夏川賀央「時間泥棒を探せ!」扶桑社

公開日: : 書評(書籍)

著者は60分というけれど、この程度の濃さであれば40分くらいで読み終わりたい。内容は平易だし、言われてみれば順当な内容である。しかし簡潔に指摘してくれ、それを今後に生かせるのであれば、この値段と時間は損をしない
p52.最近主流なのは、「こういうモノを売りますよ」と最初からアピールして、興味を持ってやってきた人に時間を使うスタイルです。最近、私の事務所の近所に携帯のソフトバンクと不動産の「mini-mini」の新店舗ができましたが、前者はギャラリーのような雰囲気、後者はオシャレなインフォメーションセンターのような感じで、業界の店舗イメージとはずいぶん違います。それで「面白そう」と来てくれた人だけにセールスする…時間は思いっ切り短縮されるわけです。気の合わない上司だって実は同じことで、「理解されよう」とか「好きになろう」と踏ん張ったって、なかなかそううまくはいかず、こちらのほうが疲れてしまうことがほとんどです
このように考えないとアタマがおかしくなってしまいそうになる。皆から好かれる必要はない
p56.私の知っている会社には、”仕事中に一切の雑談禁止”というところがあります。いつもシーンとしていて能率はいいのかもしれませんが、その代わりに離職率が異常に高くなっています p57.時間術の本質は、”行動の決断”と”あとのつじつま合わせ”の手法ともいえます p60.手帳に予定を書き込むというのは、時間短縮の方法でも何でもなく、「自分が拘束される時間」をつくることです。「スケジュールがぎっしりの人」というのは、スゴい人でも忙しい人でも何でもなく、ただ「時間泥棒を大勢かかえている人」であるケースも多いのです p67.会議では別のことをせっせとメモしたのです。「社内の戦国絵巻図」だとか、「どんな話に上司は反応するのか」とか、「人をつまらなくさせる会話事例」とか…です。なかには「会議で話題になっていることから連想した、仕事で使えそうなアイデア」というのもあります。そんなふうに「自分が思考した時間」をメモという記録に残し、活用することで、いくらでも時間を取り返すことができるのです
これは意識するようにしている。そのためにもノートパソコンを常に持ち歩けるのが理想だと思っている。会議のメモをとっている振りをしつつ、実際にはメールに返信を打っていたり、ネットサーフィンをしたり、別の企画のための考え方の整理をメモしていたり
p97.「人に頼むと時間がかかるから」と言って、たくさんの仕事を一人で抱え込んでしまう人がいます。たしかに逐一説明したり、チェックしたりして時間はかかるのですが、それもこれも”そうしなくてすむようにする”ためです。だから説明に時間を惜しまずに投資した人は、最終的には”以心伝心でわかる”ようになって、大幅な時間を節約できます。そうでない人は、いつまでも「忙しい」状況から抜け出せないのです
こういう人、職場に多い。「自分でないとできない」と言ったりするけど、それは自分では人に仕事をうまく説明できないというコミュニケーション能力の欠如を示すものか、または利己的なものだ。しかもその利己も近視眼的なものに過ぎない。しかし、それで十分に評価されてしまうという職場も結構あったりする
p108.”感性で感じたこと”は、感性でもって伝える。ムリに論理化して、それを納得させようとするから、時間泥棒が生まれる p120.「話の中身が7%で、あとは外見と声で決まる」なんていう「メーラビアンの法則」が取り上げられますが、こんなふうに動作や雰囲気を工夫することでも、多くの時間が節約できる p140.この場合の「やる気がない」は、”頭の中でアイデアが整理できていない”ということに端を発しているわけです。「こうする」と決めていた場合にしても、頭の中では、その方針に納得できていない。だから、なかなか仕事に意欲が湧かない…。としたら、必要なことはムリに仕事をやろうとすることでなく、頭の中を整理する時間をつくるということなのです。よって”いったん、やめちゃう”というのは、選択としては決して間違っていないわけです p146.松井秀喜選手のインタビューを聞くと、どうも彼は、「自分でコントロールできないこと」には時間をかけないようにしているようです。だからマスコミがなんと言おうと気にしないし、スパイクをどっちから履くか…なんていうジンクスも持たないようにしているそうです。運も自分ではコントロールできないことですから
これはテイクノート。道理だけどなかなかそこまで手綺麗に整理できなかったな 20071127060000

google adsense

関連記事

no image

松島庸「追われ者」東洋経済新報社

昔の本だが、縁あって読むことになった いまとなっては旧聞に属するクレイフィッシュの事件。一つの企業

記事を読む

no image

司馬遼太郎「王城の護衛者」講談社文庫①

20130217235157 今日の大河ドラマは、そのまんま、この本の最初の五分の一だった

記事を読む

no image

小松俊明「シンプル時間整理術」インデックス・コミュニケーションズ

著者はヘッドハンターだそうだ。次の4つの点に付箋をつけた。読むのに必要な時間は30分程度が目安。外国

記事を読む

佐藤優「サバイバル宗教論」文春新書

20140712165447 サバイバル宗教論 (文春新書)著者 : 佐藤優文藝春秋発売日 : 2

記事を読む

no image

パトリシア・ライアン・マドソン「スタンフォード・インプロバイザー」東洋経済新報社

20120417001532 内容は平易なんだけど、全体を考えると難しい本だな。スキミングのせいか

記事を読む

no image

武光誠「県民性の日本地図」文春新書

国内を旅していると、この本の言っていることが分かるような気がする。県によって異なる文化は、藩の影響を

記事を読む

no image

藤原和博「建てどき」情報センター出版局

筆者が自分の家を建てるため、長い年月をかけて得た知識と経験の集大成。その知識を施主の立場において必要

記事を読む

no image

改定・保育士養成講座編纂委員会編「改定・保育士養成講座2006第9巻 教育原理」全国社会福祉協議会

保育士試験受験シリーズ(9/11) ここだけなぜか、試験範囲の記述とテキストで順番が違う 試験問題の

記事を読む

no image

中島義道「うるさい日本の私」新潮文庫

日本に住む人には一読をお勧めしたい 先日読んだ本"中島義道「私の嫌いな10の人びと」新潮社"が面白

記事を読む

no image

吉越浩一郎「革命社長 なぜトリンプは社員が元気で、消費者からも愛されるのか?」日本実業出版社

本書を貫く「成功するまでやり抜く」、「情報の共有が大事」、「ロジカルに物を考える」、「デッドラインを

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑