になりました p80.ある生命保険会社のトップセールスマンが、自分のノウハウを披露する講演をしたときの話です。講演を聞いたあと、聴衆の一人が質問しました。「あなたはなぜ、大切なノウハウを公開するのですか。ほかの人が同じことをしたら、あなたのライバルが増えるだけじゃないですか」するとトップセールスマンは、こう答えたそうです。「いえ、大丈夫です。今ここで聞いた人のなかで、実践するのは2割程度でしょう。さらにそれを継続できる人は、その中の2割程度。すると、本気で実行する人は今日いらしてくれた方の4%から5%ということになります。たった4%から5%の人がライバルになったとしても、僕にはそれほどの脅威にはなりません」だから、成功するのは簡単です。成功する5%の法則に当てはまる人、つまり聞いたことを実践し、習慣にする人間になればいいのです p88.自腹を切るのも、自己投資、「仕入れ」の一環なのです p90.若いうちは、予算を気にして小さくまとまるのではなく、自分の経験となるもの、血肉となるものにどんどん自腹を切るべきです。どうせあなたが社長になったら、すべての経費はあなたのポケットから出ていくことになるのですから p106.どんな職業でも、セルフイメージの高い人は、断られてもあまり傷つきません。目のあった人のほとんどはティッシュを取るようですが、なかには邪険に振り払う人もいる。しかし成果を出している人は、受け取るかどうかは確率論にすぎないと知っているから傷つかない。それはこちらの問題ではないことがわかるのです。そのうえで、受け取る人の確率を上げるためにはどうすればいいのかを、考えるわけです p110.アジアンビューティといい、日本人からすれば、どこにでもいそうな女性がヨーロッパでは超一流モデルとして、もてはやされていることがあります
これってアジアンじゃなくてエイジアンって発音すると思うんだけどなあ。細かいことだけど、こういうところから全体への信用に影響する気がする
p122.「会社の」ではなく、「自分の客」を発掘すること。「会社ではなく、○○さんにお願いしたい」という取引先や客を多くつかんだときが、独立をはかるタイミングなのです。伝説の社員は、取引先や顧客など、社外にファンをもっています
いいたいことは分かるけど、会社側から見たら微妙なケースだろうな。背任的な香りがするなあ。もっとアウフヘーベンできると思う
p124.居酒屋チェーンの和民なども、店舗を増やすというレバレッジを利かすことで、総売り上げや総利益を上げていきます
わざわざ和民を上げる理由が謎。和民の発祥はつぼ八のフランチャージーだったわけだし、そのつぼ八だってよくあるフランチャイズの仕組みを持っているわけではないよね。まあワタミってのは、最近の説明を必要としない便利キーワードということだ
p133.「優秀な人」というのは、本気にしてもお世辞にしても、抽象的なほめ言葉ということ。そこで、「この人は、どこがどのように優秀なのか」を、一言で言えるようにしておきましょう。そうすれば、ほめ言葉はより確実に、紹介相手だけではなく、紹介される本人にも意外な驚き、嬉しさをもたらします p175.キャッチコピーひとつで商品の売り上げが大きく変わるように、自分を売るためにも、わかりやすいキャッチコピーをつくるのです。これが「伝説をつくるためのタネまき」です。ワコールの創業者である塚本幸一さんも、自分のことを「女性下着を売っているスケベオヤジです」と言ったとたん、売れるようになったそうです p182.「ギリシャの話なら土井さんに」と言われるくらい、僕はギリシャにはくわしいと自負しています。それなのに最高級のホテルに泊まったことがないとなれば、僕のギリシャという付加価値はぐっと下がる
20070520234800

google adsense

関連記事

no image

林成之「勝負脳の鍛え方」講談社現代新書

筆者をテレビの特集で見たことがあると思う。脳外科の救急病院で、従来では助からないような脳障害の救急患

記事を読む

no image

梅原猛 町田宗鳳『仏教入門 法然の「ゆるし」』新潮社とんぼの本

20111120154722 法然が気になる。正確にいうと、昔から気になっている。子供向けの、日本

記事を読む

no image

桜井章一「負けない技術」講談社+α文庫

自己啓発書、経営指南書ばかり読んでいては気付かない教えが多い 勝たなくても負けないという考え方、自

記事を読む

no image

ピーター・D・シフほか「なぜ政府は信頼できないのか」東洋経済新報社

序章で、すべてが語られている。父親の恨み。父親の寓話を現在まで引き延ばし、少し先まで物語を進めて終わ

記事を読む

no image

佐藤優「野蛮人のテーブルマナー」講談社プラスアルファ文庫

やっぱり、この人の本は、乱造のところはあるのかな。最近の新刊は読んでみたいと思ってはいるのだけれど

記事を読む

no image

金谷武洋「日本語に主語はいらない」講談社選書メチエ

20111113231930 言語学というのだろうか。日本語の構造についてのタイトルどおりの内容の

記事を読む

no image

三島邦弘「計画と無計画のあいだ」河出書房新社

20120710003253 独自の方法で作る出版社。同様の話はいくらでもあるのだろうけれども、そ

記事を読む

後藤利夫「あなたの知らない乳酸菌力」小学館

20140202222910 あなたの知らない乳酸菌力 (実用単行本)著者 : 後藤利夫小学館発売

記事を読む

no image

横山秀夫「半落ち」講談社文庫

20140823142713 半落ち (講談社文庫)著者 : 横山秀夫講談社発売日 : 2005-

記事を読む

no image

司馬遼太郎「功名が辻(3)」文春文庫

20050711165100 (3)でも最初のほうは秀吉の話ばかり。仮想園遊会や醍醐の花見

記事を読む

google adsense

Comment

  1. ★★★☆☆「「伝説の社員」になれ!」土井英司、草思社(2007/4…

    ●日本国:仙台市:6時20℃:晴 ランキングは7位です。風邪で寝ています。そんなときに限って天気は最高。庭に響く小鳥の声がいいですね。一冊の良い本との出会いから、あなたの人生に全ての良いことが起こります■無料メールマガジンより本日の一冊は・・・「「伝説の社…

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑