原尻淳一「PLANNING HACKS!」東洋経済新報社

公開日: : 最終更新日:2012/04/17 書評(書籍)



結局、このシリーズを3冊とも読んでしまったことになる。自分としてもどこかで見たようなものばかりに思えてきて、メモを取りたい部分も徐々に少なくなってくる。こういうHACKSばかりに気を取られて本業の結果が出せてないという笑えない結果にならないようにしなくてはいけないと思ったりして



p24.過去の資料は宝の山。ストックしている資料があれば、一度読み返してください。改めて、これは良い資料だなぁと思うものがいくつかみつかるはずです。そういう資料は「名作ファイル」として保存すべきです

p55.集中力をどう持続するか、なとといったテーマのビジネス誌を読みますが、わたしはそもそも集中力をあてにしていません。「集中力なんて持続するものではない」とすら考えています

p66.「右脳系ショップ」をみつけて定期的に刺激を受ける。ヴィレッジヴァンガードやタワーレコード。会社帰りの時間が早いときはこれらの店舗をうろうろします

p81.わたしは州に最低5回は書店を回って、いろいろな本の目次をみています。1年は52週ですから1年間に260回は書店をみていることになる。すると、ビジネス本のトレンド、新書のトレンド、本の善し悪しについては目次をざっと読めばわかるようになっています

p82.20%の余白をつくって、アイデア発想に向けたほうが、企画も自分自身も生き生きしてくる

p96.企画書はなるべく一気に書く。別の企画をいくつか同時並行で走らせる。そうすると、一方の企画で煮詰まったときに、違う企画を考えていくうちに悩んでいた点を無意識に突破できることが多い

p105.ネッティングという技術。情報を二項対立的に配置し、中央で情報同士を複合してポイントを抽出する。マトリックスの掛け算と違って、様々な要素をいくつでも絡めていいので、ポイントも誘発しやすい。また、ネットされた本数によって、抽出されたポイントのプライオリティがみえるのがネッティングの利点

p148.成功するプロジェクトの共通点。リーダーが「仕事を面白がって狂っている」ということ。しかも、それを周囲が好意的に受け止めつつも、その狂った勢いがポジティブにメンバーに伝わり、プロジェクト自体が活性化してくる感触がある

p157.筆ペンは本当にインパクトが大きい。これをプロジェクトのやりとりのルールにしてしまうと面白いかもしれません。あのプロジェクトメンバーはメッセージのやりとりを毛筆で行っているというウワサがたつだけでも、社内にプロジェクトの認知を高める立派な手段となります



20070626221100

google adsense

関連記事

no image

日下公人「男性的日本へ」PHPソフトウェア・グループ

また著者の新刊を買ってしまった 著者の良さ、売れる秘訣はこの辺か。固定観念への挑戦、新しい見方の提示

記事を読む

no image

シティランナー編「ゼロからのマラソン」学習研究社

マラソンを最近考えていて、基礎的な理解のためにまず手に取った本。確かにタイトルどおりの内容。はじめて

記事を読む

no image

工藤美代子「悪名の棺 笹川良一伝」幻冬舎

20111124234838 読み応えのあった一冊。夜更かしして体調を崩してしまいそうでも読み続け

記事を読む

no image

竹村健一「竹村健一の最後に勝ちを拾う発想法」青春出版社

微妙だよな。興味深い事例に溢れており、楽しく読み通すことができる。そして著者の主張にも概ね首肯できる

記事を読む

no image

養老孟司「バカの壁」新潮新書

3時間弱で一気に読み終わってしまった。面白い。やっぱりベストセラーはそれなりの理由があるということを

記事を読む

no image

今尾恵介監修「日本鉄道旅行地図帳」新潮社

20081220202100 地図に廃線を含めた記載がある。昔これほど多くの鉄道があったと

記事を読む

no image

ポール グレアム Paul Graham「ハッカーと画家」オーム社

20130128225245 コンピュータ関係の仕事に関係するならば読んでおかなければと思

記事を読む

no image

水野敬也「夢をかなえるゾウ」飛鳥新社

ビジネス上の成功ための秘訣を各章に持ってきて簡単に説明する。それを架空のストーリーの上で展開する感じ

記事を読む

no image

安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版③

20071211060000 ”安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版①”と”安田佳生

記事を読む

no image

中島義道「うるさい日本の私」新潮文庫

日本に住む人には一読をお勧めしたい 先日読んだ本"中島義道「私の嫌いな10の人びと」新潮社"が面白

記事を読む

google adsense

Comment

  1. ikadoku より:

    こんにちは。
    「PLANNING HACKS!」読みました。
    システマティックに企画をつくる
    システム構築が、分かりやすく
    書かれていましたね。
    私は、HACKシリーズの中では、
    本書が一番のお気に入りです。
    TBさせていただきます。

  2. 活かす読書 より:

    PLANNING HACKS!

    PLANNING HACKS!原尻 淳一 (2007/04/27)東洋経済新報社この商品の詳細を見る満足度★★★★世の中には、優れた企画やアイディアを生み続ける人たちがいます。いったい、そういった人たちは、どんな秘訣をもっているのか?この

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑