小出義雄「 知識ゼロからのジョギング&マラソン入門」幻冬舎

公開日: : 最終更新日:2012/11/16 書評(書籍)



20071017042800





ランニングを極めてシンプルに教えてくれる本。総じて、難しいことはない、力を抜いてやるようにと教えてくれているように思う

目次が面白い。特に第1章。タイトルがすでにQ&Aになっていて、Aが2文で趣のあるものになっている。目次を読むだけでもこの本の価値は半分以上得られるような感じ

ちょっと古い本ではあるが、その名のとおり、はじめてランニングを行おうとするときに参考になる



p8.ランニングする生活がどんなに快適なのかといえば、まず、めしがうまい。ランニングで内臓が丈夫になるので何を食ってもうまいし、走っていれば太りすぎの心配もない。心おきなくうまいものが食えるというのは、やっぱり人生を豊かにしてくれる。それに、ビールもうまい。ただの水を飲んだってうまいと感じる

p9.ランニングは苦しいからいやだ、という人がいる。しかし、これは誤解だ。ランニングはちっとも苦しくなんかない。走っている間も快適だし、走り終わったあとも気分がいい。今日は仕事で疲れたというようなとき、30分か1時間、軽く走ってくると、疲れなんかスーッと抜けていく

p25.サングラスは目を守るだけでなく精神的な疲労を防ぐ効果もある

p26.朝の体は水分が不足しているので、走る前に水分を補給しておこう。血糖値を上げるために糖分を含んだ飲みものでもいい。しばらく歩いてからゆっくり走り出すのが、体に負担をかけないコツだ

p36.自分の体力に合ったペースで走る目安となるのが、ハーハーと息ぎれしない程度のペース。人と話ができたり、鼻歌が歌えるくらいがちょうどいい。話をするのが苦しくなったら、ペースが速すぎるのだと考えてほしい

p56.ランニングをするのは、食後2時間以上経過してから

p64.ランニングを始めるときも、いきなり30分走ろうなどと考えず、短い時間でランニングとウォーキングを繰り返すようにするといい。慣れるにしたがって、走る時間を長くしていく

p100.体重が軽いことはマラソンにとって確かに有利だが、あくまで走って体重を落とすのが基本

p106.スピードトレーニングでまず薦めたいのが、いつものランニングの最後の部分を、無理しない範囲でペースアップしていく方法だ。たとえば、ふだん5km走っているのなら、そのラスト1~2kmをペースアップする。距離がはっきりしないコースならラストの5~10分程度と考えればいい

p130.マラソンのトレーニングでは、まうマラソンの距離に耐えられる脚をつくることが大切になる。それには、長い距離を走らなければならない。月間走行距離を延ばすのに加え、1回になるべく長く走るようにすると効果的だ

p140.レースで実力を発揮するには、2週間くらい前からトレーニングを軽めにしていったほうがいい。マラソンでは、最初は「ちょっと筋肉が張っているな」と感じられ、10km地点を過ぎたころから調子が出てくるのが理想的。そのためには、1週間前の週末に少し長めに走っておくといい

p144.レース当日、大会会場にはスタートの2時間前には着いておくようにしたい。食事はスタートの4時間~4時間半前が理想的。起床はスタートの5時間以上前。起床後、軽い体操、10~15分程度のウォーキングやジョギングをしておくと体を早く目覚めさせることができる。1時間前にウォーミングアップする。しっとり汗がにじんできたら、体が温まった証拠だ。あとはスタートまでなるべく体を冷やさないようにすることが大切

p174.ランニングって何だか難しそうだ、と思っている人もいる。走るときには着地はこうして、歩幅はこうして、腕はこう振って、心拍数はいくつくらいで、という情報が氾濫している。しかし、ランニングはもっと自由なものだ。身軽な服装になって気ままに走る。ただ、それだけでいい





google adsense

関連記事

no image

マニュアルの存在理由/森博嗣「常識にとらわれない100の講義 」大和書房⑤

20130405010158 私はマニュアルの効用を完全に信じている。しかし、マニュアルの

記事を読む

no image

デイジー・ウェイドマン「ハーバードからの贈り物」ランダムハウス講談社

お得な読み物。学者が精魂を込めて語る話。それぞれが短くて完結しているのが良い。 読後直ちに感じた、

記事を読む

no image

樋口裕一「文章力が面白いほど身につく本」中経出版

20070325223200 値段に応じた軽めの本なので、それなりの時間で読みきりたい

記事を読む

no image

今北純一「とどめのひと言」PHP

久々に興奮して読み終えた本。こういうのはじっくりと読んでしまうのでなかなか早く読めないと同時に、本を

記事を読む

no image

ひすいこたろう『心にズドン!と響く「運命」の言葉』王様文庫

ガンジーのこの言葉って好きなんだよなあ。英語で Good travels at a snail's

記事を読む

no image

司馬遼太郎「功名が辻(3)」文春文庫

20050711165100 (3)でも最初のほうは秀吉の話ばかり。仮想園遊会や醍醐の花見

記事を読む

no image

近藤勝重「書くことが思いつかない人のための文章教室」幻冬舎新書

20120208213420 スキル/テクニックを教える本を読むときは、意識して外枠から攻める。表

記事を読む

no image

木下晴弘「涙の数だけ大きくなれる!」フォレスト出版

書評や、この本の頭書きの推薦にあるように、泣きっぱなしとか、何度もゆっくりと読み返すとか、そういうこ

記事を読む

no image

日経産業新聞編「ウェブ2.0で稼ぐ!」日本経済新聞出版社

最初に書き留めておきたいのは、この本を読んでも決してウェブ2.0で稼ぐことはできないということだ

記事を読む

no image

司馬遼太郎「功名が辻(1)」文春文庫

20050701213500 山内一豊とその妻千代の出世物語。司馬遼太郎の本はハズレがない

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑