藤原和博「人生がつまらない人へ」ダイヤモンド社

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(書籍), 藤原和博

最近、リクルートの人とよく会うようになった。そういうときにexリクルートの著作を引用して話をしたりする。その一人が当然この著者である。しかし著作の中で見るような痛快な評判はあまり聞いたことがない カバーの絵といい、マイナスのオーラが出ているような感じがする本。内容的には著者の周辺著作から特に目新しいものはない。文章は読みやすい。ところどころリーズニングがおかしいようにも思うものの、なんだかんだいって、結論においては同意見だったりする 最近では中学の校長としてユニークな手法で教育現場の改革を行って成功を収めていると聞く。「メリットのなさそうなアンケートには答えない」など、そういう報道に接すると、ああ著者はご健在だな、と思う
p15.あなたがもし、今の仕事を辞めたいと思いながらも、「大黒柱としての責任は放棄できない」と考えて転職や独立の決断を鈍らせているとしたら、それは誤り p38.会議中でも講演の最中でも、小声で「モシモシ」と会話を始めてしまう人。可哀相だなあと、しみじみ思います。朝から晩までケータイやメールに振り回されて、自分の時間を支配できないならば、人生が面白くなるはずはありません p77.私が蓄積しているものは、いわば「見えない資産」ですが、その「見えない資産」が著作を生み出す元になり、講演でのエネルギーにもなっています。ここは、仕事の収入とは別にお金に換わる部分でもあります。しかし、そんなことより私にとって大きいのは、「見えない資産」が生み出してくれる人との豊かなネットワーク。一人の人間として、組織ブランドに頼らずに仕事を生み出していける自由が、いちばん大事な価値だと思っています。だから、いざというときには、自分を「安売り」する勇気を持ってください。大丈夫。きっと、元は取れますから p88.就職を控えている学生から最もよく受ける質問の一つは、「会社に入ってから、何を身につければ一番いいのか」ということです。私はその質問にいつも「集客力をつけろ」という言葉で答えています p97.「ピーターの法則」の本のなかで博士は、昇進を避けるために、ちょっとだけ組織の風習に合わない”奇行”を演じたり、集団行動から一人だけ外れたことをしたり、いわば、組織のイイコちゃんであることから抜け出す知恵を披露しています。彼はこれを「創造的無能のススメ」と呼びました p127.同僚や上司が、あなたにはどうしようもなくアホな人に見えたとしても、サラリーマンに100%の性悪人間など、まずいない。ホントにワルければ、サラリーマンになどなっていないでしょう。人の、いいところを発見できるチカラは、自分の良さを引き出すことにもつながります p135.評論家の西部邁さんが、面白いことをおっしゃっていました。人間が「正気」になるためには、三つの場所に行くしかないんだ、と。「病院に入院すること」「独房に入ること」「戦争に行くこと」外部からの情報を遮断して、孤独になり、自分を見つめ直すため、という意味があるのでしょう p144.昭和30~40年代生まれの受験世代には、「空白があったら埋めなさい」という試験の出題に短期間で答える習性が根づいていますから、スケジュール表や手帳の”白い空白”に耐えられない
20070703231200

google adsense

関連記事

島田裕巳「なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか」幻冬舎新書

20140611075612 なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか 最強11神社―八幡・天神・稲荷

記事を読む

no image

渡辺健介「世界一やさしい問題解決の授業」ダイヤモンド社

20090223014100 この本のもっとも大事な注意点は、中高生と読者と設定しているよ

記事を読む

no image

杉本智彦「改訂新版 カシミール3D入門編」実業之日本社

20130428221714 最近、山に登り始めた。大昔の経験を参考にしながらも、久しぶり

記事を読む

no image

ショーンKほか「成功前夜 21の起業ストーリー」ソフトバンクパブリッシング

起業モノは好きなんです。そこで、この本は外せなかった まず表紙を開いたところに配置されている著者の

記事を読む

no image

マイケル・ルボーフ「自宅にいながらお金持ちになる方法」ダイヤモンド社②

20071120064500 ”マイケル・ルボーフ「自宅にいながらお金持ちになる方法」ダイ

記事を読む

no image

加登豊「管理会計入門」日経文庫

これと同じ方の本だ hiog: 加登豊「インサイト管理会計」中央経済社 最近、管理会計の本をよく

記事を読む

no image

ピーター・D・シフほか「なぜ政府は信頼できないのか」東洋経済新報社

序章で、すべてが語られている。父親の恨み。父親の寓話を現在まで引き延ばし、少し先まで物語を進めて終わ

記事を読む

no image

中山真敬「たった3秒のパソコン術」三笠書房知的生きかた文庫

20090226215800 ときどき、こういうのを虚心坦懐に眺めてみるのもいい。パソコン

記事を読む

no image

米山公啓「すべてがうまくいく8割行動術」ソフトバンク新書

著者が確か、日経ビジネスかなにか、ビジネス誌にコラムを書いていたか何かで手にした本。「医師+作家」の

記事を読む

no image

池谷裕二ほか「ゆらぐ脳」文藝春秋

あっという間に読み終えたほどの平易な内容。期待に反して内容は薄かったものの、なかなか示唆に富む記載も

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑