戸田山和久「論文の教室 レポートから卒論まで」NHKブックス

公開日: : 最終更新日:2012/01/28 書評(書籍)



文章の書き方などの本を読む。結構好きなほうだ。しかし、論じている著者の文章そのもののレベルが悪いものや、ただ自分の感覚にしたがってエッセイ風に書き散らしたものが多い。たとえば「日本語通の…」などはこの類だ。こんなものに付き合っているほど時間はない

その中で、この本は内容がしっかりしている上に、読んでいて面白い。著者の衒学のようなところはあるが、ふざけ度合いが自分に合っているのか嫌みにならない。さすがに奥付の著者の写真は少しイヤだ。このシリーズは著者の顔写真を掲載するのがしきたりなのかもしれないが、こういう顔の人が向こうから歩いてきたら、どう躱すかにとっさに脳みそをフル回転すべきだという気がする。そこまで自分にとって外見は重要なのだったりする

さすが論文の書き方を説明するだけあって、参考文献が充実している。ここから多くの本に読み進めていけそうだ。メモが多すぎて自宅でコピーしてしまった

ということで、以下にメモしたのはほんの一握りなのだった



p90.論文<アブストラクト><本体①問題提起②主張③論証><まとめ><注・参照文献>

p161.帰納的論証に対する反論として、たった一つぐらいの例外を見つけてきただけでは、揚げ足取りにしかならない。というわけで多少の例外があっても、帰納的論証の説得力ががくんと落ちるということはないのだが、例外はあくまでも「少数の特殊ケース」でなくてはダメだ。似たような例外をサンプル集団の定型的なメンバーの中に、しかもたくさん指摘することができれば、有効な反論になる

p163.誘拐って意味のabductionと同じ綴り。演繹的論証はdeduction、帰納的論証はinductionっていう。アメリカの論理学者のチャールズ・パースって人が命名したんだ。そして、アブダクションのことを、ギルバート・ハーマンっていう哲学者は「最良の説明への推論」って呼んだ

p180.種はどこをとっても均質に見えるかもしれないけれど、種皮、子葉、幼根などなど、ちゃんとした構造が備わっている。構造のないところからしっかりとした構造をもったものはなかなか生まれにくいものなのだ

p187.トピック・センテンスはパラグラフの先頭に置くのがパラグラフ・ライティングの基本である

p206.読みやすさ・わかりやすさというものは、あらゆる文章がめざすべき絶対的な価値ではない

p214.ライナーノーツってのは悪文の宝庫だからなあ。だからオレ、自分の金がこんな文章書くヤツの原稿料になるのイヤだから、輸入盤しか買わないことにしてんの

p228.同じ文末を持った文が連続すると、どういうわけだか読み手はたいへんイライラするからである。この手の「である攻撃」「だ攻撃」は、キミたち学生の文章の大きな特徴である

p267.語はどんな語とつながってもよいわけではなく、つながる相手を選ぶ傾向がある。たとえば英語では、手術(operation)を「する」と言いたいとき、doでもexecuteでもrunでもなく、performを使わなければならない。こうした現象をコロケーションという



200711280600

google adsense

関連記事

no image

ジム・レーヤー「ビジネスマンのためのメンタルタフネス」TBSブリタニカ

精神の状態を4つの分類にわけて、精神コントロールに重要な切り口から各章で説明していく。なかなか説得的

記事を読む

no image

樺旦純「面白いほど人を動かせる暗示トリック」青春出版社

「心理学では『○○』と呼んでいる」という記載が多い。そういうキーワードを覚えて使いたいという衒学心旺

記事を読む

no image

原賀真紀子『「伝わる英語」習得術-理系の巨匠に学ぶ-』朝日新書

面白かった。勉強になるというよりも、参考になる。蘊蓄系の読み物としても楽しい 「英語を習得するのな

記事を読む

no image

住友不動産販売株式会社「不動産の税金がわかる本」有朋社

不動産に関して税が気になる5つの局面、すなわち、買う、売る、買い換える、贈与する、相続する、において

記事を読む

no image

稲垣道夫「カーボン-古くて新しい材料-」東京工業調査会

身近なもの、工業的に使用されているもの、可能性を秘めているもの、という3つの分類で紹介していく。説明

記事を読む

no image

冨山和彦「会社は頭から腐る」ダイヤモンド社

この人の容姿がいまいち好きになれない。しかし、この本を強く勧める人がいて、読んでみることにした。結果

記事を読む

no image

門倉貴史「出世はヨイショが9割」朝日新書

20071228060000 正直、この本には後悔している。自分の信頼するある書店にて平積

記事を読む

no image

富増章成「深夜の赤信号は渡ってもいいか?」さくら舎

20120919014333 深夜の赤信号を渡るべきか、というタイトルの質問にどう答えてい

記事を読む

no image

小山龍介「TIME HACKS!」東洋経済新報社

この本"原尻淳一・小山龍介「IDEA HACKS!」東洋経済新報社"の第2弾的な存在。前回同様に結構

記事を読む

no image

中崎タツヤ「もたない男」飛鳥新社

もう、大昔になるが、当時、出入りしていたスペースに置かれていた、誰かの読み終えたビッグコミックスピリ

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑